2013年08月13日

アシアナ機着陸事故で被害者12人が損害賠償請求訴訟

アシアナ機着陸事故で被害者12人が損害賠償請求訴訟 | Joongang Ilbo | 中央日報
より引用
http://japanese.joins.com/article/938/174938.html?servcode=400§code=400

↓   ↓   ↓

米サンフランシスコの空港で起きたアシアナ航空機着陸事故の被害者12人が事故機のメーカーのボーイングとアシアナ航空を相手取り損害賠償請求訴訟を起こしたとカリフォルニアの現地紙「サンノゼマーキュリー」が9日に報道した。原告は訴状を通じ、ボーイングが2009年に自社製造機の墜落事故後に該当機種のB737型機に速度調節音声警報機能を追加しながら今回の事故機種であるB777型機には装着しなかった点が事故原因のひとつだと主張した。アシアナ航空に対しては、乗務員が非常時に90秒以内に乗客全員を避難させなければならない米連邦航空局(FAA)の規定に違反したと指摘した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


正直なところ、操縦ミスは無視なの???

という疑問もあるが、現段階では調査中ということで、まだ提訴できないのかと思われる。

しかし、ボーイングを訴えたのには少し意外な感じがする。

「B737型機に速度調節音声警報機能を追加しながら今回の事故機種であるB777型機には装着しなかった」

上記の主張は弱いと思う。

別にボーイングには、装着の義務があったとは思えないからだ。

それとは別に、アシアナ航空の方は、明確な規定違反なので、まず勝訴できると思う。

それにしても、事故原因が早く判明して欲しいものだ。

年内とか言っていたと思うが、時間がかかりすぎではないか???







posted by 日本に住んでる日本人 at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アシアナ航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。