2013年08月03日

従軍慰安婦像問題 「賛同」は虚偽 東大阪市が米グレンデール市に抗議 姉妹都市解消も

【米西部で慰安婦像設置】「賛同」は虚偽 東大阪市が米グレンデール市に抗議 姉妹都市解消も - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130802/amr13080207170002-n1.htm

↓   ↓   ↓

 米カリフォルニア州グレンデール市が慰安婦を象徴する少女像を設置した問題で、グ市のホームページ(HP)に姉妹都市の大阪府東大阪市が設置に賛同したかのような虚偽の記述があるとして、東大阪市がグ市に抗議文を送っていたことが1日、分かった。

 東大阪市の野田義和市長は「一方的な行為で、はなはだ遺憾」とし、グ市が適切な対応を取らない場合は姉妹都市提携の解消も視野に検討する考えを示した。

 像は現地の韓国系団体が主導し、7月30日に設置。費用約3万ドル(約295万円)は韓国系団体が負担した。しかしグ市のHPには像設置の背景として、姉妹都市が碑や記念物の設置に興味を寄せていると表明した▽維持費は姉妹都市により賄われることを保証する−などと記述されていた。

 東大阪市の職員が7月中旬にHPの記述を見つけ、野田市長名の抗議文を25日付でグ市長宛てに郵送した。

 抗議文には「このような意見表明をした事実はない」と修正を求めるとともに「像設置は市民の心証をいたく害しており、誠に遺憾」としている。

 像設置をめぐり、東大阪市には同月31日までの約1カ月間で124件の抗議が電話などで寄せられた。

 東大阪市は旧枚岡(ひらおか)市時代の昭和35年にグ市と姉妹都市提携を締結した。

↑   ↑   ↑
引用終わり

・・・グレンデール市の市長や職員は馬鹿なのか?

東大阪市の職員は、英語が読めないとでも思っていたのか??

捏造の従軍慰安婦の銅像に日本がお金を出すはずがないではないか???

市がお金を出すということは、税金を使うことであり、そのような取り決めがあったなら合意文書がなければおかしいのだが、まずそんなものは存在しないだろうな。

従軍慰安婦像の設置だけでも、姉妹都市解消には十分だと思うが、さらに追い打ちが来た格好である。

しかし、今回の卑怯な手口は、韓国李明博前大統領が、北朝鮮が核放棄したら日本が400億ドル出すと言ったのに似ている。(もちろん日本はそんな約束はしておらず、勝手に言っただけ)

グレンデール市は韓国人に占領されてしまったのか???

あきれてしまうが、今のところは、どのような謝罪文がくるのか待つとしよう。

【驚愕の事実】慰安婦像の費用を東大阪市が支払うことに! - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=4geAJpm6v8k








【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。