2013年07月10日

政権交代は、在日の権利を増やしただけのまやかしではなかったか?

私は、自民党政権にある意味絶望していた時期がありました。
族議員や官僚が力を持った状態が、良くないと思ったのでした。

しかし、そこに付け込んだのが小沢一郎氏だった気がします。
当時は、自民党以外の政権ができたと喜んだ記憶がありますが期待はずれでした。

そして政局はおかしな方へ流れます。
なんと自民党、社会党、新郎さきがけによる連立政権です。
そして村山総理大臣が誕生しました。

さて、この政治が混迷している中でなにがあったか・・・
私には、在日や創価系を優遇がはじまったようにしか思えません。
村山談話も問題だと思います。
(こういうと批判されるんだよなぁ)

批判される方は、過去の歴史資料をだして反論してほしいですね。
たんなる証言の記録でなく、出典がはっきりしている一級の資料でお願いいたします。

ただ1点、私は村山元総理大臣を評価していることがあります。
阪神淡路脱震災の時に、初動が遅れたのは致命的なミスでした。
たしか、のんきにテレビ中継を見ていたような気がします。

ただ、その後、阪神淡路大震災発生3日後に小里貞利地震対策担当相を任命し、現地で陣頭指揮を執らせました。
個人的には村山首相は無能だったと思うのですが、おそらく彼はそれを自覚していたと思われます。
・・・少くなくとも、震災復興に関しては無能であることを自覚していたと思います。
だから、分かる人に丸投げして、お任せしたと思うのです。
そのおかげで、阪神淡路大震災から猛スピードで復興していくことができたと思います。
菅直人元総理とは全く違いますね。

私は、この点で、村山元首相をある意味尊敬しています。
そして、これに反して、菅直人元首相を軽蔑します。

さて、月日は流れて民主党政権・・・
私は、ばらまきで財源が不明確なマニュフェストが信用できずに自民党に投票しましたけど、
結果として、売国としかおもえないことをする政府ができてしましました。

いったい日本人のためになにを残してくれたのでしょうか?
在日や韓国、北朝鮮のためにがんばっていたように私には見えます。
名誉棄損と言われるかもしれませんが、個人的にはそうとしか考えられないのです。

一応、youtubeで公開されている動画を添付させていただきます。
これには続きがありますが、おいおい取り上げていこうと思います。
(動画にはリンクが7までありますので、時間が取れる方は最後までご覧ください。)

ブチギレしたくなる動画 1
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=CxIGOhFT4g8



なお、youtubeを見ると、国会答弁などもありますから、
いかに民主党がいい加減な政党であるかが良くわかると思いますよ。

これから、少しずつご紹介していきたいと思います。

長文駄文で申し訳ありません。
今後、スマートな文章が書けるように日々努力したいと思います。

PS.この国には、帰化人の政治家が多数いらっしゃいます。
帰化人ということを隠す行為自体は、私は問題とは思いません。
個人の自由だと思います。
ただ、帰化人であることを、もとは韓国人であることを隠して、
外国人参政権など在日のためにあるような法律の成立を訴えるのは、
卑怯な行為ではないかと思うだけです。

その政治家リストは、こちらです。
↓  ↓  ↓
帰化人国会議員一覧
http://kdgkkxmjfd4.seesaa.net/article/368670289.html



posted by 日本に住んでる日本人 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。