2013年08月16日

元慰安婦の訴訟費用 韓国政府が支援の見通し

元慰安婦の訴訟費用 韓国政府が支援の見通し | 聯合ニュース
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2013/08/14/0800000000AJP20130814002500882.HTML

↓   ↓   ↓

 【広州聯合ニュース】旧日本軍の元従軍慰安婦12人が日本政府に1人当たり1億ウォン(約880万円)の損害賠償を求める民事調停をソウル中央地裁に申し立てた問題で、調停やその後の民事訴訟にかかる費用を韓国政府が援助する見通しだ。

 国会女性家族委員会所属のイ・ジャスミン議員によると、現行の「日帝下日本軍慰安婦被害者に対する生活安定支援および記念事業などに関する法律」は、名誉毀損(きそん)や損害賠償などについて国が元慰安婦に法律相談や訴訟代理などを支援でき、法律相談などにかかる費用も負担できると定めている。同法は昨年12月に改正法が成立し、今年6月から施行されている。

 だが、政府はまだこれに関する予算を確保していない。イ議員は「(支援に対する)法的根拠が整って以降、初の訴訟となるだけに、女性家族部に要請して政府支援の約束を取り付けた」と伝えた。また「今や生存している元慰安婦は57人にすぎず、平均年齢は87歳に達している。名誉回復と真相究明に向けた国レベルの努力が一層切実に求められる」と指摘した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「調停やその後の民事訴訟にかかる費用を韓国政府が援助する見通しだ。」

そんな費用が出せるなら、日韓基本条約にのっとって賠償してあげたら?

新日鉄や三菱重工の裁判結果も踏まえ、韓国は日韓基本条約を完全に無視している。

日本は、この事実も、世界に向けて発信すべきだと思う。

韓国のロビー活動(賄賂)に屈してはいけない。

韓国に対しては、日本政府は、毅然とした態度で、日韓基本条約で解決済みの態度で臨めばいいと思う。







ラベル:従軍慰安婦 韓国
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。