2013年09月09日

レスリングの残留が決定 20年五輪実施競技 1回目投票で過半数

レスリングの残留が決定 20年五輪実施競技 1回目投票で過半数 ― スポニチ Sponichi Annex 五輪
より引用
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/09/08/kiji/K20130908006581860.html

↓   ↓   ↓

 国際オリンピック委員会(IOC)は8日、ブエノスアイレスで、2020年東京五輪の残る実施1競技を決める総会第2日の審議を行い、レスリングが統合した野球とソフトボール、スカッシュを抑えて残留することが決まった。

 この日3競技の最終プレゼンネーションが行われ、野球・ソフトボール、スカッシュ、レスリングの順で競技入りについて訴えた。

 IOC委員有効投票数95票のうち、レスリングが49票を獲得。1回目の投票で残留を確定した。野球・ソフトボールは24票、スカッシュは22票だった。

 今年2月にIOCが伝統競技のレスリングが除外候補とされ、米国やロシアなど世界中から批判が起きたほか、各国が存続運動を展開、日本でも100万人近い署名が寄せられた。国際レスリング連盟(FILA)は組織改革やルール改正などに取り組み、IOCから指摘された問題点の是正に努めた。

 20年東京五輪に選ばれたレスリングは、自動的に24年五輪でも行われる。

↑   ↑   ↑
引用終わり


まずは、レスリングの残留を喜びたい。

オリンピックで伝統ある競技なので意義ある決定だと思う。

日本としてもメダルが期待できる競技なので、喜ばしい事だろう。

しかし、野球・ソフトボール、スカッシュは落選である。

プレゼン不足と協議国が少ないことが原因と思われる。

その点、ロビー活動が成功して残ったテコンドーは、さすが韓国と感心する。

今後、日本のロビー活動は、野球、ソフトボールの復活であろう。




posted by 日本に住んでる日本人 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。