2013年09月07日

スイス政府「民間防衛」に学ぶ−日本が敵国から武力以外による攻撃を受け、破滅へと導かれないように−

スイス政府「民間防衛」に学ぶ - TOPページ -
より一部引用
http://nokan2000.nobody.jp/switz/

↓   ↓   ↓

 スイスが永世中立国なのはわりと有名な話です。しかしスイスが軍隊を持っていることはご存知でしょうか?スイスは「軍事力の放棄」ではなく、「軍事力を保つ」ことによってその独立と平和を守っているのです。しかもそれだけではありません。常に独立と平和を守れるように、ここで紹介する「民間防衛」を、スイス政府自らが編集し、全スイス国民に配布していたのです。

 この本の範囲は、戦時中の避難方法から、占領された後のレジスタンス活動方法まで非常に多岐に渡ります。しかし、このサイトではその一部「戦争のもう一つの様相(P225〜P272)」を重点的に取り上げてます。なぜなら、最近の日本と周辺国(中国、韓国、北朝鮮)の状況が、この本に記述されている「敵に武力以外による攻撃を受け、破滅へと導かれる状態」と非常に良く似ているためです。私は日本の独立と平和に脅威を感じたため、この本の内容を広く読んでもらえるよう、このサイトにまとめました。

↑   ↑   ↑
引用終わり


[Pick up] スイス民間防衛に学ぶ〜日本の現状と対策 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=eT1my43BGpU




日本国は、かなり在日に侵略されているというのが素直な感想です。

日本人1人1人が、自分たちの日住生活を守るという意識を持つことは必要でしょう。

しかし、国家としての姿勢も当然必要です。

在日のすごさは結束力です。

ある市で、在日に有利な条例を撤廃しようとするとどうなると思いますか?

差別だと言って、市役所に在日が押し寄せてきます。

そして、電話は在日からの抗議の電話が殺到します。

これが、条例撤廃をあきらめるまで続きます。

日常業務なんてできるわけがありません。

数の暴力を警察が抑え込み、抗議の電話を、別の電話に回して受け流し、場合によっては公務執行妨害による逮捕も必要だと思います。

日本人は、侵略に屈しないように自衛しなくてはいけないと思います。

これは、武器を使用しない侵略に対する防衛戦争です。


敗戦国がどうなるかは、想像に難くないと思います。

「スイス政府「民間防衛」に学ぶ」は、まずサイトの方をよく見ていただければと思います。
http://nokan2000.nobody.jp/switz/




posted by 日本に住んでる日本人 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。