2013年09月12日

慰安婦問題解を 韓国団体が国連人権理でイベント開催へ

Chosun Online | 朝鮮日報 慰安婦問題解を 韓国団体が国連人権理でイベント開催へ
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/09/09/2013090901200.html

↓   ↓   ↓

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題の解決を目指す市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」は11日、スイス・ジュネーブで国連人権理事会のサイドイベントを開き、同問題の早期解決を訴える計画を明らかにした。イベントは挺対協と国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」の共催。

 イベントには韓国人元慰安婦の金福童(キム・ボクドン)さんをはじめ、台湾、日本、カナダなどから関係者が参加し、慰安婦問題解決に向けた各国の活動や日本政府の歴史歪曲(わいきょく)、責任回避などについて報告する。国連の特別報告官も出席し、日本政府の賠償義務について発表する予定だ。

 14〜24日にはフランス・パリで慰安婦問題解決を訴える集会、署名運動などの活動を続ける。

↑   ↑   ↑
引用終わり


もう何回も記事に書いているが、従軍慰安婦問題は捏造である。

慰安婦はいたが、朝鮮人が営む慰安所で売春をしていた女性である。

慰安婦の集め方には、慰安所を経営する朝鮮人による強制的なものがあったかもしれないが、日本軍はそれを注意してきた。

そして、保証や賠償は、日韓基本条約の締結により全て解決済みとなっている。

日韓基本条約によって、日本は韓国に無償3億ドル、有償2億ドル、民間借款3億ドルの供与及び融資を行った。

韓国にあった日本人の個人資産や固有資産も放棄した。

韓国政府は個人への補償は韓国政府が行うということで、韓国政府への一括支払いとなった。

韓国側は、今になって、慰安婦賠償は別と言い出しているが、日本側は認めていない。

もう、これは国際司法裁判所に仲裁を頼むしかないと思っている。

韓国側は拒否するだろうが、世界中に韓国の非常識を伝えることができる。

また、韓国軍慰安婦、ライダイハン、コビノはなぜ問題にならないのか疑問である。

日本は、守勢に回るだけでなく、人権問題として、これらを提起してもいいのではと思う。




【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。