2013年10月22日

韓国 日本大使館の新築許可問題が議論される国政監査傍聴で日本大使館職員を追い出す暴挙

【コラム】日本の外交官を追い返す議員たち=韓国 | Joongang Ilbo | 中央日報
より引用
http://japanese.joins.com/article/310/177310.html

↓   ↓   ↓

象に乗りアルプスを超えたカルタゴの名将ハンニバルとローマの青年将軍スキピオは紀元前202年、北アフリカで正面から対決する。歴史に久しく残った「ザマの戦い」だ。戦いに先立ちハンニバルは斥候3人を送ったが全員捕えられる。スキピオは尋ねる。「任務は何か」と。死ぬ覚悟をした彼らは偵察だと堂々と答えた。これに対しスキピオは2日間ローマ軍の陣営すべてを見せた後に解放する。無事帰還した彼らはスキピオの言動をひとつひとつ報告した。黙々と聞いていたハンニバルは何か大きく感じたのか、まもなくローマに会談を提案する。しかし交渉は決裂し戦闘が広がる。結果は全てを見せたスキピオの勝利だった。

17日、ソウルの国立古宮博物館で開かれた国会教育文化体育観光委員会による文化財庁の国政監査では小さな騒ぎがあった。日本大使館の職員が傍聴に訪れたが与野党の合意で追い返されたのだ。この日の国政監査では日本大使館の新築許可問題が議論される可能性が大きく、これを参観しにきたのは明らかだった。教育文化体育観光委員会の辛鶴用(シン・ハクヨン)委員長の説明はこうだった。「日本大使館職員の傍聴は前例がないので与野党幹事間の協議により取り消した」。

前例のないことというのは表向きの理由だったが与野党は日本大使館新築問題と関連して偵察しに来たものと感じたのは間違いない。

景福宮(キョンボックン)の前にある日本大使館は1976年に建てられた建物が老朽化したとして昨年新築を推進したが許可を得られなかった。景福宮から100メートル以内にあり文化財庁の承認を得なくてはならないが昨年の審査で否決された。「景福宮の歴史文化環境を毀損する」というのがその理由だった。しかしこの決定は1年で覆され今年7月の再審議では通過した。文化財庁の翻意をめぐり日本の圧力説が乱舞するなどとても騒がしい。

ひとつ考えてみよう。外国大使館職員の国政監査傍聴は異例的で、あってはならないことなのか。日本大使館側は「これまで職員は何度も国政監査を傍聴してきた」と説明する。自分が知らなければ「前例のないこと」というのだ。常識的に考えてみよう。海外に派遣された外交官の仕事は何か。駐在国の議会の公開会議に行き議論内容を聴いて報告することほど当然で必要なことがあるのか。日本国内の韓国外交官たちも韓日間の敏感な事案であるほど躍起になって日本の国会に行き会議を傍聴する。このような韓国外交官が偵察者扱いされ門前払いされても良いのか。

国政監査会議は公開が原則だ。軍事機密など極度に敏感な事案を扱う場合には委員会の議決により別に決めることはできる。しかしこの時も公開か非公開かを決めるものであり、騒動を起こしたり危険人物でない限り特定人物の立ち入りを禁止させたということは聞いたことも見たこともない。文化財庁の国政監査で一般人に知られれば大変なことになる極秘事項でも議論されたのだろうか。

さらに情けないのは教育文化体育観光委員会の措置に何の実益もないということだ。韓日関係の悪化に押され日本の外交官を追い出してみても文化財庁の国政監査内容は1文字も違わずに国会のウェブサイトに掲載されることになっている。

しっかりとした国会なら日本大使館関係者を呼び彼らの意見も傾聴しなければならなかった。公正な判断をするには他の意見も聞くのが正しい。慰安婦、過去史など韓日間に問題が多いのは明らかだ。それでも建物の新築問題に反日感情を込めて対応するのはとても偏狭なのではないか。そして日本大使館職員が国政監査会場に座り新築不許可の立場も聞いてこそ韓国側の論理が日本に伝えられるのではないのか。あちらの話を聞くどころかこちらの論理まで遮断する愚を犯しているのだ。こうしながら韓日間の関係が疎遠になり大変だと騒いでみたところで全く無駄なことだ。得るものもなく不必要に日本の感情を刺激して何の実益があるのか。

たとえ日本の国会が韓国外交官をとんでもない理由で追い出したとしてもわれわれはそうしないようにしよう。落ち着いていて公平無私に対応し日本人の尊敬心を引き出すのが真の克日ではないだろうか。(中央SUNDAY第345号)

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国の中央日報にしてはまともなことを書いていると感心してたら、最後にやっぱり反日発言が来た。

事件に関してはコラムの内容どおりなので、加えて言うことはないが、最後でぼろが出た。


「たとえ日本の国会が韓国外交官をとんでもない理由で追い出したとしてもわれわれはそうしないようにしよう。」

そんなこと今までのしてないし、これからもするはずがない。日本は韓国とは違う。

なんの根拠もなく例え話をしないでほしいものだ。


あとは、これは訳者に問題がると思うのだが、「克日(こくにち)」なんてパソコンの辞書でも出てこない言葉を使わないでほしいものだ。

「日本に追いつき、追い越せ」の意味らしいです。




posted by 日本に住んでる日本人 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(韓国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国が世界から嫌われる理由

ブッチNEWS - 世界中で嫌われている? 韓国の世界の印象
より引用
http://bucchinews.com/society/3793.html

↓   ↓   ↓

 タイと韓国……個人的な人種差別でタイ人を入国拒否

 タイでは2002年頃、なんと「韓国に絶対行ってはいけない」と報道されたことがある。2010年のBBCの調査でも、世界で1番韓国が嫌いな国はタイとなっている。なぜ、これほど韓国に対するイメージが悪いかというと、実は年間万単位のタイ人が入国拒否や強制送還をされていたからだ。

