2013年08月15日

慰安婦の漫画、フランスの漫画祭に出品し国際社会へ広く展開=韓国

慰安婦の漫画、フランスの漫画祭に出品し国際社会へ広く展開=韓国 2013/08/14(水) 10:32:59 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0814&f=national_0814_015.shtml

↓   ↓   ↓

 韓国の政府機関・女性家族部は13日、国際社会に日本軍慰安婦被害者の実状を知らせるための漫画を製作し、来年1月にフランスのアングレーム市で開かれる世界最大級の国際マンガフェスティバルに出品・展示する計画であることを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 女性家族部のチョ・ユンソン長官は13日、富川で開催される第16回富川国際漫画祭りのために訪韓していたフランスのアングレーム市のフィリップ・ラボ市長とアングレーム国際漫画フェスティバル組織委員会ディレクターのニコラ・フィネット氏らに、国際マンガフェスティバルへの出品に協力を求めた。

 女性家族部は、慰安婦問題は過去の問題ではないとし、国際社会と連携して解決を促すために、フランスのアングレーム国際漫画フェスティバル参加を企画。韓国漫画家協会に依頼し、慰安婦被害者の生涯を描いた100ページ程度の漫画と短編漫画50作品を製作する。

 さらに、英語やフランス語など外国語に翻訳したこれらの漫画を、日本の政治家たちの慰安婦関連の妄言などに備えた国際的対応の資料として活用し、学校に配布して教材にする方針だという。

 チョ長官は「日本軍慰安婦問題は、女性への性犯罪であり、人権侵害行為に慰安婦問題を国際社会にきちんと教えて、これらの犯罪行為が発生しないようにすべき。今後も継続的に国際社会の積極的な理解を求めて参加を要求する」と明らかにした。

 一方、アングレーム漫画祭アジア担当ディレクターのフィネット氏は「日本軍慰安婦問題は、女性の性暴力の問題として、日本政府がその責任を認めない限り、過去ではなく、現在の問題である。欧州など国際社会にこの問題を知らせることに最善を尽くす」と述べたという。

 韓国メディアは、日本の従軍慰安婦問題は被害者の証言や従軍医師、日本参戦兵士、慰安所運営管の日記などを通じて既に明らかになっている事実であり、米国議会や欧州議会、国連人権報告書などでも、日本政府に問題解決の努力を継続的に提案してきた。しかし、日本政府は歴史的真実をわい曲・否定し、さらにその行為を正当化する趣旨の一連の発言を続けており、世界的な非難を買っていると伝えた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


日本は、正攻法で、粛々と、日本軍従軍慰安婦問題は捏造であることを世界に発信していきましょう。

韓国は、現在も売春婦が世界で活躍している国ですし、ヨーロッパは基本的に嫌韓です。

サブカルチャーの漫画は、脅威ではありますが、慰安婦の漫画なんてフェステバルで評価されるとは、私には思えません。

漫画はおもしろいかどうかが全てです。

韓国人が資料を見て書く慰安婦漫画がおもしろいとは到底思えませんね。

ましてや、学校の教材なんかにしたら、青少年の育成に良くないと思います。

幸い韓国人によって、従軍慰安婦問題は捏造だという証拠も発見されています。

それを無視する韓国人こそ、歴史を直視していませんね。

証言と言っても、韓国の法廷では、偽証だらけで酷い状態だそうですね。

裁判所も証言は当てにしてないようですが、よくもまぁ、慰安婦の嘘証言を、発言の度に内容が変化するあてにならないものを証拠にできるもんだと呆れてしまします。

日本も韓国軍慰安婦やライダイハンやコピノなどの韓国の実態も世界に発信した方がいいかもしれませんね。

慰安婦問題の真実を伝えるだけでなく、韓国の実態で攻めに出てもいいと思います。

世界の良識と日本の海外発信活動に期待します。

最期に「慰安婦問題は過去の問題ではない」と言ってますが、どう考えても過去の問題です。

韓国は、現在進行形で慰安婦問題が発生しているとでも言いたいのでしょうか?

韓国の売春婦の問題は、現在でも問題視されてますけど、一緒にしないでください。

こんな発言をする方は、大馬鹿ですね。







ラベル:韓国 従軍慰安婦
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。