2013年08月15日

【在日特権】在日は年金を支払わなくても満額の年金を受け取れる

(cache) 生活保護の外国人、厚労省、年金保険料は全額免除に 2012/10/20(土) 10:23:07 [サーチナ]
より引用
http://megalodon.jp/2012-1022-1841-37/news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1020&f=politics_1020_003.shtml

↓   ↓   ↓

 厚生労働省は20日までに、生活保護を受給している在日外国人の国民年金保険料について、本人が申請すれば自動的に全額免除とする方針を決めた。近く地方自治体に周知する。多くの自治体と日本年金機構の出先機関は従来、日本人と同様に申請なしで一律全額免除となる「法定免除」としてきたが、機構本部が外国人を適用外とする見解をまとめたため「国籍による差別だ」との批判が出ていた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


古い記事の引用だが、信じられないことなので記載した。

「国民年金」だから、国民が対象なのに、何で在日を入れて、しかも優遇するのか?

これは、日本人差別ではないのか?

なんで、日本はこんなに在日に弱いんでしょうね。

在日の犯罪も多発しているのに、何を遠慮しているのか不明だわ・

ただ、在日が今までやってきたことは、何か不利なことが決まると、集団で好誼の電話をかけまくり仕事を妨害する、集団で役所に押しかけて抗議すると迷惑行為をするんですね。

これでは、通常業務ができなくなるわけで、暴力的で野蛮な手段で特別な権利を守ろうとするわけだ。

マスコミも政治家も在日を援護するので、酷い状態になってるね。

ただ、そろそろ本気になって対策しないと、日本はダメになる気がする。

最期に、生活保護だけじゃない在日特権 の内容を記載します。(拡散希望)

■地方税→ 固定資産税の減免

■特別区→ 民税・都民税の非課税

■特別区→ 軽自動車税の減免

■年 金→ 国民年金保険料の免除 心身障害者扶養年金掛金の減免

■都営住宅→ 共益費の免除住宅 入居保証金の減免または徴収猶予

■水 道→ 基本料金の免除

■下水道→ 基本料金の免除 → 水洗便所設備助成金の交付

■放 送→ 放送受信料の免除

■交 通→ 都営交通無料乗車券の交付 JR通勤定期券の割引

■清 掃→ ごみ容器の無料貸与 → 廃棄物処理手数料の免除

■衛 生→ 保健所使用料・手数料の滅免

■教 育→ 都立高等学校 高等専門学校の授業料の免除

■通 名→ なんと、公式書類にまで使える。( 会社登記、免許証、健康保険証など )

■ 民族系の金融機関に偽名で口座設立→犯罪、脱税し放題。

→ 職業不定の在日タレントも無敵。

→ 凶悪犯罪者の1/3は在日なのに実名では報道されない。

■生活保護→ 家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円 在日コリアンは、ほぼ無条件で貰えます。

■日本人は孤児だろうと病気だろうと、絶対に貰えない。

→予算枠の大半を、人口比率1%未満に過ぎない在日が独占。

■ニートは問題になっても、この特例は問題視されない。
住民票→ 外国人登録原票は通常、一般人では閲覧できない。

(日本人の場合、債権関係の係争で住民票を閲覧される)

番外 ■ソフトバンク携帯 朝鮮人の特別割引が多額








ラベル:在日特権 在日
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。