2013年08月26日

韓国 ストの効果?…現代車が米に部品工場を建設

東亜日報 経済 ストの効果?…現代車が米に部品工場を建設
より引用
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013082401858

↓   ↓   ↓

現代(ヒョンデ)自動車グループが、米ジョージア州に部品工場を新設する。現代車グループは約3500万ドル(約392億ウォン)を投資し、15年まで、起亜(キア)自動車・ジョージア州工場の周辺に、部品系列会社・現代ダイモスのシート工場を建設することにしたと、23日明らかにした。現地人の雇用規模は350人前後と見られる。

現代車グループの関係者は、「21日、ジョージア州のネイサン・ディール州知事と現代車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長との面談を控え、約3ヵ月間議論してきたことだ」と説明した。

現代ダイモス工場が建設されるジョージア州ウェストポイント市議会は、近いうちに、工場設立に向けた債券発行案や予算案を可決するものと見られる。市の投資誘致案には、鉄道輸送施設の建設など、さまざまな支援策が含まれているという。

ここで生産したシートは、起亜車ジョージア工場に納入し、起亜車が米国で生産するスポーツユーティリティ車両(SUV)「ソレントR」や中型セダン「オプティマ(国内名=K5)などに使われる予定だ。

今回の工場新設は、現代・起亜車の国内工場の部分ストが続いている中で、決定され、今後、現代・起亜車の北米地域内の自動車工場増設へとつながるかどうか注目が集まっている。現代・起亜車の内外では、低い生産性や高コスト構造の国内工場の生産量の一部を、海外に移すべきだという指摘が持ち上がっている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


IMFのお世話になってグローバル化した現代自動車と時代錯誤の労組の争いは、現代自動車の国外脱出という荒業で決着ということか?

グローバル化した企業の怖さはここにある。

国内の産業が空洞化しようと関係ない、ただ(株主のために)利益を出すだけということか。

「現代・起亜車の内外では、低い生産性や高コスト構造の国内工場の生産量の一部を、海外に移すべきだという指摘が持ち上がっている。」

完全に国内を見限った考え方である。

そして、韓国の労働組合は、グローバル企業を相手に調子に乗りすぎた。

低い生産性、高いコストと表現されるようなことを何一つ改善しようとせずに、要求をはね上げ過ぎた。

その馬鹿さ加減は、下記の記事からも明らかだ。

韓国の現代自動車労組、オバマ米大統領に労使問題解決求める…“ナンセンス” | Joongang Ilbo | 中央日報
より一部引用
http://japanese.joins.com/article/584/166584.html?servcode=A00§code=A20

↓   ↓   ↓

社内下請け労働者全員の正社員化を要求し座り込みをしている現代自動車非正規職労組蔚山(ウルサン)支部が9日、米オバマ政権の公式な立場を聞くとしてホワイトハウスのインターネット請願ページ「ウィ・ザ・ピープル」に文を載せ署名運動を行っている。労組は、「鄭夢九(チョン・モング)現代自動車会長が最高裁の判決を履行せずにいることに対するあなたの立場を表現して下さい」という題名の文を載せた。韓国で起きた労使問題を米国政府に請願するとして文を載せたのだ。

↑   ↑   ↑
引用終わり

国内問題に、米国のオバマ大統領を巻き込む馬鹿さ加減は手におえない。

世界中に自分たちは馬鹿だと喧伝しているようなものだ。

国内の産業を育成する観点から見れば、現代自動車の行動は無責任となるが、グローバル企業として見れば、決して誤った判断ではない。

労働組合の要求も、昔ならば有効だったかもしれないが、グローバル会社相手では、じゃあ、さようならとなるだけである。

今回のことで、困るのは、韓国国民と韓国政府である。

扇動しまくった労働組合の責任者たちはどのように責任を取るのだろうか?

韓国政府は、国内産業の空洞化にどのように歯止めをかけるつもりなのだろうか?


続報を待とうと思う。




ラベル:韓国 ヒュンダイ
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒュンダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。