 しかも、その理由は入国審査官による露骨なまでの人種差別。韓国に何度も旅行しているあるカップルが、いつものように韓国の入国審査を受けたところ「俺はタイ人が嫌いなんだ、今日は1人もタイ人は通さない」と入国拒否を言い渡されたとか。

 様々な考え方を持つ人がいるとは思うが、入国審査官のような公務員による個人的な人種差別はあまりないだろう。

 また韓国国内の政治会見においても、度々タイよりも韓国の方が先進国であるという言い回しをしており、タイからしたら怒るのも当然といったところだ。

 メキシコと韓国……「韓国は共存できない国」と報道

 ラテンで寛容的なメキシコの人々が激しく喧嘩をする絵はあまり想像できないが、そこをやってくれるのが韓国である。2001年頃メキシコの有力紙レフォルマ、またあるテレビ局の国民調査で「共存できない国」として報道されたことがある。

 韓国人がメキシコへ入国する場合、査証の取得が義務づけられているのだが、その査証は米国本土での申請が主流で、なおかつ受理にかなりの時間がかかる。そのため無査証でも入れるカナダ経由で航空便に乗ってくる韓国人が跡を絶たず、一部では「韓国人はマフィア」とも報道された。

 なぜ、そんなに嫌われるの?

 韓国が世界から嫌われる一番の理由は、各諸外国への経済支援額がほぼゼロであることである。ほとんどの国家は治安の維持と将来を見据えて、隣国とは仲良くウィンウィンの関係を築いていくものだが、こと韓国に関しては隣国と仲が良くない。元々同胞だった北朝鮮とは休戦中とはいえ戦争終結していないし、他の各国に対しても敵国意識をむき出しで、中国に対してもかつては強気に対応していた。最近は擦り寄りを見せつつも文化面では上から目線が続いている。一方日本に対しては近年経済支援どころか賠償請求や謝罪を求めてばかりである。

 またここ数年でウォンが急激な暴落ぶりを見せており、仮に他国への支援をしたところで、諸外国としても「暴落したウォンをいくら貰っても…」と困るのが本音。

 お互いのメリットを求めて行なう外交。資産的価値が低いのはかなり致命的なデメリットなのかもしれない。

↑   ↑   ↑
引用終わり


タイ人に対する入国審査官による露骨なまでの人種差別は初めて知った。

韓国人は、日本を含めアジア人と黒人を見下す傾向があることは知っていた。

何の根拠もなく、自分たちは白人の次にえらいと思っているときいた。

これでは、世界から孤立するのも当たり前だと言えよう。


メキシコの事例も初めて聞いた。

入国管理官も大変だと思う。


経済支援額がほぼゼロというのも初耳だ。

義援金を値切ったことは知っているが・・・


「スマトラ沖地震義援金」で、韓国政府は一度は500万ドルと発表したが、日本が世界最大規模の5億ドルの支援を決定すると、韓国は日本への対抗意識と見栄で救援金を5000万ドルに値上げすると発表した。

半年後、日本は約束を守り、日本にとっても大金である5億ドルをきっちり全額支払った。

しかし韓国は、わずか295万ドルしか払わず、しかも5000万ドルだった支払い「予定額」も610万ドルに減額して逃げた。(残金を支払ったかは不明)

要は、地震被害者のことなど考えておらず、注目が集まるときに大々的に世界に発表をして、ほとぼりがさめると、こっそりと大幅減額をし発表をしないという姑息で卑怯な行動である。

さらに、東日本大震災でも韓国は卑劣な本性を露わにする。

報道によると、ソウルの市職員が集めた震災募金のうち70%は“独島守護活動”団体に、10%は“戦争性被害者(元従軍慰安婦)”団体に寄付先が変更されたという。

失礼ながら中国でさえ、尖閣問題など言い出さず、災害援助金を出しているのである。

韓国には、理不尽な災害にあったものへ、無条件で援助をするという気持ちが全くないということは、これらのことから知っていた。


中国の経済支援金に関しては、日本が中国にODAとして支援したお金が流用されているので、中国のODAはやめるべきだと思っている。

しかし、韓国は、都合の悪い時には後進国になるが、G20を構成する国の一つでもある。

しかし、現在またまた経済崩壊寸前だから、期待するだけ無理であろう。

そして、韓国を嫌う国が増えている現在では、経済崩壊してしまったら、復興を助けてくれる国も皆無で、日韓併合前の土人の生活に戻る可能性もあると思う。

主要韓国企業の株主は、アメリカ人が多数を占めているので、韓国は経済的にアメリカの植民地状態であるから、アメリカが助けるのが筋であるが、韓国人を信用できないと思い始めている感じがする。

ただ、日本が韓国を助けることは、いくら親韓の政治家が力説しても世論が許さないと思う。


ラベル:韓国 嫌韓
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 反韓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大リーグレッドソックスの上原浩治投手がア・リーグ優勝決定シリーズでMVPの快挙!

上原爆笑MVP 投球とトークでハートわしづかみ ― スポニチ Sponichi Annex 野球
より引用
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/21/kiji/K20131021006850740.html

↓   ↓   ↓

 レッドソックスの上原浩治投手(38)が19日(日本時間20日)、ア・リーグ優勝決定シリーズ第6戦に5―2の9回から登板。1回1安打無失点で3セーブ目を挙げ、チームを07年以来6年ぶりのリーグ優勝に導いた。上原は5試合に登板し1勝3セーブ、防御率0・00で、同シリーズMVPを受賞。日本人によるポストシーズンでのMVPは、09年ワールドシリーズの松井秀喜以来2人目となった。

