2013年08月10日

『キラキラネーム狩り』開始か?テレビでも特集され酷い親と批判殺到!

『キラキラネーム狩り』開始か?テレビでも特集され酷い親と批判殺到!(秒刊サンデー) - IT - livedoor ニュース
より引用
http://news.livedoor.com/article/detail/7935155/

↓   ↓   ↓

日本テレビ系列NEWS ZEROで先日救命医がツイートして一躍話題となった「キラキラネーム」についての特集が放送された。それを受けてTwitterなどでは「キラキラネームをつける親は酷い」「子供がかわいそうだ」「キラキラネーム」を考えた人が一番DQNだなどと早速批判が寄せられている。やはり子供に名前をつけるのは自由だがその後の人生を考えると突拍子もないものは避けたほうがよいという意見が多く、救命医の発言を発端に魔女狩りならぬ「キラキラネーム狩り」が始まりそうだ。

―キラキラネームはやめて!と言う救命医

からあげ @karaage0703
@Ikuya_Ueta キラキラネームの是非をシステムの不備を根拠に論じるのは間違いだと思っているだけです。そもそも同姓同名の人がいたらしょっちゅう取り違えるように思えるのですが…

植田育也 Ikuya Ueta @Ikuya_Ueta
@karaage0703 「呟き」ですので振りかぶって論じようと言うわけではありませんのでご勘弁を。同姓同名問題はID番号、生年月日、現住所等の照合で何とか判別する様に留意していますが、緊急度が高まれば高まるほどスルーされる可能性は上がり,そこでミスが起きてしまいます。

7月30日に投稿された静岡県の救命医によるキラキラネームは「取り違えの危険性が増加する」発言。このツイートが波紋を呼び多くの批判が寄せられた。批判と言うのはキラキラネームへの批判ではなく救命医が「キラキラネーム」だからと言って簡単に取り違えを起こして良いものか?と言うものだ。しかし救命医は「もちろん取り違えは厳禁だがリスクが高い」と言う事を伝えたかったとのことで悪魔でキラキラネーム批判をしているわけではないようだ。

―NEWS ZEROでキラキラネーム特集

上記騒動は7日のNEWS ZEROで取り上げられ「キラキラネームをやめてほしい」と報道。番組を見た視聴者からはキラキラネームを批判するのは子供がかわいそうと言う意見もあったが、「キラキラネームをつける親の思考は理解できない・頭湧いてる」という意見がTwitter上で寄せられている。

更に実際にキラキラネームとして使われている例が投稿され始めた。

―キラキラネームの実例
・「みにい」と「まりい」
・真理唯で、まりいって読む
・キラキラネームは苺輪舞(まろん)です。
・お兄ちゃんがケンシロウで妹がユリア
・月花美人(キューティーハニー)←実在らしい
・「吾郎」で読みは、「ごろう」性別が、女。理由は親が稲垣吾郎のファンだから
・凸で“てとりす”とか、もはやなめてるでしょ。
・「礼」をぺこ
・有田芳生って最初のキラキラネームだよな。
・玖麗亜
・樹理亜ちゃん
・キラキラネームの始まりは「悪魔」だっけ。
・今日バイトでお客さんが 「クールクール」って子供呼んでて初めてキラキラネームを目の当たりにしてもう怖かった
・大也くん門土くん
・心響音
・芽以ちゃん


何処までがキラキラネームと言うべきなのかは明確には線引きできないが、それよりもキラキラネームが次第に『悪』と言うイメージが植え付けられていく風潮にも疑問を感じざるを得ない。

↑   ↑   ↑
引用終わり


大事なことは、子供は親の所有物ではないということ。

そして、名前は、子供の成長を願って夢を託して名づけるもの。

どうも、こういうことを理解していない親が増えているようですね。

あくまで個人的な感想ですが、普通が一番だと思いますよ。

そして、あまりにひどい名付け親は、将来、その子に養われなくても文句は言えないと思います。




posted by 日本に住んでる日本人 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。