2013年08月17日

韓国に日本村を造成、在日韓国人の定着支援

韓国に日本村を造成、在日韓国人の定着支援 | Joongang Ilbo | 中央日報
より引用
http://japanese.joins.com/article/196/156196.html

↓   ↓   ↓

ドイツ村と米国村など在外僑胞の村がある慶尚南道南海郡(キョンサンナムド・ナムヘグン)に日本村と観光休養団地が新たに造成される。

南海郡は24日、郡庁でこうした内容が盛り込まれた事業計画を確定し発表した。

これによると郡は460億ウォン(約31億円)を投じて日本式住宅、コミュニティセンター、小公園などを備えた住宅団地を作る。また、日本文化体験館、日本食・宿泊体験館、歴史文化館、韓流文化館、僑胞記念館、観光宿泊施設などを作る。郡は地区単位計画策定と基本・実施設計などの手順を経て来年に着工し、2015年に完工する計画だ。

日本村は日帝強占期に強制徴用などで故郷を離れた後、異国の地に住む在日韓国人の故国定着のためのものだと郡は説明した。郡は昨年10月と今年1月、4月に東京や大阪で入居僑胞を確保するために事業説明会を開いた。これまで67人がここに入居すると申し込んだという。

2010年に完工した米国村には在米僑胞と家族など21世帯、2006年に完工したドイツ村にはドイツに派遣された鉱夫と看護師ら33世帯が帰国し住んでいる。

↑   ↑   ↑
引用終わり


1年以上前の記事の引用で申し訳ないが、興味深い内容である。

韓国は、在日韓国人を受け入れる用意をしており、2015年に完成するというのだ。

記事に書いてある強制徴用は大嘘であるが、日本に不満を言う在日韓国人は、是非帰国してほしいものであるい。

日本語しか話せないとかは、日本村なんだから帰国できない理由にならないと思う。

まあ、間違いなく徴兵を目的とした措置だと思うけどね。




ラベル:韓国 在日韓国人
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。