 思いの丈を吐き出すと、3万8000人が噴き出した。お立ち台。MVPの上原が重圧について問われたときだった。「正直、吐きそうでした(I almost threw up)」。はにかみながら発した守護神のコメントが、意外にも地元ファンの爆笑を誘った。上原は7歳の長男・一真(かずま)くんを壇上に上げると、何度も頭をさすって喜びを分かち合った。祝勝ムードに沸くフェンウェイ・パークが上原劇場となった。

 MVPらしく、この日も主役の座を譲らなかった。出番は3点差で迎えた9回。先頭アビラを3球三振に取ると、場内の大合唱は「コージ」から「MVP!」に変わった。2死から遊撃内野安打を許したものの、最後はイグレシアスを空振り三振で仕留める。11球全てストライク。右人さし指で天を指し駆け寄ってきた捕手に体を預けた。

 「今の気持ちは最高としか言いようがない。(MVPコールは)凄くうれしい」

 自らを形容する言葉「雑草魂」にふさわしい1年だった。1年425万ドル(約4億1700万円)で契約し開幕は7、8回を担当。だが、6月21日に抑えに指名されると、以降は49試合登板で防御率は0・51と大活躍。日本投手最長の27試合連続無失点、メジャー記録に迫る37打者連続アウトもマークするなどチームに不可欠な存在になった。

 短期決戦のプレーオフでは回またぎでの起用も命じられる。今ポストシーズンでも3度経験。登板は8試合に及んだ。疲労は限界に達しているが、フアン・ニエベス投手コーチは「試合前は行けると言っていたが、つらそうだった。気力の投球だった」と精神力を称えた。上原は体のケアに人一倍時間を費やすが、登板後はすぐさまTシャツ、短パン姿になりウエートトレーニングなどを欠かさない。翌日に疲れを残さないための調整法で、時には全員が球場を離れても黙々と続けることがある。ジョン・ファレル監督も「試合後の調整はすさまじい。だからこそ長丁場で活躍できる」と評価した。

 ワールドシリーズはレンジャーズ時代の11年に、不振で出場登録を外された苦い思い出がある。相手はその時と同じカージナルス。「アクセル踏みっぱなしでやる」。トロフィーを掲げた表情に迷いはなかった。

 ≪救援MVPは3人目≫80年に制定されたア・リーグ優勝決定シリーズで救援投手がMVPを獲得するのは史上3人目。88年アスレチックスのデニス・エカーズリーはレッドソックス相手に4連投で4セーブ。03年ヤンキースのリベラはレッドソックス相手に4試合を投げ1勝2セーブを挙げた。

 ≪リーグ優勝決定戦日本人MVPは初≫日本選手によるポストシーズンのMVPは、09年ヤンキースの松井秀喜がフィリーズとのワールドシリーズで獲得して以来。リーグ優勝決定シリーズでは上原が初めての受賞となった。

↑   ↑ 
 ↑
引用終わり


素直に祝福したい、おめでとう!

なぜ上原投手は大リーグで評価されるのか?ストレートは140km台しか投げれないのになぜ抑えられるか?

少し疑問だったころに調べたら、下記の動画に回答があった。

キーワードはフォークボールである。


上原浩治 メジャーで評価される理由 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=qWO8yF6k7Ks




蛇足ながら、フジテレビの醜態も掲載しておく。


フジテレビがテロップで「I don't no」と流し放送事故 ネット騒然 フジテレビはハングル以外はよく知らないらしいとの声も - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=RqkC1u_Xsh0




posted by 日本に住んでる日本人 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「慰安婦=性奴隷」のウソに終止符を!なでしこアクション代表山本優美子インタビュー

BLOGOS(ブロゴス)- 意見をつなぐ。日本が変わる。 「慰安婦=性奴隷」のウソに終止符を!なでしこアクション代表山本優美子インタビュー
より引用
http://blogos.com/article/71922/?axis=&p=1
http://blogos.com/article/71922/?axis=&p=2

↓   ↓   ↓

 今、慰安婦像が次々とアメリカ国内で設置されている。その報道を知り、反対運動に立ち上がった女性グループがいた。

 ―なでしこアクションとは

 なでしこアクションは「慰安婦=性奴隷」のウソに終止符を≠スローガンに、インターネット上で集まった有志たちで構成されています。その活動はネット上とリアルを問いません。街頭活動や集会も主催しましたが、最近はインターネットが主な活動の場所です。未だ顔を知らない協力者も多く存在します。

 また、私たちは特定の政治団体や宗教につながっておらず、会員制などでもありません。パソコンをお持ちの方ならばどなたでも参加することができますので、ご協力をいただける方は是非参加していただければと思います。

http://nadesiko-action.org/

ref_l.jpg

 ―男性の慰安婦批判はいじめ

 現在、自分たちが被害者であると主張するおばあさんを中心に「慰安婦は日本兵に強制連行された」という間違った歴史認識を持っている団体が数多く存在します。とても厄介な団体ですが、今まではその団体に対して、主に男性で構成される保守層の方々が反論をしてくれていました。

 ところがある日、私たちは、世間の人にとって保守層の男性が反論をしている光景は「過去にひどいことをされたおばあさんたちが、また男に虐められている...」と見えているということを知りました。このままでいけないと考えた私たちは「ならば同性である私たち女性が立ち上がれば、そのような構図はできあがらないのではないか」と思い、団体を設立させました。

 慰安婦像設置までの流れですが、普通は、決議にかけられ、それが通ることで設置となるというのが普通のあり方です。しかし、あらかじめ設置されることが決まっており、そこから決議にかけられたのではないか、ということがありました。

 それが先のグレンデール市における慰安婦像設置です。

 ―マスコミが報道しないグレンデール市の慰安婦像設置の真実

 まずこのグレンデール市は2012年の7月日に韓国慰安婦記念日宣言をし、コリアンコンフォートウーマンメモリアルデーを定めました。アメリカという国の一部であるはずの市がこんなことを行うこと自体がおかしな話です。

