2013年08月17日

ソウルで政府糾弾デモ相次ぐ、朴政権が初放水、300人近く連行も

ソウルで政府糾弾デモ相次ぐ、朴政権が初放水、300人近く連行も 2013/08/16(金) 11:21:05 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0816&f=national_0816_014.shtml

↓   ↓   ↓

 8月15日、光復節(日本からの独立を祝う韓国の祝日)を迎えたソウル中心街で、国家情報院の大統領選挙介入や南北統一に対する政府の動きを糾弾するデモが同時多発的に行われた。朴槿恵政権は発足後、ソウルで初めて放水銃を導入してデモを鎮圧。数百人が連行されるなど、衝突が起こった。複数の韓国メディアが報じた。

 これに先だち10日夜にも、韓国政府の情報機関、国家情報院が昨年の大統領選に介入したとして、政府に事件の真相究明などを求める数万人規模の抗議集会がソウルで行われた。

 15日午前には光化門前で、韓国大学生連合所属の大学生らが「国家情報院を解体しろ」、「朴政権は責任を負え」などと叫び、奇襲デモを行い道路上で座り込みを始めたことから、120人余りが連行された。

 また15日午後、ソウル駅広場で開催された「8.15平和統一大会」に民主労総をはじめとする市民団体や野党関係者など5000人余り(警察発表3500人)が参加し、「南北当局は会談の合意に続き、離散家族の再会、金剛山観光を再開しろ」などと要求した。

 このうち1500人は、ソウル広場までデモ行進を行い、その過程で警察と衝突。警察は、放水銃を撃ちデモの解散に乗り出し、170人余りを集会法と道路交通法違反の疑いで連行した。

 警察はソウル市内12の警察署で、正確なデモの経緯などを調査しているという。

↑   ↑   ↑
引用終わり


今までも、反日以外のデモがあったようだが、今回のは特に大きかったようだ。

しかし、国家情報院の大統領選挙介入や南北統一に対する政府の動きを糾弾するデモということ・・・

この期に及んで、経済無策への批判のデモでないのに少し驚いてしまう。

韓国民の生活は、一部の層を除き、かなり厳しいはずなのだが・・・

ただ、デモの内容の根は深いというか、簡単に解決できる問題ではないと思う。

国家情報院の大統領選挙介入問題なんて、政府見解では納得しないだろう。

「南北当局は会談の合意に続き、離散家族の再会、金剛山観光を再開しろ」

南北問題は、北朝鮮に舐められている状態に見えるので、簡単には解決できないであろう。

金剛山観光なんて、誰が行きたいのかよく分からない・・・

国際社会では、北朝鮮に対してムチの政策を実施しているが、今回のデモでは、アメの政策を要求しているように思える。

よって、デモに屈することは、国際社会からの孤立を招きかねないと推測する。


さて、批判をかわすためには、反日をしなくてはいけないが、実はほとんどカードがない。

靖国問題を言うには、情けない韓国の国会議員の抗議活動に触れないといけない。

竹島には、国会議員が上陸済みである。

日本製品不買運動は、さらに韓国の国内消費を冷え込ませる。

もう、大統領自らが、竹島に行くしかカードがないように思えるが、それをやったら、完全に日本との関係は破壊されるであろう。




ラベル:韓国 デモ
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。