2013年09月21日

安倍首相、国連で「慰安婦基金」発表!? 韓国大手紙が「早トチリ記事」

安倍首相、国連で「慰安婦基金」発表!? 韓国大手紙が「早トチリ記事」、なぜだ(J-CASTニュース) - 海外 - livedoor ニュース
より引用
http://news.livedoor.com/article/detail/8082356/

↓   ↓   ↓

安倍晋三首相が懸案の「慰安婦」問題をめぐり、韓国側への大胆な「譲歩」を行うとの説が飛び込んできた。近く出席する国連総会で、元慰安婦を対象とした「基金」設立を発表する――との記事が韓国の大手紙に2013年9月18日、掲載されたのだ。

元慰安婦への補償をめぐっては、村山政権時代に「アジア女性基金」が設立されている(2007年解散)。これまで「河野談話」「村山談話」に批判的だった安倍首相がこれを踏襲するとすれば画期的な「大転換」だが、その真相は?

国連総会で100万ドル「基金」発表…ホント?

「日本の安倍首相、26日国連で10億ウォン規模の慰安婦基金発表予定」

この「大スクープ」を物にしたのは、韓国の通信社・ニュース1だ。


これによると、安倍首相は26日、国連総会で行う予定の演説で、元慰安婦女性のための基金設立を公式に宣言する。この「安倍基金」は国連の国際刑事裁判所(ICC)によって運営され、そのために日本政府は100万ドル(約1億円)を拠出、元慰安婦の支援に役立てられるという。

韓国側による米国などでの「慰安婦像」キャンペーン、また橋下徹・大阪市長の「舌禍」などもあり、日本への視線は厳しさを増す。ここに至っては、安倍政権も方針転換を余儀なくされた――というのが記者の見解だ。

元慰安婦への補償としては1995年、政府などが出資するアジア女性基金が設立され、個人に対しては1人当たり200万円(総額5億7000万円)の「償い金」を支給している。実現すれば、河野談話、アジア女性基金に続く「第3の矢」となる。

記事は韓国の最大手紙・朝鮮日報などにも掲載された。ある韓国人ネットユーザーも「あの安倍がこんなことをするとは」と衝撃を受ける。

ところがこのニュース、日本では一切報じられていない。

勘違いしたのは日本のせいだと言わんばかり

実は問題の記事は、仏AFP通信の報道を元ネタにしている。そのAFPは、日経新聞の18日朝刊記事を紹介し、ほぼそのまま引用翻訳したものだ。

そしてこの日経記事だが、「慰安婦のための基金」とはどこにも書かれていない。資金の拠出先は上記ICCによる「被害者信託基金」で、対象となるのは元慰安婦ではなく、コンゴやウガンダなど、アフリカの紛争地帯で性暴力に巻き込まれた女性たちだ。女性の人権救済に取り組むことで、慰安婦問題で悪化したイメージの改善を図ることが狙いとされており、直接的に元慰安婦への支援を目的としたものではない。こうした性被害女性支援への参加はすでに複数紙が報じている。

この日経報道がAFPに紹介される際に「慰安婦」に関する部分がやや強調され、さらにニュース1が勇み足気味に孫引きしたことで、「安倍基金」という話になってしまったようだ。

ニュース1は翌19日、再度この問題を取り扱ったが、そこでは慰安婦支援団体代表による、

「これは元慰安婦女性のための基金ではない」

との発言を掲載し、事実上前日の記事を撤回した。一方で「性被害者への基金を作るといいながら、肝心の『慰安婦』を避けようとしている」と批判するなど、まるで日本のせいで勘違いした、と言わんばかりの態度を取っている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


事実上前日の記事を撤回しておいて、日本のせいにする馬鹿さ加減に呆れてしまう。

まともな取材もせずに、裏さえ取らずに、紙面に発表しておいて、日本のせいにするのは、もはや韓国のお家芸の感じさえする。

従軍慰安婦問題は捏造であり、さらに戦時中の日韓の関係は、金銭的にも政治的にも日韓基本条約で解決済みである。

現在の性被害女性支援をするという行為を、何で批判されなくてはならないのか?

日本は、捏造の従軍慰安婦問題に関して、日韓基本条約で解決済みにも関わらず、河野談話をだし、アジア女性基金を設立し償い金を出した。

記事に書いてあるから、韓国も承知しているのだろう。

もっとも、この行為については、日本での反論は多く、河野談話については、河野洋平氏が民事裁判で最近訴えられた。

アジア女性基金による償い金は、韓国団体が、日本政府の謝罪と賠償ではないという理解しがたい理由で受け取りを拒否し、受け取った慰安婦に対しては、差別をする動きすらあった。

繰り返しになるが、日韓基本条約において、戦時中の日韓関係は解決済みであり、韓国内で問題があれば、韓国政府が対応することになっているのである。

日韓基本条約によって、謝罪も賠償も解決済みなのに、難癖をつけている韓国がおかしいのである。

悲しいことに、今までの日本政府は、韓国に弱腰で謝罪外交を繰り返してきたが、民意は反韓に向かっている。

安倍政権は、ロビー活動も含めて、全世界に韓国の悪行を訴え、日本人の尊厳を取り戻してほしい。

今回の性被害女性支援は意義があるものだと思う。

韓国が発信する従軍慰安婦問題は捏造であることをアピールできるし、日韓基本条約で戦争時のトラブルは韓国政府が対応する義務があることも明らかにできる。

韓国が捏造してまで性奴隷=日本というイメージを植え付けようとする行為に対して、払拭する効果も期待できる。




【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。