2013年08月23日

韓国輸出入銀行 みずほ銀から5億ドル借り入れ

韓国輸出入銀行 みずほ銀から5億ドル借り入れ | 聯合ニュース
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/08/21/0200000000AJP20130821003000882.HTML

↓   ↓   ↓

【ソウル聯合ニュース】韓国輸出入銀行は21日、日本のみずほ銀行と契約を結び、5億ドル(約487億6000万円)を借り入れたと明らかにした。借入期間は5年。

 金竜煥(キム・ヨンファン)頭取が同日、みずほ銀行本店で佐藤康博頭取と会い、金融契約書に署名した。

 輸出入銀行関係者は「米国の量的緩和の早期縮小への懸念から、国際金融市場での債券発行が容易ではなかった。このような状況にもかかわらず、両行の協力関係に基づき、長期かつ巨額の資金を公募債発行のときよりも10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)以上低い水準で借り入れることができた」と説明した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


これは、ビジネスとして成り立つの?

金利はどれくらいなの?

担保はしっかりとってるの?

この辺は、株主の方々に、しっかり聞いてほしいと思う。

しかし、経済崩壊寸前の韓国に融資する神経がどうしても理解できない。

また、新日鉄や三菱の訴訟、従軍慰安婦問題、竹島問題、仏像未返却問題など、多数問題を抱える韓国に融資するのはなぜ?

もしかして、日韓の懸け橋にでもなるつもりなのだろうか?

でも、韓国では、5億ドルも支援しても、もっとよこせと感謝もせずに言いそうな気がする。

考えてみれば、5億ドルくらい国内で都合できなかった韓国の銀行は本格的にやばいということか?

5億ドルを借入期間5年というには長すぎるし、これより短い期間では返済が難しいというなら、韓国の銀行はやばすぎると思う。

みずほ銀行が、しっかりとした優良債権を担保としていることを望む。


あと、少しネットで調べたら、みずほ銀行は、社長が熱心な民主党支援者で、副社長の一人が創価学会員だそうだ。

各支店の従業員に在日朝鮮人を多数雇っているとのこと。

韓国の新韓金融グループや韓国産業銀行との提携を強化しているとのこと。

フジテレビのメインバンクであり、花王とともに、韓流のごり押し放送を大歓迎しているとのこと。

中国や韓国に沢山の支店やATMを置いているとのこと。

要するに、中韓にべったりな銀行なので、今後の動きには注意が必要でしょう。




【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。