2013年08月15日

韓国 経済追撃研究所が韓国経済の競争力を評価した結果、世界100カ国で56位と発表

Chosun Online | 朝鮮日報 「中進国のわな」に落ちた韓国経済
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/08/14/2013081400621.html

↓   ↓   ↓

 先進国を追い上げる速度を基準に韓国経済の競争力を評価した結果、世界100カ国で56位にとどまっていることが分かった。先進国に追い付くどころか、後発国の追撃を心配しなければならない立場だ。

 経済追撃研究所は、先進国を追い上げる速度を求めるため、2011年を基準に1人当たり国内総生産(GDP)が最も高いカタール(8万7287ドル)と世界のGDPに占める割合が最も高い米国(21.8%)を指標国に選んだ。

 経済規模上位100カ国がカタールと米国にどれだけ早く追い付くか、その速度を数値化(0−100)した。経済成長率が高いほど、数値は上昇する。

 カタールを追い上げる速度では、アフリカのスーダンが1位で、ラトビア、トルクメニスタン、ガーナなどの順だった。韓国は45位だった。また、米国を追い上げる速度では、カタールが1位で、トルクメニスタン、ラトビア、イラクの順となり、韓国は57位だった。

 両数値を総合すると、韓国の順位は56位で、新興国の中国(8位)、ロシア(15位)、ブラジル(42位)など成長率が高い国だけでなく、台湾(51位)、メキシコ(53位)など発展状況が似ている国・地域よりも劣ることが分かった。

 問題は追い上げ速度が低下を続けている点だ。韓国は2002年の11位から09年には34位、11年には45位と順位を下げた。経済追撃研究所の李根(イ・グン)ソウル大経済学部教授は「韓国はもう先進国を追い上げる国とは言えず、他国に追い上げられることを心配すべき立場になった。中進国から先進国に飛躍する過程で停滞していることを反映している」と説明した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


まずは、経済追撃研究所って何???はじめて聞いたなぁ???

そして、「中進国」という言葉も初めて聞いた。韓国は先進国じゃないの???

昨年、「日本に追いついた」と発表してたのは、何だったのか???

今回、日本の記載がないのは、比べると悲しい結果が出るからか???

しかし、このデータは、順位のみをだしていて、現状分析とか今後の打開策とか、全く中身がないなぁ・・・

要するに、順位にしか関心がないというか・・・

正直なところ、順位を気にするより、自国の経済崩壊の危機を回避する方法について考えたほうが建設的だと思うんだが・・・







ラベル:経済 韓国
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。