2013年08月24日

日本 中韓との正式な首脳会談見送りの公算 G20

中韓との正式な首脳会談見送りの公算 G20 :日本経済新聞
より引用
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2201Z_S3A820C1PP8000/

↓   ↓   ↓

 9月5日からロシアのサンクトペテルブルクで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議の場での中国、韓国との正式な首脳会談は見送られる方向となった。沖縄県の尖閣諸島や島根県の竹島の領有権、歴史認識を巡る対立を背景に本格的な会談は困難と判断した。関係修復に向けて立ち話などでの接触の可能性を探っているが、特に中国は慎重な姿勢を示している。

 日中、日韓の首脳会談は2012年5月に北京で開かれた日中韓首脳会談の場での2国間会談以来、開かれていない。

 首相は「対話の窓は開いている」として、中韓両国に首脳会談の開催を呼び掛け、8月15日の終戦記念日には靖国神社参拝を見送った。だが同日に開かれた戦没者追悼式の式辞でアジア諸国への加害責任や反省に言及しなかったことに中韓は反発を強めていた。

 中国では尖閣国有化から1年となる9月11日を控え、日本への反発が再燃することが予想される。韓国とは従軍慰安婦問題を巡る議論が平行線をたどっており、本格的な会談は難しくなっている。ただ米国の強い要請を受け、日韓両国はブルネイで外相会談を開くなど関係修復の糸口を探っている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「対話の窓は開いている」

ここ重要だと思う。

これで、会談が行われないのは、中韓の方に問題があるということになる。

日本は、中韓と問題を抱えているが、会談をしない理由にはならないと思う。

つまり、中韓に会談ができない理由があるということになる。

さて、今回、安倍首相は終戦記念日に靖国神社に参拝していない。

日本のマスコミは、安倍首相が靖国神社に参拝しなければ、中韓との関係は良好になるような報道をしていたと思うのですが・・・

靖国関係ないみたいですね。

まあ中韓は反日だし、深刻な経済問題を抱えているから、安倍首相と会って失点したらまずいという判断もあるんだろうね。




ラベル:日本 中国 韓国
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。