2013年09月16日

韓国製対潜水艦魚雷 実弾試射失敗・・・あきらめたら?

韓国製対潜水艦魚雷 実弾試射失敗=量産再開は不透明
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2013/09/15/0900000000AJP20130915000400882.HTML

↓   ↓   ↓

 【ソウル聯合ニュース】相次ぐ試験発射の失敗で設計ミスの可能性が指摘されてきた韓国製対潜水艦魚雷「ホンサンオ(赤いサメの意)」が、先ごろ実施された最終実弾試験発射でも1発が標的を命中できなかったことが15日、防衛事業庁関係者の話で分かった。

 7月から東海上の海軍艦艇からホンサンオの演習弾2発と実弾2発の試射を行った結果、今月11日の最終試験で実弾1発が標的を打撃できなかった。4発全てが命中した場合はホンサンオの量産が再開される可能性が高かったが実弾の試射が失敗したため、同庁は追加の検討作業を経て量産再開の可否を判断する予定だ。

 ホンサンオは、国防科学研究所が2000年から9年間にわたり1000億ウォン(現在のレートで約91億4000万円)を投じて開発した射程20キロの対潜水艦魚雷。水中で発射される一般の魚雷とは異なり、ロケット推進装置により空中から撃ち込まれ、目標物を打撃する。全長5.7メートル、直径0.38メートル、重さ820キロで、1発の価格は約18億ウォンに上る。

 2010年から50発余りが実戦配備されたが、昨年7月に実施された性能検証のための試射で目標物に命中できずに流失した。

 これを受け、昨年9月から今年2月まで、品質確認のための射撃試験を実施したが、演習弾5発と実弾3発の計8発のうち命中したのは5発(命中率62.5%)にすぎず、「戦闘用適合基準」を満たすことができなかった。同基準を満たすには命中率が75%を超えなければならない。

 7月から実施した試射では命中率75%を超えたが、射撃試験の8発を合わせた12発の命中率は66.7%で、このうち実弾の命中率は40%にとどまり、同庁は量産再開に踏み切れずにいる。

↑   ↑   ↑
引用終わり


もうあきらめて、米国製を購入すれば?

完全に設計ミスだと証明されたんじゃないの?

試射で命中しないということは、実践ではまず命中しないということだよな?

1発の価格は約18ウォン・・・約1億8千万円・・・もったいないね。

欠陥だらけで炎上中の旗艦「独島」 、まっすぐ走らない高速艇、強度不足の潜水艦、ミサイル発射セルが埋まらないイージス艦、そして今回の魚雷・・・

ことごとく自国製造のものは問題が発生しているね。

まあ、基本的に海軍力は対北朝鮮では重視されないから気にするなということで・・・

つまり対日本との戦争を想定した海軍力は増強するなという啓示みたいなものじゃないの?

しかし、経済崩壊しそうなのに軍備は増強する神経がよく分からない。

経済崩壊寸前に問答無用の侵略戦争でもする気なのか?




ラベル:韓国 海軍
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。