2013年09月17日

韓国の嫌がらせ 日本産はダメでも、ヨーロッパ産粉ミルクならセシウム検出でも通関OKの現実

ヨーロッパ産粉ミルクからセシウム検出。通関ベースまちまち| Daumメディアダウム
より引用(韓国語)
http://media.daum.net/issue/226/newsview?issueId=226&newsid=20130902211511794

↓   ↓   ↓

ヨーロッパとニュージーランド産粉ミルク、チーズの放射性物質が出ました。

少量あっても、国民は不安があります。

関係当局の明確な規制基準が急がれて表示されます。

キム・テフン記者です。

<記者> 酪農先進国のヨーロッパとニュージーランド産乳加工品は、国内でも人気です。

[ギムハンナ/慶南金海:韓国より少し規定も厄介そうだ清浄地域の感じがより強いようです。]

ところで、過去2年の間に、これらの輸入のうち14件からセシウムが検出されました。

検出量は基準値100ベクレルを下回って国内にすべてのスリップ、ポーランドとオランダの製品は3?4ベクレルで相対的に高かった。

問題は、一貫性のある通関基準がないということで、例えば、同じ量の放射性物質が検出されても日本産搬送、残りの地域生産品は通関になります。

さらに、検査方法も、地域によって異なりますが、粉ミルクのような敏感な加工品は、同じように規制しなければならないという指摘です。

【キム・ヘジョン/市民放射能監視センター運営委員長:乳製品は、子供たちがたくさん食べるので、必ずその情報を公開して消費者が知って選択するできるようにすべきだと思います。]

今回の放射能の事態を契機に、輸入食品の隔離プロセスの大幅な点検と改善が必要です。

↑   ↑   ↑
引用終わり

上記の記事は、欧州産粉ミルクは日本産程度の放射性物質を検知しても通関させている事を非難しているものだと思う。

日本産の粉ミルクが、放射性物質が検出されたので通関できなかったことがありましたね。

韓国政府が福島県をはじめ、8つの県の水産物をすべて輸入禁止にしましたが、科学的根拠は全くなしでしたね。

現在、韓国では「日本産の食品はセシウムが含まれている。微量でも摂取し続けると問題がある為、通関できない」として、厳しい放射性物質規制が敷かれている。

韓国は、国を挙げて日本の放射能汚染の不安を国民に煽り、根拠もなく日本産は不安だという理由で輸入を禁止している。

もし、自国民を守るという気があるのならば、なんで放射能物質を検知した欧州産粉ミルクは通関できるのか?

韓国の通関では、明確な基準なんてないのではないか?

放射能において、日本産は微量でも検出したらダメで、他は基準内なら良いと判断しているのではないのか?

結局、日本は放射能で汚染されているとして日本に嫌がらせをしているだけでは?

ちなみに韓国以外の国は、日本政府に対し放射性物質の検査済み証明を要求はする。

原発事故があったので、これは当然のことだ。

しかし、韓国のように放射性物質が少ないものでも通関を止めるようなマネをしない。

あきれることは、日本のマスコミは、このような韓国に不利になることを一切報道してくれない。

いろいろ検索した結果、韓国語の記事しか見つからないのだから、おそらく日本語報道はないのではないか?

ただ笑わせてくれるのが、韓国政府が、日本は放射能に汚染されてるとしているのに、韓国人観光客が増加している現実だ。

結局、韓国民は、韓国政府の日本への放射能汚染についての見解が大げさだと分かっているのだろう。

実際問題として、放射線量は東京よりもソウルの方が60倍多いそうだからね。


【新・悪韓論】東京より放射線量が多いソウル いつもの日本非難の鉄面皮 - 政治・社会 - ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130912/frn1309120735000-n1.htm

ddca9f99.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/sleepy0130/imgs/d/d/ddca9f99.jpg




posted by 日本に住んでる日本人 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(韓国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。