 また、この宣言にあたっての大きな要因の1つが当時の市長を務めていたクインテロ氏が韓国側に完全に取り込まれていることにあります。

 クインテロ氏は2013年の4月までの任期でしたが、その任期が終わるとすぐに韓国へ(建前上では)視察に行っています。その訪問先も、「自分は強制連行された慰安婦」だと名乗る韓国人女性が共同生活をおくっているナヌムの家や、ソウルの慰安婦博物館、さらには日本大使館前に設置された慰安婦像との記念撮影など、韓国によって間違った知識が植え付けられていることがよくわかります。

 それから約3ヶ月後の2013年7月9日。慰安婦像設置の最終公聴会議が行われました。実はその時、日本人は初めて表に出て堂々と反対意見を述べたのです。

 約100名収容の会議室は満席となりロビーまで人が溢れました。発言は日本系名、韓国系7名。韓国側は今まで大人しかった日本人が立ち上がったことに驚いたはずです。

 結果はご存知の通り「設置」という形になってしまいました。ですが、最終決議からわずか日ほどの7月30日にブロンズ像を設置することができるのでしょうか。 

 あくまで推測ではあるのですが、反対意見が多数を占めていたにも関わらず、それを無視した決議や、像の制作、韓国からアメリカまでの輸送にかかった時間諸々を考えると、これは明らかに出来レースだったと思います。

 ―虐殺されたアルメニア系の民族

 今回のグレンデール市における慰安婦像設置の裏には韓国による「被害者への同情意識を誘う」工作がありました。先ほどあげたクインテロ市長への吹聴もそうですが、韓国はグレンデール市の人口の3割~4割を占めているアルメニア系の人々を扇動していました。

 このアルメニア系の人々は、トルコ人によって自分たちの民族を大量虐殺されたという歴史をもっており、戦争被害者への同情心がものすごく高いのです。現にアメリカ国内でも「トルコ人によるアルメニア系民族大量虐殺記念碑」というのも数多く存在します。

 ですので、韓国はこの被害者への同情心の高さを巧みに利用し、市民を扇動しました。しかも、5名の市議会議員で構成されるグレンデール市議会のうち2名がアルメニア系でしたので、その議員たちは被害者への同情心を強く煽られ、韓国の味方に立ってしまいます。

 そのため、当時市長であったクインテロ氏と、アルメニア系議員は韓国に洗脳され、すでに5人中3人は韓国側についているという状況での決議となってしまったのです。

 ―ブエナパーク市のアートブラウン市議会議員のような正しい歴史認識を

 グレンデール市の近くにあるブエナパーク市では7月23日の市議会にて市議会議員であるアートブラウン氏が「慰安婦問題の提起自体には妥当性を認めるが、少女像設置は判断の時間がさらに必要だ」と発表しました。すぐ近くのグレンデール市で慰安婦像の設置が決まり、その嫌な流れが浸透してしまうかと思った矢先でのアートブラウン氏のこの発言は、実はアートブラウン氏が正しい歴史認識をしてくれたからなのです。

 ブエナパーク市の市議会議員の中にオー(OH)さんという韓国系の議員がいます。この人が、今回のグレンデール市の決議を受け、ブエナパーク市でもこれを大きく取り上げるべきだと議会に持ち込みました

 この公聴会ではオーさんをはじめ、韓国系市民たちが、如何に韓国は被害を受けたか、慰安婦はどれだけ苦労したかと、先ほども述べたような同情心をくすぐるような発言をします。

 そんな中、公聴会に参加していた日本人が「それは間違っている」と立ち上がり意見を述べました。そして、別の白人男性も「戦争には様々な被害者がいる。それなのに慰安婦だけを取り上げ、像を設置するなんておかしい」と主張したのです。

 この公聴会を聞いたアートブラウン氏は「私はこの慰安婦問題よく知らないので、自分なりに調べたい」と発言しました。

 それから約1ヶ月後の8月27日、アートブラウン氏は「私なりに今回の問題を調べましたところ、私は慰安婦像設置に対して支持をしないということを表明します」と決断したのです。

 実のところ、もともと公聴会の段階で市議会は慰安婦像に関しては支持しない方針だったのですが、アートブラウン氏の発言によって、もうひと押しされ、改めて設置が中止となりました。

 この件に関して、私たちなでしこアクションも抗議のメールをたくさん送りました。それが響いてくれたのかなとも信じていますが、諸外国の方が正しい歴史認識を持ってくれたことをただただ喜んでいます。

 ―慰安婦像設置対象市と姉妹都市

 今回、慰安婦像が設置されたグレンデール市ですが、大阪府の東大阪市と姉妹都市関係にあります。

 この慰安婦像設置に関して東大阪市は現地にて「賛同した」と報道されました。さらに、その慰安婦像の維持費は姉妹都市の1つである東大阪市も協力していくということになっています。

 しかし、これはまったくのウソです。むしろ東大阪市はそれに対して怒りをあらわにし、グレンデール市に対して「適切な対応をしない場合、姉妹都市関係を解消する」と、抗議をしています。

 そして現在、慰安婦像が設置されかねない「ミルピタス市」と「アーバイン市」ですが、両方とも茨城県つくば市が姉妹都市です。東大阪市のようなことがないように、つくば市に教えてあげないといません。

 ―日本政府の対応を望む人々

 私たちは何から何まで「韓国反対!」というわけではありません。何故私たちが抗議をしているかと言うと、正しい歴史をねじ曲げ、韓国にとって都合の良い事を捏造し、あまつさえそれを本当の歴史として世界に浸透させようとしていることが許せないからです。私たちの最終目標は「正しい歴史認識を持ってもらうこと」に尽きます。

 しかし、これはあくまで最終目標です。それにむかって突き進む前に、真っ先に実現してほしいことがあります。

 それは「日本政府がきちんと対応してくれること」です。現在、従軍慰安婦関係は国際的にもナイーブな問題だとは思います。そのために政府はなかなか積極的な言動を行いま せん。

