2013年07月27日

朝鮮戦争休戦60年:在日3世、願うワンコリアの妄言?に思う。

朝鮮戦争休戦60年:在日3世、願うワンコリア− 毎日jp(毎日新聞)
より引用
http://mainichi.jp/select/news/20130725k0000e040268000c.html

↓   ↓   ↓

 1950年に起きた朝鮮戦争は27日、休戦協定を結んで60年を迎える。北緯38度線を境に朝鮮民族は今も南北に分断され、形式上は戦争状態が続く。統一を願う音楽の集い「ワンコリアフェスティバル」を大阪で約30年間続けてきた鄭甲寿(チョン・カプス)さん(58)は「両国にも在日コリアンにも、分断は何の得にもなっていない。一刻も早く『終戦』を宣言し、和解と協力を進めてほしい」と願う。

 鄭さんは在日コリアン3世。祖父母が1920年代に大阪に来た。生まれたのは休戦翌年の1954年だ。分断は在日社会にも影を落とした。顔を合わすたびに、南北の立場に分かれていがみ合う大人たち。「なんで日本にいる僕らまでケンカせんとあかんねん」と腹立たしかった。

 日本による植民地支配、同じ民族が分かれて戦った朝鮮戦争、在日コリアンへの差別。大学時代、民族の歴史を学ぶうちに祖国統一への思いは強くなった。卒業後に始めたプラスチック加工業が軌道に乗った85年から、「ワンコリア」をテーマにしたフェスティバルを手がけた。日本で活躍する在日コリアンの歌手や舞踊団が出演する音楽祭だ。

 民団(在日本大韓民国民団)と朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)。在日コリアンの間でも南北の溝は深く、鄭さんが「文化でなら一緒に」と訴えても、当初は冷ややかな反応だった。だが、90年代になると、両組織が関わる合唱団などの共演が実現した。ハングルで「一つ」を意味する「ハナ」や「ワンコリア」。フェスで掲げた合言葉は急速に広がり、両組織がともに行動する機会はフェス以外でも増えた。

 毎年秋に開催してきたフェスは来年30回の節目を迎える。2000年6月の南北首脳会談をきっかけとした融和ムードは冷め、北朝鮮はミサイルの発射や核実験で孤立を深める。鄭さんは「南北分断のせいで韓国は無駄な国防費を支出し、若者は徴兵に行かざるを得ない。在日の権利の面でも、南北が一枚岩じゃないから地方参政権さえ得られない」と憤る。米ソ冷戦を背景に起きた朝鮮戦争は数百万人の犠牲を出した。「朝鮮半島は大国のはざまで悲劇の歴史を歩んできた。でも、もう二度と戦争したらあかん。いつまでもアジアの火薬庫じゃあかんのですよ」【遠藤孝康】

↑   ↑   ↑
引用終わり

さて、平和を願う切実な訴えに聞こえなくもないが、いろいろ間違っていると感じざるを得ない。

まず、前提として、朝鮮戦争休戦協定は、米国、中国、北朝鮮で行われたもので、韓国は入っていないということ。

これにより、北朝鮮は韓国との休戦を認めていないようだ。

そして、これはあくまで「休戦協定」であり、「平和条約」ではない。

ぶっちゃけて言えば、北朝鮮と韓国は、現在戦争継続中としか言えないということだ。

戦争状態なら、仲が悪くてもあたりまえではないか?

そして、在韓米軍は、2015年に引き上げるという話がある。

そうなると在日に兵役の義務を課すのでは?という、まことしやかな噂が出てきている。

現在の韓国と日本では、そんな話し合いはないし、日本国は在日について法律で地位を保証している。

しかし、韓国と日本で同意があれば、在日の地位はあっけなく変わる可能性はある。

もともと戦後強制的に韓国に帰国させようとして、韓国が断った経緯もある。

韓国から申し出があったら、日本としては断る理由もないと思う。


さて、在日コリアンへの差別というが、確かにないとは言えない。

でも、それは、在日コリアンによる犯罪が多い事が無関係ではないと思う。

また、韓国内の方が、在日韓国人に対する差別意識は強いと思う。


在日に地方参政権を与えないのは、南北朝鮮問題は関係ない。

日本は、日本人の国だから、参政権は日本人にだけ与えられるのは当たり前のことだと思う。



最期に、祖国統一がもしも達成できたとしたら、在日の皆様は、帰国されるのが筋だと思うのだが・・・

祖国統一を是非、帰国されて満喫して欲しいものです。







【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。