2013年09月09日

2020年五輪 東京が開催都市に決定

2020年五輪 東京が開催都市に決定 NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130908/k10014372361000.html

↓   ↓   ↓

2020年のオリンピックとパラリンピックの開催都市が東京に決まり、1964年以来56年ぶりの大会が開かれることになりました。

2020年のオリンピックとパラリンピックの開催都市を決めるIOC=国際オリンピック委員会の総会は7日、アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれました。

総会では開催都市に立候補していた▽トルコのイスタンブール▽東京▽スペインのマドリードの3都市が順番にプレゼンテーションをして最後のアピールをした後、94人のIOC委員による投票が行われました。

その結果、1回目の投票でイスタンブールとマドリードが同数で並び、再投票の結果、マドリードが落選しました。

最終投票は東京とイスタンブールを候補に行われ、その結果、東京が過半数を集めて開催都市に選ばれました。

東京は今回の招致レースで先進都市による安全で確実な大会の開催と東日本大震災で学んだスポーツの力を素晴らしさを世界に広げたいと訴え、IOC委員の支持を集めました。

この結果、1964年の大会以来56年ぶりに東京で2回目となるオリンピックとパラリンピックの招致に成功しました。

↑   ↑   ↑
引用終わり


素直にお祝いしたいと思う。おめでとう。

私は、福島の汚染水漏れの問題で、東京はダメだと思っていた。

安倍政権が、政府がしっかりと対策すると発言していたが、それでも厳しいと思っていた。

しかし、安倍首相の発言は、世界で私の想像以上に信頼されていることが、この結果で明らかになったと思う。

国際オリンピック委員会は、汚染水漏れと言う事実より、安倍首相のことを信用してくれたわけだ。

ただ、「福島は東京と完全に遮断されている。参加者の安全を保障できる」という安倍首相の発言は事実だとしても福島県民の気持ちには応えていないね。

オリンピック招致が決まったから、なおさら安倍政権には、全力で、福島の汚染水問題に取り組んで解決をしてほしいと思う。

また、震災復興のアピールも、五輪にはあるのだから、知恵を絞って復興を加速させてほしいと思う。

日本全体のインフラ整備でのデフレ脱却政策の結果、被災地の復興事業に業者が足りなくなる事態が発生しているので、この部分の政治的な解消が求められる。

このオリンピック招致は、大きな意味を持っていると思う。

世界が、日本と言う国を知る、良い機会になるからだ。

知らない人や、反日プロパガンダに洗脳された方へ良い日本をアピールする良い機会になると思う。

特に在日には注意が必要だと思う。反対暴動とか起こしそうな予感がする。


報道を見ると、東京オリンピックが決まった後の、韓国ネチズンの反応がひどい。

一部を公開すると・・・

「IOCはお金をもらって開催地にしたかも知れないが、選手たちの中には明らかにボイコット出てくる。」

「東京放射能オリンピックが開かれるとは滅亡だ。」

「オリンピックを開いて世界中の人々に汚染された海産物を食べさせて、放射能被爆されるようにする金があるなら、汚染水が海に流れ込まないように防げ。」

「毎日のように妄言を発する安倍首相の話を信じる人がいるのか。」

などなど。

さらには、オリンピックの共同開催を狙う発言も飛び出した。

しかし、オリンピックは一都市開催だから、それはありえない。

まあ、韓国は、東京オリンピックを妨害していたので火病の状態なのである。

私としては、東京オリンピック開催に向けて、汚染水問題など全てクリアする予定だから余計なお世話だと思う。

韓国はそれよりも、2018年開催の平昌オリンピック(第23回冬季オリンピック)の方を心配すべきだと思う。

2020年に東京オリンピック開催が決まったので、日本からの平昌オリンピックへの援助は無理である。

韓国は経済崩壊が現実味を帯びている中、平昌オリンピックを成功させなくてはならないので大変だ。

もう一度言うが、平昌オリンピックに日本の支援はない。(東京オリンピックで一杯なので)




posted by 日本に住んでる日本人 at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。