2013年09月15日

韓国 ビジネスマンの62.6%が「経済成長よりも歴史訂正が優先だ」と回答。

Kモバイル::ニュース 会社員62.6%、 "経済成長"よりも "歴史を正す"が優先
より引用(韓国語)
http://www.kmobile.co.kr/k_mnews/news/news_view.asp?tableid=IT&idx=443222

↓   ↓   ↓

会社員が考える「我が国の緊急課題」の1位に「就職難解決」が上がった。

就職ポータル「キャリア」が会社員697人を対象に「大韓民国の緊急課題順位」についてアンケート調査を実施した結果、全11個の項目中「就職難解決」(12.8%)が最も緊急な課題の1位に上がった。

2位には「歴史の訂正」(12.4%)が挙げられ、最近深刻化する日本の歴史歪曲に対する会社員の意識をうかがわせた。その後は3位が「経済成長」(11%)、4位「急速な老齢化」(10.9%)、5位「学校暴力」(10.3%)の順だった。

年齢別では、20代の会社員はやはり「就職難」(12%)を1位に置いた。次に「高い自殺率」(11.5%)、「容貌至上主義」(10.6%)、「歴史の訂正」(10.1%)、「政治刷新」(10.1%)、「学校暴力」(9.5%)、「経済成長」(9.2%)の順だった。「政治参加率回復」(5.6%)は最も低い数値だった。

30代会社員が考える大韓民国の緊急課題は少し違った。1位の「就職難解決」(14.6%)に続く2位は「経済成長」(13.9%)が、3位は「歴史の訂正」(10.8%)、4位「急速な高齢化」(10.8%)、5位「学校暴力」(10.1%)、6位「高い自殺率」(8.9%)、7位「政治刷新」(7.6%)の順だった。

40代は最優先で解決すべき問題の1位に「高齢化社会」(17%)で選択した。続いて「歴史の訂正」(16.3%)、「就職難解決」(14.3%)、「学校暴力」(10.2%)、「政治刷新」(9.5%)、「経済成長」(8.2%)の順となった。

また、「歴史の訂正」と「経済成長」の2つの課題だけを見たとき、どちらの問題により大きい比重を置くべきかを尋ねたところ、会社員全体の62.6%が「歴史の訂正」が優先だと答えた。

「南北統一」と「経済成長」では「経済成長」が優先だという回答が72.1%だった。

↑   ↑   ↑
引用終わり

このアンケートで、個人的に重要と思ったことは、韓国では、経済成長より日本の歴史認識を改めさせる方が重要だと考えていることと、南北統一よりも経済成長が大切と考えていることだと思う。

日本の歴史認識訂正>経済成長>南北統一

つくづく韓国人は馬鹿で哀れだと思ってしまう。

どうりで朴槿恵大統領の支持率が70%と異常に高いわけだと納得してしまう。

なぜ馬鹿だと思うかは、日本が歴史認識で譲歩することがないからだ。

反日と言う捏造された歴史教育を受けていることは哀れであるが、ネットで幾らでも情報は取れるでしょう。

歴史の正しさは、残った文献からたどることができ、日本の歴史認識の正しさを表している。

このような思想の韓国人は、経済成長もできないし、南北統一も韓国主導ではできないと思われる。




ラベル:韓国 歴史認識
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。