 政府が行動してくれないと、私たちがどれだけ抗議をし、どれだけ活動をしても、アメリカという国単位から見れば「ちっぽけな集団が尖ったことを言っているぞ。日本は国として何も言ってないし、あいつらは無視しよう」ということになってしまいます。

 今回のグレンデール市の設置に関しても日本領事館は慰安婦関連なので「政治・外交問題にしない」を貫いてしまいました。「反対しない=容認」と取られてしまいますので、私たちがどれだけ反対を唱えても、活動が無意味になってしまいます。

 また、日本政府が動くことにより、多くの日本人は自信を持って正しい歴史認識を世界に主張することができます。

 韓国政府はウソの歴史を発言し、韓国人もそれにならって自信満々に世界へと語っています。

 それに比べて、正しい歴史を知る日本が正しい主張をすることに何の落ち度があるというのでしょうか。繰り返しになりますが、「政府がしっかり行動し、世界に対して正しい歴史認識を発言し、国民の後押しをする」ことこそが、私たちなでしこアクションが現在望むことです。

 最後に、この場を借りまして、実際に会った方や、協力をしてくれているお顔も見ぬ皆様に感謝を伝えたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。

↑   ↑   ↑
引用終わり


日本政府は、このような民間の活動を無駄にすることなく、協力して、日本の正しい歴史を世界に発信してほしいと思う。

捏造の従軍慰安婦問題が米国で拡散されることで、米国在住の日本人の尊厳が貶められています。

私は、なでしこアクションの活動を全面的に支持します。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国で「慰安婦操作を正そう」という請願運動が広がっている件

韓国日報:[特派員コラム/ 10月21日]日本が米国からうまく行く理由
より引用(韓国語)
http://news.hankooki.com/lpage/opinion/201310/h2013102021022184900.htm

↓   ↓   ↓

米国の進歩指向市民団体ムーブオンはバラク・オバマ政権誕生の一等功労者だ。保守有権者団体ティー・パーティーに対比されるこの市民運動サイトで最近、突然「慰安婦操作を正そう」という請願運動が広がっている。請願文は韓国が主張する慰安婦強制募集の証拠はなく、韓国の家族は金を受け取って慰安婦を売ったと主張する。

19日まで1万8,000人以上が署名しているが、署名者の大部分は日本に居住することが明らかになり、組織的な「アグリー・ジャップ(みにくい日本人)」の請願運動であることは間違いないと見られる。彼らは請願署名がある程度集まれば、記者会見の様な他の世論化作業を行うと予想される。

日本人たちはニューヨークから始まり、建設運動が活発に展開している慰安婦キリム碑の撤去を要求するホワイトハウス請願を最近行った。安倍政権が登場した後、一層活発に行うアグリー・ジャップは日本にとって邪魔なマイケル・ホンダ連邦下院議員までターゲットとしている。ホンダ議員は日系ながらも2007年、下院の慰安婦決議案通過を主導した。今年6月にはオバマ大統領に日本の性的奴隷蛮行を公論化するよう求めた書信を送った。

だが、アグリー・ジャップが組織的に落選運動をしてホンダ議員は党内選挙戦通過さえ危うかった。来年11月の中間選挙が終わればホンダ議員の活躍をこれ以上見られない可能性もある。米国でなされるこういう事に韓国が公開的に立場を示すことは難しい。ホンダ議員だけでも韓国外交当局がいろいろ彼の困難を把握しているというが、それでも米国政治に介入する名分はない。

だが、米国で流れる雰囲気を見れば正直な対応だけが正解か疑問に感じる。攻勢的な日本のロビーの中で韓国と日本の利害と意見がぶつかる問題で米国の反応が大きく変わったからだ。この頃のワシントンのシンクタンクは米日関係の予想行事を相次いで開催し、日本に寛大な態度を繰り返し見せている。日系資金が必要ないところが殆どないことを見れば、十分予想されたことでもある。

しかし、保守指向シンクタンクは韓日関係が悪化することで韓国に強い失望を示す。小泉純一郎元総理が2001年、靖国神社を訪問して2カ月ぶりに韓国と首脳会談をしたことを勘案すれば、安倍総理が最近、首脳会談を提案したのは誤りではないというふうだ。日本が提案した韓日首脳会談開催を韓国が反対することが、この様な前例から外れるというニュアンスだ。

こういう雰囲気のためにワシントン外交筋では韓日関係で日本を非難することがダブー視されている。ある当局者は米国の人々に会って日本が問題と話せば、心を閉ざしてそれ以上話が進展しないという。米国の人々の頭には韓国が日本のせいばかりにする'ボックス'から抜け出せないから韓日関係はうまくいくわけがない、という考えが固まっている。

日本には好意的なワシントンの反応が、あいにく韓国には疲労感を見せる。先週、韓米両国元官僚が非公開で会って率直な意見を交わす席では「コリア・アイデンティティ」が論議になった。有利な時は世界15位の経済規模に合う待遇を要求する韓国と、不利なときはまだ弱小国として手を差し出す韓国。この二種類のどちらが本当の韓国かと米国側の人々が訊ねた。韓国が原子力協定改正交渉では他国と同等な待遇を望み、防衛費分担金交渉や戦時作戦権返還の再延期要求時は弱小国の論理を展開するということだ。

アイデンティティを見せろということは韓国も実利だけ得ようとせずに今は金を使えとの注文だ。この話を改めてみれば、この頃、日本がワシントンで上手く行ってアグリー・ジャップまで闊歩する理由が分かるようだ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


