2013年07月30日

北朝鮮の児童が米国嫌いを公言

北朝鮮の児童が米国嫌いを公言、休戦60年記念行事控え | ワールド | Reuters
より引用
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE96P06P20130726

↓   ↓   ↓

[25日 ロイター] - 朝鮮戦争休戦60周年の記念行事を27日に控える北朝鮮。多くの子どもたちが平壌市内の錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を訪れているが、そこでは米国への敵対心をむき出しにする子どもたちの姿があった。

錦繍山太陽宮殿には故金日成国家主席と故金正日総書記の遺体が安置されており、児童らを含め北朝鮮国民は両指導者に敬意を表すため同宮殿に足を運んでいる。

12歳のグループを引率していた教師、Ji Kyong-simさんは、朝鮮戦争後に生まれた米国に対する嫌悪感は、子どもたちの教育にとって重要な要素だと説明した。

児童のKim Tae-hunさんは、「我が国は、世界最強と豪語していた米国を倒した。それを考えると気分がいい」とコメント。同級生のSo Kyong-aさんは「戦争の歴史を学ぶことで、われわれの世代が抱く米国への憎しみを結束することができる」と話した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


・・・いつ北朝鮮が米国を倒したの???

朝鮮は、北も南も偏向教育バリバリですな。


しかし、北朝鮮は、こんな教育をしていて、米国対話?対米平和条約締結??

大いに矛盾してますし、無理でしょ、これじゃ・・・。








ラベル:北朝鮮 米国
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。