2013年08月17日

イスラエル政府の高官、原爆追悼式典「日本による侵略行為の報いだ。独り善がりの追悼式典はうんざりだ」

原爆追悼式典「うんざりだ」 NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130815/t10013807251000.html

↓   ↓   ↓

広島と長崎に投下された原爆について、イスラエル政府の高官が、「日本による侵略行為の報いだ。独り善がりの追悼式典はうんざりだ」などとインターネット上に書き込んでいたことがわかり、現地の日本大使館が、イスラエル外務省に抗議しました。

これは、イスラエル政府の高官で、近く首相府のインターネットを使った広報戦略の責任者に就任する予定だったダニエル・シーマン氏が、みずからのフェイスブックに書き込んでいたものです。

この中でシーマン氏は、今月6日に広島で行われた原爆の犠牲者を追悼する平和記念式典について、「独り善がりの追悼式典にはうんざりだ。広島と長崎での原爆投下は、日本が侵略行為の報いを受けただけだ。日本が追悼すべきは帝国主義や大量虐殺で犠牲となった中国人や韓国人だ」と書いていました。

この書き込みは、現在、削除されていますが、現地の日本大使館は、イスラエル外務省に抗議しました。

一方、首相府は、NHKの取材に対し、「書き込みは政府の立場を代表するものではない」と釈明し、シーマン氏は停職処分になっています。

シーマン氏は、過去に外国メディアを担当していた際に、イスラエルに批判的な記事を書いた記者を、事実上の国外追放にしたこともあり、物議を醸していました。

↑   ↑   ↑
引用終わり


大馬鹿な発言としか言いようがないが、イスラエル高官ということで、納得もある。

原子爆弾を発明したのはユダヤ人である。

よって、このイスラエル高官は、原子爆弾を悪く言われるのが不快だったと推測できる。

イスラエルに批判的な記事を書いた記者を、事実上の国外追放にしたということからも、独善的でユダヤ人は常に正しいと勘違いしていると思われる。

原爆追悼式典の基本は、亡くなった方の追悼であり、その追悼行為を否定することは内政干渉であり、それ以前に人としての良識を疑いたくなる。

たしかに原爆使用を反対するという側面もあり、それが気に食わないのだろうが・・・

実際、日本に原子爆弾を落とす必要があったかは、未だに議論が絶えない。

民間人の大量虐殺行為として私はとらえているが、日本を降伏させる手段として仕方がなかったという意見もあることはある。

抑止力としての米国の核兵器が、日本の平和を守ってきたということを私は否定しない。

ただ、二度と核兵器を使用しないでほしいとは切に願うところである。


さて、このイスラエル高官は歴史認識を間違えていると思わざるを得ない。

まあユダヤの歴史意外に興味がないのかもしれないが・・・

「日本が追悼すべきは帝国主義や大量虐殺で犠牲となった中国人や韓国人だ」

日本は、中国共産党とは戦争していない。

日本軍は、蒋介石の国民党軍(共産党軍に敗れて台湾へ)と戦争したのである。

しかも、中国民衆を大量に殺戮したのは、国民党軍である。(日本は中国民衆と戦争していない)

ちなみに南京大虐殺はねつ造である。(証拠として人口の推移があり、虐殺があったというのに、その後南京の人口は増加している。大虐殺後の都市の人口が増えるとは思えない。)

そして、韓国とも戦争をしていない。(日韓併合で、共に味方として大東亜戦争を戦う。敗戦後裏切り略奪行為をし、準戦勝国とわけのわからんことを主張する。)

最期に帝国主義というが、当時の植民地をもっていた国すべてが帝国主義であり、そういう時代であった。


ということで、このイスラエル高官の妄言は、許しがたいものである。

停職処分と言うことだが、なぜ免職処分にしないのか?

しかし、残念ながら、それを求めるのは内政干渉になってしまう。

ただ、私は、イスラエルと言う国が嫌いになった。




ラベル:イスラエル 原爆
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。