まずは、「アグリー・ジャップ(みにくい日本人)」はどう考えても差別発言です。韓国の新聞の良識を疑います。

マイケル・ホンダ連邦下院議員については、韓国の利益ばかりで、アメリカのための活動が皆無なのだから、落選しても当然だと思う。

「「慰安婦操作を正そう」という請願運動が広がっている。請願文は韓国が主張する慰安婦強制募集の証拠はなく、韓国の家族は金を受け取って慰安婦を売ったと主張する。」

韓国の捏造でなりふり構わないロビー活動に対して、日本の真っ当なロビー活動が成果を上げてきたというだけのこと。

韓国の主張には、客観的な証拠が皆無だし、日本がしっかりと証拠を出して主張すればこうなる。

また、日韓で仲良くと言うアメリカの要請に対して、韓国が日本の悪口ばかり話て応じなかったことも大きいでしょうね。


「ワシントン外交筋では韓日関係で日本を非難することがダブー視されている」

「韓国が日本のせいばかりにする'ボックス'から抜け出せない」

「韓国が原子力協定改正交渉では国と同等な待遇を望み、防衛費分担金交渉や戦時作戦権返還の再延期要求時は弱小国の論理を展開する」

アメリカは正論しか述べていないのだが、韓国は「金を使えと注文されている」と意思疎通ができていないのが問題だと思う。

韓日関係で日本を非難することがタブー視されるのは、もう聞き飽きたからに他ならない。


また、アメリカとしては、第二次世界大戦での問題には目を背けたい部分もあると思う。

未来志向で行こうというのは、基本的に全世界で共通の認識だが、中韓と北朝鮮だけは過去のことを捏造してまで主張する。

反日政策を続ける限り、韓国はアメリカに相手にされないであろう。

しかし、油断は禁物で、アメリカ政府が韓国を嫌っていても、大量の移民を受け入れている州や市は、その意見を無視できないのが現状のようだ。

日本は、対抗手段しかできないが、地元の日本人と連携して、韓国による捏造の歴史の拡散の防止をしなくてはいけないね。

posted by 日本に住んでる日本人 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の次期海上作戦ヘリ 装備品を詰め込み過ぎて38分しか飛べない事が判明

韓国の次期海上作戦ヘリ、想定飛行距離を飛べない可能性が浮上―中国メディア|中国情報の日本語メディア―XINHUA.JP - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。
より引用
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/363023/

↓   ↓   ↓

対潜水艦作戦などのため韓国海軍が艦艇に搭載する英国製の次期海上作戦ヘリ、AW159(ワイルドキャット)の作戦可能時間が、38分間にも満たないことが分かった。中国網が伝えた。

国会国防委員会の白軍奇議員(民主党)が防衛事業庁から入手した資料によれば、重量6000キログラムのワイルドキャットが装備可能な重さは1607キロ。しかし潜水艦を探知するディッピングソナーと魚雷2つを搭載し、乗務員3人が乗ってその他の機器を積めば、燃料は253キロ分しか積めない。こうしたことから計算すると、作戦可能な時間は最大でも38分間となる。最高速度の時速265キロメートルで飛行しても、移動できる距離は83キロメートルのみだ。海軍の作戦は飛行距離を92.6キロと想定している。

白議員は「ワイルドキャットを対潜水艦作戦で使用するのは韓国だけだ」と指摘した。韓国軍は6000億ウォン(約550億円)を投じて2015年から16年にワイドキャット8機を導入する計画。米国製のMH−60R(シーホーク)と競り合ったが、シーホークは高価すぎるとしてワイドキャットが選ばれた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


潜水艦を探知するディッピングソナーと魚雷2つを搭載することが、対北朝鮮で意味があるとは思えない。

これは対日本を考えての装備としか思えないが、38分しか飛べないヘリでは、潜水艦を感知して魚雷を発射して無事帰還可能か怪しいものだ。

使い方を間違えてるとしか思えない。

米国製のMH−60R(シーホーク)が高すぎるから英国製のAW159(ワイルドキャット)に決まったようだが、アメリカは韓国を信用していない気がするね。

わざと売らないで、軍事情報が漏れるのを防止している感じがする。

しかし、韓国軍は、国家予算を浪費して、馬鹿みたいに失笑を買うのがうますぎると思う。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国人観光客はホテルの備品を片っ端から持ち帰る、壁に飾られた絵画まで

中国人観光客はホテルの備品を片っ端から持ち帰る、壁に飾られた絵画まで―香港メディア|中国情報の日本語メディア―XINHUA.JP - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。
より引用
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/362998/
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/362998/2/

↓   ↓   ↓

ホテルに宿泊した際に備え付けのアメニティグッズを持ち帰った経験がある人は多いだろう。宿泊予約サイト「ホテルズドットコム」の調査によると、この“お持ち帰り”の基準は各国で異なる。中国人観光客は客室内のライトや時計、壁に飾られた絵画まで持ち帰ってしまうという。18日付で参考消息(電子版)が伝えた。

17日付香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は、中国本土客の恐るべき思考回路を紹介する。ホテルにチェックインしたが最後、客室内のものはすべて「自分のもの」。テレビのスクリーンなど何かが壊れれば、それはホテル側の負担で修理してもらえるものだと思っている。

動かせるものは何でも持ち帰ってしまう。中国本土客が帰った後は部屋中の何もかもがなくなっているというのは日常茶飯事だ。そのため、苦肉の策として部屋の中に各備品の料金を記した案内を張り出している。こうすれば、ドライヤーもバスローブも持ち帰るには料金が発生するということを理解してもらえる。

ホテルズドットコムの調査によると、アジアで最も誠実なのは香港の観光客で、「ホテルの備品を盗んだことがない」の少なさで世界第4位。78%が「盗んだことがない」と答えた台湾の観光客が8位だった。だが、中国本土客だけは例外で、34%が「ライトや時計、絵画など“大物”を持ち帰ったことがある」と答え、23位だった。

↑   ↑   ↑
引用終わり


今はどうだか知らないが、日本でも田舎からの観光客は、備品の持ち帰りがあったと思う。

しかし、飾られた絵画とか、ドライヤーとかは聞いたことがない。せいぜいホテルのバスロープぐらいなものか?

