2013年09月11日

韓国も五輪の波及効果に期待、ホテル・観光業に特需か

韓国も五輪の波及効果に期待、ホテル・観光業に特需か 2013/09/10(火) 12:57:19 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0910&f=national_0910_025.shtml

↓   ↓   ↓

 国際オリンピック連盟(IOC)総会で2020年夏季五輪の開催地が東京に決まったことを受け、韓国では波及効果に期待する声が上がっている。観光業界などは、東京五輪に前後して韓国国内を訪問する外国人が増えると予想しており、五輪の肯定的な影響は大きいと見込む。複数の韓国メディアが報じた。

 報道によると、五輪が開催されると、その国の周辺国にも経済波及効果があるという。1988年のソウル五輪では日本が、2008年の北京五輪では韓国が、五輪開催国の隣国として観光業が盛り上がった。東京五輪でも同様の影響があるとみられ、韓国の観光業界やホテル業界は既に大きな期待を寄せている。

 航空業界は、日本を訪れる韓国人が増加することで航空需要が増加することに加え、日本を訪れた外国人が韓国に立ち寄るなど外国人訪問者数も大幅に増えると予想する。

 ホテル業界は、放射能を憂慮する外国人選手が、大会前の訓練場所として韓国を選ぶ可能性があるとみている。日本と韓国は飛行機で2−3時間と近く、時差もないことから、韓国でコンディションを整えてから日本に移動する選手は少なくないと予想する。

 実際、北京五輪の時には、北京市内の大気汚染を避けるため、35カ国の1500人あまりの選手が韓国に滞在し、大会前の訓練を行ったという。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国は、まず平昌オリンピックの成功に力を入れるべきだと思う。

そして、甘い過度な期待はしない方が良いと思う。

航空業界で言えば、アシアナ航空や大韓航空の事故の原因究明と対策が大切であり、平昌オリンピックまでになんとかしなくてはいけない。

ホテル業界については、被災地よりも高い放射線量のソウルは、現状では期待薄でしょう。

安倍政権が本腰を入れて汚染水問題や原発問題を解決したら、放射能の話は、問題なくなるでしょう。

だから、ソウルでは、放射線量を低くする取り組みがないと、外国人選手は呼べないと思うのだが・・・

北京五輪で韓国に選手が来たからと言って、東京五輪でも来るとは思わない方が良い。

北京の環境が悪いので、それよりましかと韓国に人が流れただけだろう。

日本国内に観光名所が多い東京オリンピックでは、周辺国への特需は多いとは思えない。

しかし、東京オリンピック招致に反対し、ボイコットまですると発言した韓国が、何を言っているのだろうか?

ボイコットするなら、ホテル、観光業の特需なんてないと思うのだが・・・?

結局、韓国人は、自分たちに都合の良い事しか考えないのであろう。




posted by 日本に住んでる日本人 at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。