2013年08月27日

韓国 米兵に文化財盗まれた…「答えろオバマ」署名運動

米兵に文化財盗まれた…「答えろオバマ」署名運動=韓国 2013/08/26(月) 11:05:45 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0826&f=national_0826_015.shtml

↓   ↓   ↓

 韓国の市民団体「文化財を取り戻す運動」は23日、米国のロサンゼルスカウンティ美術館が所蔵する文化財「文定王后御宝」は、朝鮮戦争当時に米軍兵士によって韓国から盗み出されたものだとして、証拠の資料を美術館側に提出したと発表した。複数の韓国メディアが報じた。

 団体は7月11日、美術館側と面談し、1950年台に当時の駐米韓国大使が、47個の御宝が盗まれたと米国務省に申告した記録、米軍による御宝窃盗事件を報じた新聞記事などを提出した。

 その後、美術館は米兵が盗んだことを裏付ける証拠資料を要求。今回、団体は追加資料として、文定王后御宝が1924年に宗廟にあったことを証明する文献、1956年にヤン・ユチャン駐米大使が米国側に紛失したと申告した御宝47個の目録などを提出した。

 文定王后は李氏朝鮮の第11代国王、中宗の王妃。文定王后御宝は、宗廟の第6室に祭られていたとされる。

 団体代表の慧門(ヘムン)僧侶は、「文定王后御宝の横に墨で書かれた『六室大王大妃』の文字は、宗廟が所蔵していたことを示す重要な証拠だ」と主張した。団体は9月18日に、美術館側と2回目の面談を行うという。

 現在、団体は各界の有識者による「100人委員会」を構成し、ホワイトハウスのオンライン請願プログラムを通じて文定王后御宝の返還を求める「答えろオバマ」署名運動を行っている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「朝鮮戦争当時に米軍兵士によって韓国から盗み出されたもの・・・」

「「答えろオバマ」署名運動・・・」

完全に泥棒扱いで、同盟国の大統領を呼び捨てする精神構造が理解できない。

「1950年台に当時の駐米韓国大使が、47個の御宝が盗まれたと米国務省に申告した記録」

「米軍による御宝窃盗事件を報じた新聞記事」

「文定王后御宝が1924年に宗廟にあったことを証明する文献」

どれも米軍が泥棒をしたという証拠にはなりませんね。

可能性として、朝鮮人が盗んで、米軍に売ったという可能性も否定できません。

「1956年にヤン・ユチャン駐米大使が米国側に紛失したと申告した御宝47個の目録」

これに至っては、全く意味不明ですが、泥棒の証拠にはなりませんね。

つまり、証拠もなく泥棒呼ばわりしているわけです。

理性があるならば、泥棒は言及せず、韓国のものという証拠があり返却をお願いしますでいいんじゃね?

なんで同盟国相手にこんなに強気なのか?やはり中国とつるむことに決めたの???


文化財不法輸出入等禁止条約って知ってますか?

文化財の不法な輸入、輸出及び所有権移転を禁止し及び防止する手段に関する条約で1972年に発効されました。

つまり、1950年代の事件には適用されません。

よって、国際法上は、米国に返却義務はないことになる。

だいたい、朝鮮戦争を経て、現存する美術品の存在を喜ぶべきであり、地道な交渉によって返却を求めるものではないの?

もう国民感情が、米軍は泥棒で、オバマは答えろと上から目線で呆れてしまう。

韓国人が、なんでこんなに強気なのかが全く理解できない。




posted by 日本に住んでる日本人 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。