2013年09月10日

韓国 歴史認識でドイツに理解求める

韓国 歴史認識でドイツに理解求める NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130906/k10014356331000.html

↓   ↓   ↓

ロシアのサンクトペテルブルクで開かれたG20サミットに合わせて、韓国のパク・クネ大統領はドイツのメルケル首相と会談し、冷え込んでいる日韓関係について、日本の歴史認識に問題があるという考えを強調し、韓国政府の立場に理解を求めました。

G20サミットに出席した韓国のパク・クネ大統領は6日、ドイツのメルケル首相と会談しました。

韓国政府によりますと、会談の中で、パク大統領は、メルケル首相がナチス・ドイツの時代にユダヤ人など4万人以上が命を落としたドイツ南部の強制収容所を最近訪問して犠牲者を追悼したことに触れ、深い感銘を受けたと述べたということです

そして、日本を念頭に、「歴史の傷を癒やそうとせず、度々、傷に触れるようでは解決は難しいと思う」と指摘するとともに、「日本が歴史に正しく向き合い、未来志向の関係を築けることを願っている」と述べ、日本の歴史認識や対応に問題があるという考えを強調しました。

パク大統領は、ことし5月にアメリカを訪問した際にも、オバマ大統領との首脳会談の中で、日本の歴史認識を批判したほか、アメリカ議会での演説でも同様の批判を行っており、韓国政府は海外での日本への批判を強めています。

G20サミットでは、安倍総理大臣とパク大統領の間で初めての首脳会談が行われるのかどうか注目されましたが、結局、5日の夕食会の前に短くあいさつを交わすにとどまり、日韓関係は改善の糸口がつかめないままとなっています。

↑   ↑   ↑
引用終わり


NHKは、安倍政権批判をしたいのだろうが、この記事は逆効果ではないか?

少なくとも、私はこの記事を読んで反韓の気持ちが大きくなってしまったが?

朴槿恵大統領が、世界中で交渉の機会を逸してまで日本批判をしているということでしょう。

しかも、ドイツのメルケル首相については、あまり触れられたくないナチスドイツの傷に触れてまでの日本批判だね。

他国の悪口しか言わない大統領を信用する国なんてあるのかな?

ちなみに、あるアンケート結果で、一番韓国が嫌いな国はドイツという結果が出てるんだよね。




ラベル:韓国 ドイツ
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。