2013年08月26日

韓国 「悲しく、恥ずかしい」というメルケル独首相の言葉・・・謝罪ではないんだけど分かってるの?

クッキーニュース(韓国語) [キム・ジョンギ]‘悲しくて恥ずかしい’という言葉
より引用(韓国語)
http://news.kukinews.com/article/view.asp?page=1&gCode=all&arcid=0007494670&code=11171362

↓   ↓   ↓

「悲しく、恥ずかしい。」ドイツのメルケル首相が20日、ミュンヘン近隣の旧ナチスのダッハウ強制収容所跡を訪れ戦争犯罪を懺悔した言葉だ。

この収容所は‘神聖な国家建設の妨げ’になるという理由で1933年から1945年までユダヤ人ポーランドの政治犯20万人に生き地獄の苦痛を味あわせたところだ。新ナチズム拡散に警戒心を持つ加害者のドイツ総理のそばには収容所で両親と妻を失った93才の被害者が車椅子に乗ったまま一緒にいた。

なぜこのように違うのか!日本の終戦記念日の去る15日、戦没者追悼辞で安倍晋三は「アジア帝国の国民に多大な損害と苦痛を与えたことに深い反省と同時に犠牲になった方々に真摯な哀悼を表わす」という言及を省いた。1993年以来、日本のすべての総理が話した内容だ。

ナチの犯罪、第二次世界大戦の犠牲、そして大虐殺(ホロコースト)に対するドイツの反省行動と責任意識は一貫している。1970年12月7日、雨が降るポーランド、ワルシャワ戦争犠牲者石碑の前でひざまずいてナチスドイツの戦争犯罪を謝罪したブラント総理を世界は記憶する。偉大なゲルマン民族を前面に出したナチに愛情を表わすドイツ公職者と政治家はいない。

しかし、日本は違う。日帝の慰安婦運営を合理化する大阪市長、戦争犯罪者を国の英雄と敬う数多くの政治家と公職者、ナチ方式を習ってさっと軍国主義体制を復元しようという副総理。総理安倍は植民支配と侵略戦争に対する謝罪を少しは含んだ‘河野談話’と‘村山談話’を継承せず(2013年4月22日)、侵略の定義は学界や国際的に決まっておらず、国家間の関係でどのように見るかにより違う(4月23日)という奇怪な主張を広げる。

彼は今年5月、‘731’という数字が鮮明な航空自衛隊訓練機操縦席に座って親指をたてた。‘731’という数字は中国人、韓国人、ロシア人などを捕らえ、真空状態でどれくらいで内蔵が破裂するかを‘実験’し、細菌を注入して何の罪もない人が死ぬ姿を‘実験観察した’ハルビン731生体実験部隊を象徴する。批判が出るとすぐに偶然の一致といった。

安倍のレトリックには文明と共生の哲学が不在で言語暴力だけがいっぱいだ。アジアを侵略した歴史の教訓から得る知恵もなく、隣国と一緒に暮らすことに対する配慮もない。両方向的な真の対話の代わりに歴史のかけはぎをすることの一方的扇動だけが雄壮なサディズムの暴力だ。身体的攻撃行為だけが暴力ではない。言語を通じて相手を侮辱し自尊心を傷つけるのも暴力だ。相手の人格と能力に対する否定と蔑み、侮辱と悪口、苦しめ馬鹿にして呪う行為は全て暴力だ。

第二次世界戦争に対し加害者ドイツの総理は悲しく、恥ずかしいという。また他の加害者日本の総理は侵略は見方により変わるという。安倍式で言えばヒットラーと太平洋戦争の主犯、東条英機は国のための殉国英雄だ。第二次世界大戦後、ドイツと日本総理の被害者に対する言動はリーダーシップの差を越え文明の進化に対する試験であり対決だ。日本列島に響く軍国主義復古メガホンは東北アジアの平和と人類文明に対する空襲警報だ。

脱亜入欧。アジアを脱し西欧社会を指向すると言いながら軍国主義に駆け上がった日本。21世紀には‘悲しく、恥ずかしい’という西欧、ドイツの美しい精神をちゃんと習うことを薦める。大韓民国も日帝と関連し、どのような日本を望むのか経済の顔色を見ずに明明白白にしなければならない。韓国と日本の民は政治家たちが利己的な目的のために歴史を利用する反文明的な悪のレトリックに付和雷同する‘市民の堕落’がないよう一致協力しなければならない。

キム・ジョンギ(漢陽(ハンヤン)大教授・メディア情報大学院長)

↑   ↑   ↑
引用終わり


ドイツのメルケル首相の言葉、「悲しく、恥ずかしい。」は、謝罪の言葉ではない。

ドイツは、第二次世界大戦での責任は、全てナチスにあるとし、国家として賠償をしていない。

そして、ナチスの戦争犯罪と日本が戦争をしたことを一緒にするのはやめてもらいたい。

ドイツは終戦記念日に謝罪の言葉を出したりしていない。それはもう過去のことだし、世界もそれを認めているからだ。


日本は、アジアに謝罪もし、特に韓国とは戦争をしていないのに、謝罪と多額の賠償金を支払い、日韓基本条約により国交を回復した。

よって、過去のことをずっと言い続けている韓国や中国の方が国際的には異常なのである。

日本の国民感情は反感に向かっているが、それはすべて韓国が過去を掘り返し、歴史を捏造し、国際法も無視する無法国家だからである。

大学教授なら、正しい歴史を学んで、アジア各国の世論も調べて発言してもらいたいものだ。

安倍首相は、アジアを外遊したが、過去の戦争のことを悪く言った国はなかったことで、中韓の異常さが際立ったと思う。

どう考えても、恥ずかしいのは韓国である。

ちなみに、ドイツは、世界で一番韓国が嫌いというアンケート集計がでている。

ドイツは日本よりも嫌韓な国、世界一の嫌韓な国である。



【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。