2013年07月29日

「社長が朝鮮名使用を強要」 在日韓国人が提訴・・・なんで???

朝日新聞デジタル:「社長が朝鮮名使用を強要」 在日韓国人が提訴 静岡 - 社会
より引用
http://www.asahi.com/national/update/0728/TKY201307270426.html

↓   ↓   ↓

 【上沢博之】勤務先で社長に在日韓国人であることを公表され、日本での通名ではなく本名を使うように繰り返し強要されたため、精神的苦痛を受けたとして、静岡県中部に住む40代の男性が、社長に慰謝料300万円を求める訴訟を静岡地裁に起こしたことがわかった。

 男性は韓国籍で日本で生まれ育ち、通名を使用。訴状によると、男性社長から昨年11月と今年1月、勤務先の事務所で「朝鮮名で名乗ったらどうだ」と言われ、「このままで結構です」と拒否。2月にも「これからの時代は朝鮮名で生きた方がいい」といったことを言われ、4月には多くの社員の前で「この人は在日韓国人だ」と明かされた。さらに5月、「朝鮮名で名乗るなら呼んでやるぞ」と言われたという。男性は再三、本名を名乗るよう強要され、屈辱と精神的苦痛を味わったと訴えている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「本名を名乗るよう強要され、屈辱と精神的苦痛を味わったと訴えている。」・・・これが分からん???

まず、現在、通名を名乗ることは在日に認められているので本名を強要されるのが嫌なら拒否はできるだろう。

もっとも犯罪が起きた時、マスコミがこの通名で報道するのは在日の犯罪の隠ぺいだと思うので反対だけどね。

そして、在日韓国人であることの公表については、差別されるという考えもあるとは思う。

ただ、私にとっては差別でなくて区別だけどね。外国人と日本人を区別することは悪い事とは思えない。


さて、前置きはこのくらいにして・・・

今回の問題は、「本名を名乗るよう強要され、屈辱と精神的苦痛を味わったと訴えている。」ということ。

本名を名乗りたくなくて、通名は在日の権利だとして、それが侵害されたというならば個人的には納得できないが、筋は通るような気がする。

しかし、本名を名乗ることで、屈辱と精神的苦痛を味わったというのは理解できない。

本名が変で嫌いなのか???

これが、帰化した人ならば、過去に触れないでということで納得もするんだけどね。

この裁判で、もし在日韓国人の方が勝訴したら、在日にとって、本名を名乗ることは屈辱と精神的苦痛を味わう行為となる。

つまり在日にとって、韓国名を名乗ることは、屈辱であると裁判所が認定することになる。


韓国人としてこれでいいの???

狂っているとしか思えないのだがどうだろう・・・???

また、この裁判で敗訴することになれば、在日は本名で呼ばれることを許容するべきということになる。

どうころんでも、在日にとって良いことはない気がする裁判ではないか???

ちなみに在日は下記のような裁判を起こしている。


神戸新聞NEXT|社会|労働の際、通名強要 在日男性の訴え30日判決
より引用
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201301/0005703880.shtml
↓   ↓   ↓

 大阪市内の工事現場で、本名(民族名)でなく通名で働くことを強要されたとして、尼崎市の在日コリアンの男性が、日雇い労働者として雇用した建設業者や元請けの大手ゼネコン、国などを相手に100万円の慰謝料を求めた訴訟の判決が30日、大阪地裁で言い渡される。男性は「本名がアイデンティティーを支えている。通名を強要される痛みを知ってほしい」と話す。被告側は「通名を押しつけていない」などと反論している。

 原告の男性は尼崎市の金稔万(キムインマン)さん(52)。訴えなどによると、金さんは2009年9月、日雇い先の大阪市の業者から電話を受け、以前本名で働いたことがある大阪・梅田のビル建て替え工事の仕事を紹介された。その際、業者の担当者は「今回は通名で」と、通名使用を求めた。

 金さんは「本名でいきたい」と話し、事務所を訪問。しかし、業者は、金さんのヘルメットに貼られた名前の「きむ」のシールをはがし、「かねうみ」に貼り替えたとされる。

 金さんは「通名使用を拒否すれば仕事ができなくなる」と不安に駆られ、この現場で約3カ月半、通名で働いたという。

 業者側は、通名の強要はないと反論し、「通名なら(手続き上)すぐ働ける」との打診に金さんが同意したと主張している。また、金さんは元請けのゼネコンに対しては監督責任などを問い、国には事実上通名を強制する人権侵害の救済策を怠ったと訴えている。

↑   ↑   ↑
引用終わり

ご覧のとおり、本名(民族名)でなく通名で働くことを強要されたとして裁判を起こしている。

静岡の裁判と全く逆である。

いったいどうしたいんだ在日は???

個々の事情をくみ取ってほしいというかもしれないが、また、本名と通名、どちらを使うのかは個人の自由というかもしれないが、裁判で争われているのは自由でなく本名か通名化の権利についてである。

そして、しっかり判例が残るわけだ。

個人の自由というならば、そういう裁判を起こしてほしいものだ。

もう、めんどくさいし、他の外国人には通名なんて許可してないし、通名なんていっそやめたらなんて思ってしまう。

なんか通名を強制されたとか言う人がいるようだけど、そんな事実は全くないからね。






ラベル:在日韓国人
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。