2013年09月11日

トルコで日本人女性2人死傷 ナイフで刺され

トルコで日本人女性2人死傷 ナイフで刺され - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130910/mds13091003120000-n1.htm

↓   ↓   ↓

 在トルコ日本大使館によると、同国中部の観光地カッパドキアで9日、日本人の女性観光客2人が散策中、何者かにナイフで刺された。栗原舞さん(22)=本籍宮城県=が死亡、寺松星絵さん(22)=本籍富山県=が負傷した。2人は友人とみられる。治安当局が犯人の行方を追っている。

 カッパドキアはキノコや煙突に似た多数の奇岩で知られ、世界遺産に登録されている、日本人にも人気の観光地。ことし5月には観光用の気球が墜落し、ブラジル人2人が死亡した。(カイロ 共同)

↑   ↑   ↑
引用終わり


悲しい事件である。

亡くなられた方のご冥福と重傷の方の一刻も早いご回復をお祈りいたします。

さて、事件であるが、NHKで報道されているのを見た。

所持品が無事であることから物取りの犯行ではないようだ。

あとは、怨恨の線であるが、彼女らの周囲にそういう話はないようだ。

そうなると、浮上するのがオリンピック招致に関して不満を持つ者の日本人の襲撃となる。

真っ先に現地であるトルコが疑われるが、親日のトルコ人の犯行の可能性はゼロではないが低いと感じる。

私は、こういうことをやらかしそうな民族に心当たりはあるが、現段階では憶測でしかない。

地元警察の捜査に期待し、続報を待ちたいと思う。




ラベル:トルコ
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
犯人、おもいっきり「トルコ人」じゃん。
つか、どこの国にもアブナイ奴はいるし、トルコは元々治安が悪い。
日本人女性が襲われたのもこれが初めてでもなんでもない。

「親日国だからトルコ人は日本人を襲わないんだー」って、アホすぎる妄想だよ。
在日トルコ人数がピークだった頃、どんだけ奴らの犯罪が多発したか、警察白書で調べてごらん。
一時は「在日朝鮮人」すら上回る犯罪件数だったんだぞ?
そんな昔のことじゃない。5〜6年前の話だ。

そもそも、トルコ人は別に親日でもなんでもない。
Posted by ぽんぽん at 2013年09月22日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。