2013年08月06日

韓国、対日協力の清算強化 爵位受けた人の財産没収

韓国、対日協力の清算強化 爵位受けた人の財産没収 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130804/kor13080416310003-n1.htm

↓   ↓   ↓

 日本による朝鮮半島の植民地支配に協力した「親日派」が日本から受け取った財産を没収し国有化する法律をめぐり、韓国憲法裁判所は4日、日本から爵位を受けた人物に与えられた財産を没収対象にすることは合憲だとの判断を示した。聯合ニュースが伝えた。

 植民地支配への協力行為の清算を強化する動きといえる。

 韓国では2005年に成立した特別法で、爵位を得た人物が日本から受けた財産の没収については、1910年の日韓併合で日本に協力したかどうかを基準とした。しかし、2011年の法改正で、爵位を受けた全ての人を対象としたため、法改正前にさかのぼって罰する遡及立法に当たるとの指摘が出ていた。

 しかし憲法裁は、爵位を受ける行為自体が植民地支配への協力だとみなし、財産没収は遡及立法に当たらないと判断、改正特別法は合憲とした。(共同)

↑   ↑   ↑
引用終わり

韓国の憲法裁というところは馬鹿の集まりなのだろうか?

そう見ても遡及立法(事後法)としか思えない法律を認めている時点で、民主主義国家と言えない気はしているけどね。

だって、ある日突然法律ができて、過去のことで裁かれるなんて普通はありえないでしょ。

しかし、今回は明らかに変なところは下記だ。

憲法裁は、爵位を受ける行為自体が植民地支配への協力」ということだが、植民地支配で爵位を受けれるはずがないでしょ。

爵位を受けることができたのは、日韓併合の結果であり、植民地支配ではなかったことを表している。

つまりは、馬鹿丸出しということだ。

正しい歴史認識をしてこないからこういうことになる。

しかし、この法律は故人には及ぶのだろうか?

正確には、故人の子供にまで適用されるのだろうか??

韓国の朴槿惠大統領の父、朴正煕氏は、元日本軍将校なんだが・・・

朴槿惠大統領は財産没収されるのだろうか???







ラベル:韓国 財産没収
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。