2013年08月24日

米国で韓国人の大学生がベトナム人と黒人に集団暴行に!

news.naver.com 米国で韓国人「無差別暴行」…人種憎悪犯罪?
より引用(動画あり 韓国語)
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=214&aid=0000270938&date=20130822&type=2&rankingSeq=1&rankingSectionId=104

↓   ↓   ↓

[ニュースデスク] 米国で韓国人の大学生がベトナム人と黒人に集団暴行にあいました。無差別暴行でしたが最近続いている人種憎悪犯罪の可能性が高いです。

ワシントンバクボムス特派員です。

アメリカバージニア州韓国タウンにある居酒屋。去る週末の夜明け、この居酒屋の前に立っていた韓国人大学生4人に向かって鉄パイプを持ったベトナム人が近付きます。いきなり鉄パイプをでたらめに振り回して韓国学生たちを攻撃します。

某さん/韓国人被害者
「車を急に止めたら下りてきてトランクから鉄パイプを取り出して急に近付いてきて止まって殴り始めたのです」その次にはベトナム人と一緒にいた黒人2人が拳で韓国人大学生たちを殴ります。

某さん/韓国人被害者
「私は打たれながらここまで来ました。 加害者は車に乗って逃走しました。」大学生は、目と腕にあざがして耳が裂ける傷を負った。

某さん/韓国人被害者
「すごく悔しくて狼狽して...」

バージニア州では先月も若者が学生一人を集団暴行する事件が起き、フロリダ州ではバスの中で黒人学生が白人学生一人を無慈悲に暴行する動画が公開されて衝撃を与えました。

アメリカ社会はこのような無差別暴行を特に人種対立が原因の憎悪犯罪に分類しています。

アメリカ警察は今回の韓国人大学生暴行事件も韓国人に対する憎悪犯罪の可能性があると注目して捜査しています。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国人被害者は気の毒であるが、黒人、ベトナム人に嫌われているという自覚は持った方が良い。

理由は、韓国人が、黒人やベトナム人を差別しているからだ。

また、韓国人は、外国に行っても自分たちの国の生活スタイルを堅持する傾向がある。

要するにマナーが悪い。

しかし、プライドが高く、自分の非を絶対認めない民族なので、今後もこのような集団暴行は続くと思った方がいいだろう。

夜道には気を付けることだね。




ラベル:米国 韓国人
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。