2013年09月12日

公明党の山口代表、「集団的自衛権の行使容認には中韓の理解が必要」

公明党の山口代表、「集団的自衛権の行使容認には中韓の理解が必要」―中国メディア|中国情報の日本語メディア―XINHUA.JP - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。
より引用
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/359343/

↓   ↓   ↓

公明党の山口那津男代表は現地時間の10日午後(日本時間11日午前)、ワシントンで講演し、安倍晋三首相が実現を目指す集団的自衛権の行使容認について、「中韓両国の理解を得る必要がある」との考えを示した。11日付で中国新聞網が日本メディアの報道を引用して伝えた。

山口代表は「集団的自衛権の行使は、近隣諸国にも地域の平和と安定に役立つものだと理解を促す努力が必要だ」と述べた。日中関係については「平和的発展こそが両国の核心的利益だ」とし、日韓関係についても「大局的な視点から協力関係をさらに強化させたい」との考えを示した。

代表はまた、公明党が執政パートナーとして日本政府内で「安定」の作用を発揮していると強調。公明党は「穏健的な自由派」「市場経済を尊重し、社会保障と平和外交を重視している」として、今回の訪米により日米若手議員の交流が拡大することを希望すると語った。

↑   ↑   ↑
引用終わり


なんで、集団的自衛権の行使容認について中韓の理解が必要なのだろうか?

集団的自衛権の行使容認については、日本国民が考え、判断する内容だと思う。

そこで決定した内容は、堂々と世界に発信すればよいだろう。

他国から意見や質問があれば、堂々と答えればいいだけのことだと思う。

どう考えても中韓の理解は必要ないと思うのだが・・・

公明党は、自民党と連立を組んで大人しくしていると思ったが、ついに妄言が飛び出してしまったかな。

結局、公明党のバックは創価学会であり、中韓が大好きな方々なんだろうなぁ・・・




posted by 日本に住んでる日本人 at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。