2013年08月29日

韓国空軍訓練機が光州で墜落 操縦士2人死亡

韓国空軍訓練機が光州で墜落 操縦士2人死亡
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/08/28/0200000000AJP20130828003000882.HTML

↓   ↓   ↓

【光州聯合ニュース】28日午後2時過ぎ、韓国南西部、光州市の空軍部隊付近の水田に高等訓練機T50が墜落し、搭乗していた空軍第1戦闘飛行団所属の少領(少佐)2人が死亡した。

 1人はパラシュートで脱出しようとして水田に墜落して死亡し、もう1人は機体から遺体で発見されたという。2人とも経歴10年以上のベテラン操縦士だった。

 訓練機は飛行訓練のため離陸してから約8分後、滑走路の東1.6キロの地点に墜落。機体は真っ二つになり、炎上した。T50の墜落事故は今回が初めて。

 空軍は現場への立ち入りを禁じ遺体と機体を回収するとともに、正確な事故原因を調べている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


ベテランパイロットが2人とも死亡・・・脱出装置はどうだったのか?

怖いのは、この機体は、インドネシア、フィリピンに輸出される予定だったような・・・

事故原因の究明も大事だが、脱出装置についても詳しく調査してくれないと、輸出予定国が危険にさらされてしまう。




ラベル:韓国
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。