この論理で行くと、中国人は日本の田舎者以上ということになるね。

要するに恥の概念がないということだと思う。

民度が低いのは当然として、宿泊した部屋の備品は自分のものという間違った認識があることは間違いないでしょう。

よって、備品を全て回収しておくことが一番有効だと思う。

値札をつけてどれだけ効果があるのかが気になるところではある。


ラベル:中国 観光客
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

韓国、ソウル地下鉄が性犯罪の温床に、1日平均3件、犯罪全体の半数以上占める

韓国、ソウル地下鉄が性犯罪の温床に、1日平均3件、犯罪全体の半数以上占める―中国メディア|中国情報の日本語メディア―XINHUA.JP - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。
より引用
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/363009/

↓   ↓   ↓

韓国紙・亜洲経済によると、韓国ソウルの地下鉄が性犯罪の温床になっていることが、ソウル地方警察庁が公開した過去3年間の統計で明らかになった。18日付で人民網が伝えた。

2010年〜2013年8月のソウル地下鉄(1〜8号線)における犯罪状況に関する統計によると、計6725件の犯罪件数のうち、性犯罪は57%にあたる3864件に上った。性犯罪の犯罪頻度は1日あたり平均2.88件。

年度別でみると、2010年は1143件、2011年は1240件、2012年は744件と減少したが、今年は1−8月ですでに737件に達している。

韓国の都市鉄道公社はこれについて、「地下鉄における犯罪を予防するため、68人の治安人員を投入している。各駅には平均6台の緊急電話を増設し、乗客の安全を最大限に守っている」とコメントしている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国では女性は地下鉄に乗ってはいけないということだね。

夜になるとタクシーも危ないし、出歩くなということだね。

どうせ検挙できたのは氷山の一角だけだで、泣き寝入りも多いだろうから、どこが先進国なんだろうね?

ああ、性犯罪なら韓国はダントツの先進国と言えるかもね。

68人の治安人員というけど、少なくない?

この治安人員さえ信用できないのが韓国だと思う。(ある意味警察も信用できない。)

ぶっちゃけ女性は特に韓国にいくべきではないと思う。それが一番安全だからね。

posted by 日本に住んでる日本人 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国が軽攻撃機「FA50」をフィリピンに輸出決定 中国の輸出中止要求を拒否

Chosun Online | 朝鮮日報 中国が軽攻撃機の対比輸出中止を要求、韓国は拒否
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/21/2013102101057.html

↓   ↓   ↓

 19日付読売新聞によると、中国政府はこのほど、韓国が独自技術で生産した軽攻撃機「FA50」をフィリピンに輸出しないよう韓国政府に求めたが、拒否されたもようだ。

 中国は韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領とフィリピンのアキノ大統領が17日にソウルで首脳会談を行うのに先立ち、韓国政府に輸出を差し止めるよう求めてきたとされる。これに対し、韓国政府は「国益に直結する防衛産業の輸出に中国の干渉を受けることはできない」として要求を拒否したという。

 朴大統領は17日、アキノ大統領との会談で、フィリピンがFA50を12機(4億4300万ドル=434億円相当)導入する意向を示したことに謝意を表し、速やかな契約締結を正式に求めた。

 韓国政府関係者は「中国はフィリピンと南シナ海の南沙諸島(スプラトリー諸島)の領有権をめぐり紛争中で、中国政府が在韓中国大使館などを通じ、複数回敏感な反応を示したのは事実と聞いている」と述べた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「FA50」について詳しくないので調べたところ、下記がヒットしたので引用させていただきます。


インドネシアが韓国の国産戦闘機(?)FA-50戦闘機を買うそうですが、この戦闘機につ... - Yahoo!知恵袋
よりアンサーを引用
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12101186867

↓   ↓   ↓

FA50は韓国の超音速練習機T50を戦闘攻撃機としたものです。T50は韓国国産とうたっていますが、実態はロッキード・マーティン社が設計を行い、最初はロッキードで生産、その後徐々に韓国での生産(組立)を行うようにしています。

超音速機を!という韓国の要望を(無理やり)取り入れ、やや拡張性のある機体設計が行われました。ベストセラー戦闘機F16を作ったロッキードのノウハウ、というよりF16の一部機体設計の流用(F16がベースになったわけではなく、部品設計や超音速飛行のノウハウが活かせてまだ工場ラインのあるF16の設計一部流用です。)により現代の空軍では珍しい存在となった超音速練習機が生まれたわけです。

練習機を軽攻撃機に転用する事はよく行われており、TA50となりそこからさらに軽戦闘機としての機能も盛り込んでFA50としたものが今回の飛行機です。

日本のF2と比べるのはちょっと酷かな。純粋な戦闘攻撃機であるF2と、練習機が元になっているFA50では比べようがありません。FA50の方が機体が小さい分小回りがきくかな?という程度。他はあらゆる点でF2が圧倒的に上回ります。

そもそも比べてどうこうという機体ではありません。フィリピン軍としては、軽攻撃機としての機能に期待しているところが大きいと思います。ただそれにしてはハズレを引いたかなと思いますが…

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国国産は嘘で、ロッキード社が設計したものだから、信頼できそうな気もするが、韓国の要望を無理やり取り入れたというところが危険かもしれないと思う。

軽攻撃機としての機能には期待が持てるかもしれないが、純粋な戦闘攻撃機ではなく、練習機が元になっているのでハズレの可能性が高いと思われる。

フィリピンは、馬鹿な買い物をした可能性が高いと思う。

中国への威嚇にならない機体だとしたら導入する意味があるのか疑問である。


あとは、韓国は、フィリピンで軽攻撃機「FA50」が不評ならば評価が下がるし、中国も評価を下げるだろう。

韓国は、不況であるから、販売に積極的なのはしょうがないが、信頼を落とす可能性が高いね。


posted by 日本に住んでる日本人 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国宝1号を焼失し復元もまともにできない大韓民国

