2013年09月14日

みのもんた 涙こらえ謝罪会見「次男という気持ちは切っても切れない」

みのもんた 涙こらえ謝罪会見「次男という気持ちは切っても切れない」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
より引用
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/09/13/kiji/K20130913006609430.html

↓   ↓   ↓

 次男で日本テレビ社員の御法川雄斗容疑者(31)が窃盗未遂容疑で逮捕されたことを受けて、タレントのみのもんた(69)が13日、神奈川県鎌倉市の自宅前で取材に応じ、「大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と深々と頭を下げた。

 みのは次男について「家族とはいえ、もう30を過ぎた男の1つの別の人格。あれこれとやかく言う筋合いのものではない」としながらも、「ただ、どうしても家族の一員、次男という気持ちは切っても切れない」と本音を吐露。「父親としてせがれのことも信じたいし、今の日本の治安を守っている警察というものも信じたい」と話した。

 この日、TBS「みのもんたの朝ズバッ!」(月〜金曜前5・30)など報道番組への出演を自粛することを発表。「バラエティー番組で楽しく大騒ぎしながらやる性格のものと、公明正大でなければならない、あくまでも中立でなければならない報道という局面に毎日、立たされるキャスターとして、“別の人格だから”とは言い切れない。(次男に対して)深い情愛みたいなものがあります。そんな時に本当に公明正大に処理できるかといえば…今の私ではややもすれば、身びいきになるような立場に立ってしまうのではないか。苦慮いたしました」と、その理由を説明。

 「忸怩たる思いはありますが、『みのもんた』という名前がやはり…残念ながら(キャスターという)そういう立場からいったん自粛しなければ事は収まらない。報道番組の司会進行という立場から一歩外れて推移を見守るべきだと決意した」と時折声を詰まらせた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


・・・まあ普通の謝罪会見だよな。

問題は、この後の展開かな。

みのもんた復帰で、おかえりなさいという生ぬるい空気が予想される。

セクハラ疑惑は放置だろうなぁ・・・

そして、次男は書類送検されるが、起訴は去れないで、日本テレビ復帰・・・というところかもね。

・・・ふざけるな!

ただ、みのもんたは、もう終わりの気はするね。

セクハラ報道があっても突っ込んだことはもう言えないでしょう。

窃盗に対しても、次男のことがあって厳しい意見は言えないでしょう。


さっさと引退の花道を飾ることをお勧めする。

今なら、まだ奥様方を中心に人気はあるからね。




ラベル:みのもんた
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | TBS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。