2013年07月25日

韓国政府、家具大手イケアに開城進出打診 投資リスク理由に断られる。

韓国政府、家具大手イケアに開城進出打診 投資リスク理由に断られる - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130724/kor13072413010005-n1.htm

↓   ↓   ↓

 韓国統一省の報道官は24日の記者会見で、韓国政府が昨年初め、スウェーデン家具大手イケアグループの韓国法人に、南北経済協力事業、開城工業団地への進出を打診していたことを明らかにした。イケア側は投資リスクなどを理由に断ったという。

 報道官によると、韓国政府は開城団地の開発初期から外国企業に投資環境などの説明を行っており、イケア以外の企業にも進出を打診した。外国企業を誘致することで、団地の運営を安定させる狙いだったとみられる。

 韓国紙、東亜日報が政府当局者の話として伝えたところによると、韓国政府は韓国や中国から資材を調達して団地で組み立てる構想を持ち掛けたが、イケア側は「北朝鮮にある開城団地は国際的基準が守られていない」と答えたという。(共同)

↑   ↑   ↑
引用終わり

まぁ当然のような気がします。

というか韓国は、やはり北朝鮮は同胞だと思っているんだろうなぁ・・・。

他国の北朝鮮に対する感覚とずれているような気がしてなりません。

そして、肝心の開城の状況というと・・・。


「開城」南北協議 5回目もまた物別れ - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130723/kor13072311010000-n1.htm

↓   ↓   ↓

 【ソウル=加藤達也】韓国と北朝鮮は22日、南北協力事業の開城(ケソン)工業団地の再開に向け、担当実務者による5回目の協議を行ったが合意できずに終了した。25日に次回協議を開く。

 南北は条件が整い次第、生産を再開する方針で一致しているが、韓国側はこの日、北朝鮮が一方的に稼働を中断したとして再発防止に向けた制度的な保証が必要だと改めて主張。これに対し北朝鮮は即時再開を求め、譲歩する姿勢を見せていない。

 韓国側はまた、北朝鮮が17日の前回協議で示した合意書案に対する修正案を提示した。これを受け、北朝鮮側もさらなる修正案を出したが、折り合えなかった。

 韓国の朴槿恵大統領は22日午前、大統領府での会議で、再発防止の保証については譲歩しない立場を再確認した。

 北朝鮮は朝鮮戦争の「戦勝記念日」と位置づける27日の休戦協定締結60周年に向け、大々的な祝賀行事を予定しており、再開を“成果”としたい半面、米韓に妥協的な態度も取りにくくなり、韓国には、協議は一層難しい局面に入るとの見方が出ている。

↑   ↑   ↑
引用終わり

まあこのように、北朝鮮との話し合いもまとまってない状態なわけですね。

よくイケアに開城進出打診なんてできたもんだと思う。

思うに、韓国は北朝鮮になめられているような気がしてならない。

北朝鮮は、今、外貨が欲しくて仕方がないと推測できる。

そこで、開城工業団地は、再開したくて仕方がないと思われるのだが・・・???

相変わらずの瀬戸際外交だと思えてならない。

しかし、こんな低落の韓国に拉致問題の解決なんて協力を求めてもあかんと思う。

そもそも拉致された韓国人を一人も救い出せていない国なんですからね。

中国に関しては、北朝鮮を操っているのは、中国軍部というのが公然の秘密のようなので、ますます当てにならないし、見返りに何を要求されれか考ええると怖くなってくる。

安倍首相が言う、日本が拉致問題を解決するという姿勢は、正しいと思わざるを得ない。







【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。