2013年07月28日

韓国 サッカー東アジアカップ日韓戦プラカードでの論戦・・・結局反日・・・

韓国語 エキサイト翻訳
http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fsports.chosun.com%2Fnews%2Futype.htm%3Fid%3D201307280100230290017758%26ServiceDate%3D20130727&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_chr=

↓   ↓   ↓

28日東アジアカップ韓日戦を控えて朝鮮王室文化財プラカード論議が加熱している。

アン・ミンソク民主党議員が28日韓日戦に赤い悪魔の朝鮮王室投球、鎧応援垂れ幕許容を促した。


アン議員は27日各言論に配布した報道資料を通じて"国家代表チーム サポータ赤い悪魔の韓日戦応援に現在日本東京国立博物館に所長(訴状,小腸)中である朝鮮王室投球・鎧の写真が入れられた垂れ幕を掲げる予定だったが大韓サッカー協会が全面禁止措置を取った。 今回の応援垂れ幕は海外に出ている私たちの文化財還収に対する赤い悪魔の意志と愛情を入れたのだ。 赤い悪魔はこれを政治的懸案だと考えなくて正当な文化財返還意志の表明で判断している。 今回の大韓サッカー協会の措置は独占的地位を利用した過度な介入"と主張した。

28日東アジアカップ ホン・ミョンボ号とチャケロニ日本の一本勝負を控えて両国間の緊張感が高まる中で、応援道具を囲んだ神経戦やはり熱くなっている。 韓日戦はいつも熱かった。 両国サッカー人の自尊心と鋭敏な民族感情の問題も後に従う。 主催側の立場ではスポーツ本来のフェアプレイとFIFA(国際サッカー連盟)ルール遵守が優先だ。 該当応援が政治的スローガンの掲載を禁止するFIFA規定に抵触すると見て禁止させるという立場だ。 過熱様相と予測可能な論議を未然に防止しようと、国民感情を刺激するセレモニーおよび応援に対して子弟(自制)を要求する雰囲気だ。 すでに去るロンドンオリンピックでパク・ジョンウの突発'独島(ドクト)セレモニー'によって一回苦労した政府やサッカー協会の立場でも用心深い。

アン議員は昨年国会で'日本の日章旗使用と競技場内搬入禁止のための対応要求決議案'を発議したことがある。 赤い悪魔にプラカード応援を提案した'文化財元に取り戻すこと'代表へムンスニムが推進中の'米国略奪'門庭王侯魚譜検索にも参加してきた。 日本軍国主義の象徴である日章旗使用に対する国内再諸規定が不備な中で、文化財垂れ幕搬入を制限することに強力な不満を提起している。 アン議員は"政治的意図とみるより文化財還収に対する赤い悪魔の意志および正当な要求"と主張している。 26日公開された朝鮮王室投球垂れ幕には'大韓民国の勝利を祈ります'という韓国語文面と'歴史を忘却する民族に未来はない'という日本語文面が入れられた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


常識的な国際感覚というものが欠如しているとしか思えない。

政治的懸案だと考えなくて正当な文化財返還意志の表明・・・

私の感覚では、「文化財返還意志の表明」は立派な政治的な行為だと思うのだが・・・

まして、政治的ではないとしても、国際間のスポーツ対戦会場で持ち出す内容では絶対にないと思うのだが・・・


そして、「歴史を忘却する民族に未来はない」という日本語文面・・・完全に政治発言だよなぁ・・・

だって朴大統領も言ってたよ。

もっとも、その言葉をそっくり韓国に進呈させていただきますけどね。







posted by 日本に住んでる日本人 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。