2013年09月01日

韓国の歴史教科書を読む

韓国の歴史教科書を読む
より最初の部分のみ引用
http://www7.plala.or.jp/juraian/ktextbook.htm

↓   ↓   ↓

 反日は韓国人のアイデンティティの中核で、反日しない韓国人などもはや韓国人とは言えない。歴史教育は、このような反日イデオロギーの再生産を担う重要な装置である。学界では1990年代以降「植民地近代化論」が台頭し、日本統治時代の肯定的な変化を評価する方向に変わって来た。しかしその成果は歴史教科書にほとんど反映されておらず、依然として「日帝の悪辣で非人道的な収奪」をヒステリックに糾弾している。

 植民地近代化論者らは2008年に近現代史の代案教科書を出版し、現行の左派民族主義に異議を唱えた。この教科書が直ちに採択されることはないだろうが、朝鮮日報や東亜日報のような保守言論が支持しており、一定の影響力はあると見られる。高校では2010年度から国定教科書による「国史」が廃止され、検定教科書による「韓国史」に移行することになっている。「韓国近現代史」は2012年度までで廃止され、「韓国文化史」「東アジア史」が新設される。要するに歴史教育の現場は混乱状態にあり、筆者が2009年9月にソウルで高校国史教科書を探しても見つからなかった。中学国史教科書はあったので、国定教科書による国史教育が当分の間続くのかも知れない。

 もしかしたらすぐ時代遅れになってしまうかも知れないが、ここでは2009年度の教科書で韓国の反日教育を概観する。あわせて代案教科書の記述を読むことで、韓国人の歴史認識の幅を検討する。韓国語史料の翻訳には、無名氏のご協力を得た。記して感謝したい。

(以下、教科書の対訳、及び補足へ続くので、興味のある方はリンクからご覧ください。個人的には2本目の動画をおすすめします。2本目の動画は全12回あり、6回目では韓国が米仏と戦争したことになってます。)

↑   ↑   ↑
引用終わり


歪曲、捏造、嘘・・・オンパレードである。

このような教科書を使用して子供を教育している韓国と歴史認識の違いがあるのは当然だと思う。

よって、歴史認識について、日韓で話し合うのは無駄な行為と思わざるを得ない。

日本にできることは、正しい歴史を世界に発信していくことだと思う。


暴走する韓国歴史教科書 ― なぜここまで酷くなったのか - YouTube
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=46RoLUOvRH0




【I?JAPAN】ウリナラファンタジー【韓国の歴史教科書ヒドスww】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=fTxElE1Z5wc&list=PLloNJUEV4tNynfeJ1ptr8Ha8wrHnOSuVW






posted by 日本に住んでる日本人 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国捏造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。