2013年08月01日

韓国 アン・ミンソク議員の競技での日章旗、旭日旗応援に対しての妄言・・・

ソース韓国語エキサイト翻訳
http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.newsis.com%2Far_detail%2Fview.html%3Far_id%3DNISX20130731_0012259718%26cID%3D10301%26pID%3D10300&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_chr=

↓   ↓   ↓

【ソウル=ニューシス】パク・テロ記者=民主党アン・ミンソク議員が31日韓日戦サッカー競技当時赤い悪魔の垂れ幕内容を問題にしている日本サッカー協会を狙って"理性を失った"と非難した

国会文化体育観光放送通信委員会所属であるアン議員はこの日午前CBSラジオ'キム・ヒョンジョンのニュースショー'と通話で"どうであれ大韓民国国民が見る時は蚕室(チャムシル)野原で旭日モデル期がひるがえったことは我が国情緒上容認することはできない"として"ところで日本サッカー協会が謝罪どころか比較になれない垂れ幕を提訴をするということは理性を失った瓜限処置"と話した。

アン議員は"たとえばナチ モデル期がヨーロッパサッカー場でひるがえったとすればこれはものすごい国家間の紛争の種になる想像できないことだ。 韓国と日本の競技で日章旗、旭日モデル期がひるがえること自体が有り得ないことというのに両国全部合意をしなければならない"と見解を明らかにした。

その一方でアン議員は赤い悪魔の垂れ幕と関連、"赤い悪魔のそのような垂れ幕や文面の場合、私たちも子弟(自制)をしなければならない"と頼んだ。

アン議員はまたチョンモンギュ大韓サッカー協会長の役割論を提起した。 彼は"チョンモンギュ サッカー協会長がこのような時役割をして両国間誤解を解くようにしなければならない。 直接立ち上がって謝る部分は謝ってしたことサッカーが今後互いに良く過ごそうという仲裁と和解努力をしなければならない"と忠告した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


ここで問題なのは、「韓国と日本の競技で日章旗、旭日モデル旗がひるがえること自体が有り得ないことというのに両国全部合意をしなければならない"と見解を明らかにした。」ということ。

アン・ミンソク議員は、スポーツの場に政治を持ち込まないということが、どうしても理解できないらしい。

日章旗は日本の国旗であり、旭日旗も世界的に使用が認められた日本の旗である。

そして、一緒にしてほしくないのだが、ナチスドイツの旗は、世界的に使用を認められていない。

国旗や世界的に使用することを認められた旗をスポーツの場で使用して応援することは、国際的に何も問題はない。

なんで韓国に配慮して、使用を控えなくてはならないのか???

韓国民の感情の問題というなら、韓国内で解決してほしいものだ。

また、国際的に日章旗や旭日旗を試用させたくないならば、国際司法裁判所にでも提訴して欲しいものだ。

第二次世界大戦のことを未だに国家間で引き合いに出すのは、中韓だけである。

いい加減にしてほしいものだ。







posted by 日本に住んでる日本人 at 02:44| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に そのとおり!!
韓国に配慮しても何もいいことがない。
Posted by qa at 2013年08月03日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。