2013年08月22日

フォーブスが選ぶ「世界の革新的企業100」に日本が11社・中国5社・韓国0社が選ばれる

フォーブスが選ぶ「世界の革新的企業100」に日本が11社・中国5社・韓国0社が選ばれる – ガジェット通信
より引用
http://getnews.jp/archives/402302

↓   ↓   ↓

米誌のフォーブスが選んだ「世界で最も革新的な企業トップ100」に国別で日本が11社、中国が5社、韓国は3年連続で1社も入らない結果となった。日本企業では楽天が9位でトップ。

中国のバイドゥが6位になっている。皆が知っているGoogleは47位、アップルは79位となっている。

日本企業だけではユニチャーム(14位)、ファナック(26位)、キーエンス(36位)、ヤフージャパン(38位)ほか任天堂、セコム、クボタ、花王などがランクインし系11社となっている。

その他の世界の有名企業を見てみると「Procter & Gamble(P&G)」「Unilever NV」「Unicharm」「Adidas」などがランクイン。

世界的に見てもアメリカだけに集中せず、ドイツ、フランス、イギリス、台湾、中国、オランダ、デンマーク、アイルランド、インドにばらけている。

1位:セールスフォース(アメリカ)
2位:アレクシオン・ファーマ(アメリカ)
3位:ヴイエムウェア(アメリカ)
4位:リジェネロン(アメリカ)
5位:ARMホールディングス(イギリス)
6位:バイドゥ(中国)
7位:アマゾン(アメリカ)
8位:インテュイティヴ・サージカル(アメリカ)
9位:楽天(日本)
10位:ナチュラ・コスメティコス(ブラジル)

↑   ↑   ↑
引用終わり


ランキング上位を見ると、クラウドとかネット関連の企業が選ばれている感じである。

Googleは47位、アップルは79位というのは、低すぎる気がするので、評価基準とか獲得点数が知りたいところだ。

日本で意外だったのは、クボタと花王かな?

どんな米国展開をしているのか気になるところだ。

しかし、この記事のメインは、やはり韓国が3年連続0社ということだろう。

サムスンは、いったい何位になっているんだろう?

やはり米国でサムスンは、アップルのコピーキャットという評価なのだろうか?




ラベル:フォーブス
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。