2013年08月25日

米国 サムスンの「iPhoneを時代遅れ」キャンペーン失敗?

「SamsungからiPhone」、Appleへの乗換は「iPhoneからSamsung」の3倍 | マイナビニュース
より引用
http://news.mynavi.jp/news/2013/08/20/130/index.html

↓   ↓   ↓

過去1年間におけるApple製品およびSamsung製品へのスマートフォンユーザーの流れをConsumer Intelligence Research Partners (CIRP)が調査した結果によると、Samsungの端末からiPhoneに変更したスマートフォン購入者は、iPhoneからSamsung端末への乗り換えの3倍だった。SamsungはポストPCデバイスを使い慣れた若年層をターゲットにしたマーケティングを展開しているものの、iPhoneの方が全体に占める若いユーザーの割合が高いことも明らかになった。調査は米Fortuneの依頼でCIRPが2012年7月から2013年6月に行ったもので、回答したのはモバイルフォン購入者500人。

iPhoneユーザーはiPhoneに定着する傾向が強く、iPhone購入者は42%がiPhoneからのアップグレードだった。iPhone購入者の20%がAndroid端末からの変更だったのに対して、Samsungの端末購入者でiPhoneからの乗り換えはわずか7%だった。異なるメーカーのスマートフォンを購入した人のうち、Samsung製品からiPhoneに乗り換えた人は33%、逆にiPhoneからSamsung製品に変更した人は11%だった。

スマートフォン初心者へのアピールはSamsungがAppleを上回っており、フィーチャーフォンからの変更が37%を占める。iPhoneは26%だった。携帯初心者もSamsungの方が比率が大きい。HTCやMotorolaなどのAndroidベンダーからの乗り換えが多く、Samsung端末購入者のうちAndroid端末 (Samsung端末を含む)ユーザーだった人は43%だった。またNokia製品からSamsung製品への乗り換えも多かった。

フィーチャーフォンやAndroid端末からSamsung製品にユーザーが流れ、スマートフォンを使い慣れたユーザーがiPhoneを選ぶというのが全体的な傾向。iPhone購入者とSamsungのスマートフォン購入者の構成を比較すると、iPhoneユーザーの方が高収入および高学歴の比率が大きい。Samsungは「Next Big Thing」というキャッチフレーズで、iPhoneを"時代遅れ"と見なしたマーケティングキャンペーンを米国で展開し、若い消費者層からiPhoneユーザーの切り崩しを狙ってきた。しかしながら、購入者の年齢層の割合は18歳-24歳、25歳-34歳のどちらもiPhoneの方が大きく、若い層におけるiPhone人気は健在だった。

↑   ↑   ↑
引用終わり


サムスンのネガティブキャンペーンが自爆で終わったということか?

考えてみれば、消費者を馬鹿にしたキャンペーンだという気がする。

スマホは詳しくないが、「アイフォンが時代遅れ」なら、サムスンのどこが時代の最先端なのか?

結局は、イメージ戦略でしかなかったってことでしょ?

暗に、アイフォンを利用しているユーザーを馬鹿にしたようなキャンペーンであり、反感が大きくなっただけではないのか?

韓国という国は、こういうところが馬鹿ではないかと思ってしまう。

相手を悪く言うことで、自分を優位に見せる手法は、韓国国内でしか通用しないと思う。

韓国人は、国際感覚が欠如しているとしか思えない。




【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サムスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。