2013年09月16日

韓国・ソウルで「日韓交流おまつり」・・・アホらしい

「関係悪化の中、韓国・ソウルで「日韓交流おまつり」」 News i - TBSの動画ニュースサイト
より引用
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2014056.html

↓   ↓   ↓

 竹島の領有権や慰安婦問題をめぐり、日本と韓国の関係は冷え込んだままですが、韓国・ソウルでは両国の交流イベントが今年も開かれています。

 15日、韓国・ソウルでは、「日韓交流おまつり」が開催されています。

 この交流イベントは、相互理解を深めようと2005年以降、毎年開かれてきました。しかし、日本と韓国の政府は慰安婦問題や竹島の領有権をめぐり、去年8月以降関係が悪化、両国で新政権が誕生してからもいまだ首脳会談は開催されていません。

 こうした中でも、15日は、日韓の企業130以上が協賛し、韓国の学生700人以上がボランティアとして携わっています。

 また、日本からは、韓国のテレビ番組に出演したことがあるタレントや俳優が参加し、イベントを盛り上げました。

 「日韓関係のいろいろな動きは昨年から大きくありましたけど、実際に韓国に来て、それを肌で感じたとか、嫌な目に遭ったことは逆になくて、友好的な関係が結べればと強く思っています」(藤井美菜さん)

 「僕らの演技や歌には国境はないだろうと思うので、いい芝居をすることだけを考えています」(三浦春馬さん)

 政治的な緊張関係が続く中、こうした地道な文化交流に期待する声は大きく、今月21日、22日には、日本の東京でも同様のイベントが開催される予定です。

↑   ↑   ↑
引用終わり


こんな形だけのイベントをやっても、日本人に一旦芽生えた嫌韓の意識は戻らないと思う。

タレントは、お客様扱いだから待遇がいいだけだと思う。

個人旅行でソウルに行って、それでも嫌な目に合わないと言えるとは思えない。

そもそも日韓関係の悪化は、韓国の日韓基本条約違反につきる。

さらに反日教育や親日罪ときて、日本を敵国と思っている韓国人は、対北朝鮮よりも多いのが現状だ。

日本でもイベントがあるようだが、韓流好きが盛り上がるのだろう。

ただ、韓国の姿勢が変わらない限り、嫌韓、反韓に日本人がなっていく流れは止まらないと思う。




ラベル:韓国 日本
posted by 日本に住んでる日本人 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。