2013年08月08日

中国の投資会社が詐欺?シャドーバンキングの商品で被害は10億円規模?

中国の投資会社が突然の営業停止 「影の銀行」商品扱う、投資者に不安 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130806/fnc13080617230010-n1.htm

↓   ↓   ↓

 6日付の中国紙、21世紀経済報道などによると、中国で問題化している「影の銀行(シャドーバンキング)」を代表する財テク商品「理財商品」を売る江蘇省の投資会社が7月下旬に突然、営業を停止した。集めたお金は少なくとも10億円規模になるといい、投資者らに不安が広がっている。

 営業を停止した投資会社は年利18%をうたう理財商品などを販売し、少なくとも約400人から約6千万元(約9億6千万円)を集めていたとみられる。金額が2億元に上るとの情報もあるという。投資者に返金するめどは立っていない。

 投資者はお金の運用先を知らされていなかった。営業停止の直前まで出資を募っていたといい、地元では「詐欺だ」との声も上がっている。地元警察が投資会社の代表を拘束して捜査を始めた。(共同)

↑   ↑   ↑
引用終わり


まあ、詐欺事件なんでしょう。

しかし、今回私が驚いたのは下記である。

投資者はお金の運用先を知らされていなかった。

・・・そんなものに400人も投資するのか???


このような事件は、これからもっと出てくるような気がしてなりませんね。







posted by 日本に住んでる日本人 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。