2013年08月20日

節電中の韓国、室内温度「26度」規制に外国人観光客からクレーム相次ぐ

節電中の韓国、室内温度「26度」規制に外国人観光客からクレーム相次ぐ(韓フルタイム) - 海外 - livedoor ニュース
より引用
http://news.livedoor.com/article/detail/7961397/?utm_source=m_news&utm_medium=rd

↓   ↓   ↓

夏が来るたびに電力不足に直面している韓国だが、今年は特にひどい。点検や偽造部品の使用で原発の稼働が相次ぎ停止し、電力供給は過去最悪水準に。2011年9月の大規模停電(ブラックアウト)が再来するのではないかと、韓国中がひやひやしている。

街ではデパートや大型施設の室内温度が26度以上に制限され、公共機関の冷房使用は12日から3日間、禁止された。国民総出で節電に取り組んでいるおかげで、今のところ深刻な電力難には陥っていないが、事情を知らずに韓国を訪れた外国人観光客にしてみたら、いい迷惑である。実際、観光ホテルが冷房を十分に効かせないことに、腹を立てる外国人は多いという。

韓国メディアのマネートゥデイによると、香港のあるホテルの広報担当者は、ソウルで短い夏休みを過ごしたが、部屋が暑すぎてろくに寝られなかったという。ホテルのフロントに冷房を付けるよう求めても、26度以下にはできないと断られた。

ビジネスホテルなどはホテル内の冷房を中央管理室で制御しているため、26度になると自動的に稼働が止まるという。あるビジネスホテルの関係者は、「いくら説明しても(外国人は)政府が室内温度を制限していることを信じてくれない」と嘆いた。

別のホテル関係者は、「先週宿泊したカナダ人観光客が、友人に『夏には絶対に韓国に行くな』と言うぞと脅してきた」とし、「毎年繰り返される電力不足が国のイメージを傷つけている」と話した。

高級ホテルの場合は、各部屋で室内温度が調節できることから「寝られない」といったクレームはないものの、ロビーやホテル内のレストランに対する不満は多いという。

今年、韓国では猛暑が9月中旬まで続くとみられている。これから韓国を訪れる方は、国全体が節電中であることを十分に認識して出かけた方が良いだろう。

↑   ↑   ↑
引用終わり


一応私は、節電の感覚があるので、26度というエアコン設定が高いとは思わない。

しかし、寝苦しいと感じるならば、除湿がうまく働いていないのかもしれないね。

蒸すと不快だしね。

また、26度になるとエアコンは止まるようだが、では何度になったら再稼働するんだろうね?


外国人観光客にとっては、冷房の状態がクレームレベルと言うことなのだろう。

熱い外から室内に入ったら、急速に冷やしたいという気持は分からなくもない。

そして、ホテルに宿泊したからには、室内の設備を自由に使用する権利があるというのは当然であろう。

韓国政府が規制しているからといって、宿泊者には関係なく、ホテルのサービスが悪いと判断されても仕方がないと思われる。

しかし、韓国政府は、脱原発とか将来のことを発言するより、今の原発の稼働率を上げるのが国民のためなんじゃない?


参考記事
韓国はマンションでエアコンの室外機を室内に設置し窓を全開で使用?料金は頭割りなので使わないと損??
http://kdgkkxmjfd4.seesaa.net/article/370264191.html







posted by 日本に住んでる日本人 at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。