2013年09月11日

CIAのデータで鮮明になった韓国経済成長率の凋落 あわててTPPに名乗りも

CIAのデータで鮮明になった韓国経済成長率の凋落 あわててTPPに名乗りも - 政治・社会 - ZAKZAK
より引用
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130910/frn1309101140003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130910/frn1309101140003-n2.htm

↓   ↓   ↓

 国際競争力ランキングが急落したことが話題となった韓国だが、ここ数年、経済成長率のランキングも落ち込んでいることが、米中央情報局(CIA)のデータで鮮明になっている。ランキングが激しく変動する背景には、韓国の特殊な経済構造に由来するとの指摘もある。

 CIAは世界の国家・地域に関する地理や人口、政治、経済、軍事などのデータをまとめた「ワールド・ファクトブック」を年刊行し、ウェブサイトでも更新している。

 CIAのサイト上で2010年版のデータをみると、韓国の実質GDP成長率は6・1%で214カ国・地域中35位だった。それが11年版では50位、12年版では117位、そして最新データをみると、韓国の実質国内総生産(GDP)成長率は2・0%と220カ国・地域中137位にまで落ち込んでいる。

 GDP成長率のデータを更新していない国や地域もあるため単純比較はできないものの、韓国の成長率が鈍化している傾向ははっきりみてとれる。

 ファクトブックの最新版で、GDP成長率がトップになったのはリビア(104・5%)、2位が西アフリカのシエラレオネ(19・8%)、3位のモンゴル(12・3%)。総じて途上国や新興国の成長率が高く、先進国は低成長の傾向にあるのは事実だ。

 日本の場合、10年版が125位、11年版が101位、12年版が139位、最新版が136位と推移しているが、それと比べても韓国の落差は激しい。

 韓国経済に詳しいエコノミストは、「韓国の場合、輸出入総額が名目GDPと同水準に達しており、貿易依存度が極めて高い。このため、最大の取引先である中国をはじめ、欧米や新興国など海外経済の悪化に対してもろい構造を抱えている」と指摘している。

 韓国の実質GDPは四半期ベースでみると、11年の4〜6月期以降0%台が続いた。今年4〜6月期は1・1%に乗せたが、「政府の景気対策の効果による一過性のもの」(国内系シンクタンク)だという。英金融大手HSBCが発表した8月の景況感を示す製造業購買担当者景気指数(PMI)は47・5と、3カ月連続で景気判断の分かれ目である50を下回っている。

 ここにきて朴槿恵(パク・クネ)政権は、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉に参加する方針を固めたと韓国メディアが報じているが、すでに日本が交渉参加していることへの危機感が浮き彫りになっている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


実質GDP成長率で先進国で伸びしろの少ない日本に負けているようでは、もう韓国経済も終わりではないかと思う。

今更、TPPに参加を表明しているようだが、TPPは経済の特効薬ではない。

輸出だよりの韓国経済で、内需を拡大できなかったつけが出てきている。

このまま輸出が先細りになれば、もうあっけなく韓国経済は抱懐するしかないと思う。




ラベル:韓国経済
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。