2013年09月18日

領空侵犯の中国軍の無人機 撃墜も視野に対応

領空侵犯の無人機 撃墜も視野に対応
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130917/k10014583251000.html

↓   ↓   ↓

防衛省は中国軍の無人機の日本周辺での飛行が初めて確認されたのを受けて、無人機が日本の領空に近づいた際の対処方法の検討を進めていて、万が一、領空を侵犯して、国民の安全が損なわれかねない事態となった場合、撃墜も視野に対応することにしています。

今月9日、防衛省が東シナ海で国籍不明の無人機1機が飛行しているのを確認し、航空自衛隊の戦闘機が撮影した写真を公表したところ、中国国防省は直後に中国軍の所属だと認めました。

防衛省は中国軍の無人機が以前から東シナ海で飛行訓練を行っているのを把握しており、中国が海洋進出を活発化させるなか、今後、無人機が日本の領空にさらに近づいて来る可能性があるとみて、そうした際の具体的な対処方法の検討を進めています。

これまでの検討では、無人機は有人機と違い、無線やパイロットのサインでの警告が通じない可能性が高いとして、万が一、領空を侵犯して、国民の安全が損なわれかねない事態となった場合、撃墜も視野に対応することにしています。

防衛省では、今回、飛行していた無人機は中国が「翼竜」と呼ぶ地上の攻撃能力もある無人偵察機の可能性もあるとして、その飛行の意図や能力などについて、さらに分析を進めるとともに沖縄県の尖閣諸島周辺を中心に監視を強めています。

↑   ↑   ↑
引用終わり


基本的に撃墜の方針で良いと思う。

ただ、無人機と決めつけず、普通の領空侵犯と同じ対応はするべきだと思う。

航空無線による警告⇒軍用機による警告⇒軍用機による威嚇射撃⇒強制着陸⇒(しなければ)撃墜

領空侵犯に関する対応は、基本的に上記のとおりであり、この通り実行すれば、国際的に非難されることはないと思う。

無人機と分かっていても、撃墜後、有人機だったと文句を言われる可能性はある。

よって、基本のマニュアル通りの対応をしておく必要があると思う。


「国民の安全が損なわれかねない事態となった場合、撃墜も視野に対応することにしています。」

上記の表現では、尖閣諸島は無人だから、撃墜しないように思る。

領空侵犯=国民の危険の考えてほしい気はする。

私は別に過激派ではないが、何度も領空や領海を侵犯してくるのは、日本の対応が甘いせいだと思わざるを得ない。




posted by 日本に住んでる日本人 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 尖閣諸島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。