2013年07月19日

韓国アシアナ航空機事故の迷走・・・乗客ボーイング社を提訴・・・韓国犠牲の中国人3人の胸像を設立??

時事ドットコム:乗客、ボーイング社提訴=アシアナ機事故−米
より引用
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013071700235

↓   ↓   ↓

 【シカゴ時事】米サンフランシスコ国際空港で起きた韓国アシアナ航空機の着陸失敗事故で、同機に搭乗していた乗客83人が16日までに、同機の製造元の米航空機大手ボーイング社を相手取り、損害賠償を求める訴訟を米シカゴの裁判所に起こした。AFP通信などが伝えた。

 米運輸安全委員会(NTSB)は、事故機のボーイング777型機の自動速度維持装置(オートスロットル)に異常はなかったとの見解を明らかにしているが、原告側を代表する法律事務所は、オートスロットルの故障が原因で今回の事故が起きた可能性があると主張。緊急脱出用シューターの設計やシートベルトにも問題があったとみられると指摘した。

 同法律事務所は今後数日中に、アシアナ航空や複数の部品メーカーも提訴する方針。(2013/07/17-10:47)

↑   ↑   ↑
引用終わり

さて、まだ事故原因を調査中だというのに気の早いことである。
しかも、真っ先に「ボーイング」を訴える神経が分からない。
まるで、責任は貴重でなく、機体であると言わんばかりの行為であり、理解に苦しむ。

乗客83人による提訴と言うことで、発表では韓国人乗客は77人なはずだから、残りは客室乗務員か??
しかし、事故からそんなに日が経ってないのに集団提訴とは、誰がまとめ役なんだか・・・?
いずれにせよ韓国政府の意向が裏にありそうできな臭い感じがするんだよなぁ・・・。

なお、韓国の市民団体は、「アシアナ機事故で犠牲の中国人3人の胸像を設立し、中韓の友好関係発展を」市民団体が慰霊」なんてことで動いているようだ。
これは、韓国による報道であり、日本語での報道はない。

以下はその報道の内容である。


愛国国民運動大連合など市民団体は15日午前、ソウル鍾路区孝子洞の中国大使館前で記者会見を開き、アシアナ航空旅客機事故で死亡した中国女子学生を哀悼した。

彼らは記者会見で "同じ両親の気持ちで金枝玉葉のような娘を先に送った中国人たちの痛みをあまりにもよくわかる"とし、"花のような若さで不慮の事故でこの世を去った少女の切ない死で韓国の市民団体と国民も一緒に悲しんでいる "と追悼した。


これらは "空の事故であまりにも早く亡くなった中国の女の子たちの姿を常に心に刻みたい"としながら"アシアナ航空が学校に通っていた三人の女生徒の胸像を学校側と協議して立ててほしい"と提案した。


これらは引き続き "空の事故で痛みが大きいが、韓国人の慰労とアシアナ航空の積極的な収束努力に中国人が一日も早く悲しみを克服してほしい"とし、"韓国と中国の友好関係が一層身近で未来志向的に発展するきっかけになってほしい "と話した。


以上である。

こういうことは、事故原因が判明し、すっかり事故が収まってからするものではないかと思う。
賠償を受ける権利が被害者にはあり、その道筋も立てないままの行動は、フライングとしか思えない。
しかし、韓国人は銅像がすきだなぁ・・・。

ちなみに、私は、個人的にはこういう事故で死んだ場合、銅像なんて建てられても全く嬉しくない。
それよりも、残された家族に十分な補償をしてほしいと思う。
なにより、銅像を建てるお金があるにならば、被害者に渡してあげてほしいと考えてしまう。

とにかく迷走を続けるアシアナ航空機事故であるが、その原因は韓国にあるように思えてならない。
少し自重してほしいと思うのは、言い過ぎだろうか??







posted by 日本に住んでる日本人 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アシアナ航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。