2013年09月17日

韓国貿易収支 19カ月連続黒字=8月は49億ドル・・・内情は?

韓国貿易収支 19カ月連続黒字=8月は49億ドル
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/09/15/0200000000AJP20130915000500882.HTML

↓   ↓   ↓

 【ソウル聯合ニュース】韓国の貿易収支が19カ月連続の黒字を記録した。

 韓国関税庁が15日に発表した輸出入動向によると、8月の輸出額は463億7800万ドル(約4兆6071億円)で、前月比1.2%、前年同月比7.7%それぞれ増加した。

 輸入は415億2500万ドルとなり、前月比4.1%減少し、前年同月比では1.0%増加した。

 輸出から輸入を差し引いた貿易収支は48億5200万ドルの黒字。貿易収支の黒字は昨年2月から続いている。

 輸出を品目別にみると、前年同月に比べ、石油製品(6.4%減)、鉄鋼製品(3.7%減)などは減ったが、乗用車(47.8%増)、船舶(23.8%増)、半導体(21.7%増)、無線通信機器(15.7%増)、化学工業品(10.8%増)は増えた。

 輸出先別では、オーストラリア向けが22.9%、米国向けが17.9%、中国向けが12.8%、東南アジア向けが6.6%それぞれ増加した。一方、日本向けは13.3%減、欧州連合(EU)向けは8.9%減、中東向けは5.0%減となった。

 輸入は、コメ、小麦、牛肉などの消費財が7.1%増え、12カ月連続増加したが、原材料は3.7%減少した。機械類、半導体、製造用設備、自動車部品など資本財は9.8%増加した。

 1〜8月の輸出は3687億ドルで前年同期比1.7%増加した。輸入は3414億ドルで1.7%減少した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国経済はGDPの75%は10大財閥が占め、GDPの55%が輸出という偏っている。

2012年の内訳を検索してみると、なんと輸出の30%は中国で、貿易黒字の40%を依存している。

米国が10%、欧州が9%、日本が7%である。

この米国、 欧州、日本のうち、貿易黒字なのは、わずかに米国が貿易黒字であった。

そして残りの貿易国に関しては、全て貿易収支は赤字である。

2013年に、急に内訳が変わる要因がないので、韓国はほとんど中国だよりの経済だということになる。

さて、韓国は、中国だよりの経済に、ウォン高が加わった状態で、今年を乗り切れるのだろうか?

2013年上半期の中央政府の財政収支が46兆2000億ウォン(約4兆円)の赤字であり、下半期に挽回するしかないのだが・・・?

ちなみに輸入は今後も減少が予想される。

借金に困窮する民衆の消費が減少傾向にあるからだ。

韓国企業モデルは、安い人件費で働かせて、利益から株主が多額の配当を得る。しかし、その株主の半分以上は外資であるということ。

つまり、韓国企業が利益を上げても、大半は外資に渡り、国民は潤わないというモデルなんだよなぁ。




ラベル:韓国
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。