国宝1号を焼失し復元もまともにできない大韓民国| Joongang Ilbo | 中央日報
より引用
http://japanese.joins.com/article/311/177311.html?servcode=400§code=400
http://japanese.joins.com/article/312/177312.html?servcode=400§code=400

↓   ↓   ↓

20131020132248-1.jpg

崇礼門北西側の門楼1階の垂木にあるレンゲ紋の丹青が古寺の丹青のように崩れた。花の部分がはがれている。


「大韓民国国宝1号」である崇礼門(スンレムン、南大門)の丹青が復元されてから5カ月で異常が表われ、その状態は悪化していきつつある。これにより5年間の丹青復元工事が総体的にずさんであり、1日も早く全面補修をしなければならないという指摘が出ている。

中央SUNDAYは18日午後、韓国メディアとしては初めて崇礼門内部の丹青毀損状況を集中的に調査した。その結果、1階と2階の楼閣全体で100カ所を超えるひびや剥離剥落、変色現象が見つかった。赤色、あんず色、白色の顔料で描れた垂木の珠花紋(レンゲ紋)の丹青でそのような現象が目立ち、顔料が膨らんでいたり割れて地肌が表われる層上剥落現象が見られた。地の緑色の丹青も浮き上がって割れており、顔料が気泡のように膨らんで近くはがれてしまう部分も随所に散在していた。落ちた顔料が楼閣の床に飛んだりもした。柱と組物(柱の上で上部構造を支える部材)の隙間の彩色がいい加減で多くの場所で顔料がぼろぼろになっていた。亀裂と剥離をひとつひとつ数えれば数千カ所に達する。「国宝1号」を燃やした子孫が復元すらまともにできないことを物語る恥ずかしい現場だ。

文化財庁は8日、「崇礼門扁額の左側と右側、後方の垂木部分など20カ所余りで剥落現象が見つかった」とだけ明らかにした。このため文化財庁がこれまで現場監視を疎かにしたり不良実態を縮小・隠蔽した可能性が提起されている。崇礼門の復元工事は2008年5月から始まった。

本紙の現場調査は18日午後に1時間30分間にわたり行われた。調査にはキム・ホソク伝統文化大学教授、チェ・ミョンユン明智(ミョンジ)大学名誉教授と画家のチョ・チュンジャ氏の3人が参加した。専門家による調査の結果、崇礼門の通路天井の青竜雲紋丹青から亀裂が見つかった。入口に上がる城壁には白い筋が流れていた。チェ教授は「築城の際に使われた石灰が流れたものというが問題の有無を判断しなければならない」と話した。1階楼閣入口正面から垂木の剥離とともに、松やにが流れたり黄色い異物が幅10センチ、高さ3センチで貯まっていた。専門家らは「松やには木材処理のミスで流れたもので、黄色い異物は丹青の絵が完成した後に何かが流れ出た現象」と指摘した。楼閣入口右側は1歩進むごとに問題が見つかった。新しく作った組物なのに中がおので叩かれたように割れた所もあった。

組物と柱をつなぐ部位の丹青はさらに深刻だった。継ぎ目部分が膨らんだりひびが入り剥離していた。激しいところでは崩れ落ちた寺の丹青のように顔料が割れめくれ返っていた。ある専門家は、「中央SUNDAYが撮った写真を見るとずさんさの程度は知らされているよりも深刻に見える」と話した。地の白い胡粉が灰色に変わったところも何カ所かあった。チョ氏は「濡れてこうなったものだが、崇礼門の屋根が雨漏りするという意味」と話した。2階楼閣も状況は同様だった。光が入らない天井は暗く正確に見るのは難しかった。

チェ教授は、「この冬に丹青が凍り来年の春に溶ければ顔料が浮き上がり毀損がもっと深刻になるだろう」と懸念した。専門家らは「顔料の接着剤であるにかわをしっかりと使わなかかったため」と指摘した。キム教授は、「丹青職人が丹青顔料をにかわに溶く時に濃度調節に失敗したとみられる」と話した。にかわ専門家のA氏は「レンゲ紋だけでなく地と下塗りの全てが問題」と話した。

これに対し丹青作業の責任を負った重要無形文化財第48号の丹青職人ホン・チャンウォン氏は、「私はにかわ専門家ではないが指定品を文化財庁に報告された方法で使った」と釈明した。彼は8日、「伝統顔料とにかわを使って起きたものとみられる。鮮明にするため貝の粉で作った白い胡粉を上塗りしその上に朱色の顔料を塗ってみたら重さが増し剥落現象が起きたとみられる」と説明した。

一方、文化財庁のピョン・ヨンソプ庁長は、「近く総合点検団を構成して徹底的に原因を把握した後で対策をまとめたい」と話した。(中央SUNDAY第345号)

↑   ↑   ↑
引用終わり


あきらめて日本の宮大工とかに弟子入りしたら?

重要無形文化財第48号の丹青職人ホン・チャンウォン氏が「私はにかわ専門家ではない・・・」と言っているわけで、他に専門職もいないでしょ?

復元の技術というのは、総合的な技術であり、丹青職人では手におえないということでしょ?

日本の宮大工は、国がいろいろな文化財を保存するために補修を依頼しているから優秀だと思う。

式年遷宮では伊勢神宮が有名で、定期的に新築移転してるから、技術の伝承ができているね。

韓国には、おそらく、そういう技術伝承がないのでしょう。

ただ、そういう後進国は他にもあるだろうから別に恥じることではないと思うし、これから学べばいいことだとも思う。

要するに、日本とか他国に頭を下げて教えをこえるかだけど、これが韓国人には難しいかな?


ラベル:韓国 復元 国宝
posted by 日本に住んでる日本人 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国仰天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツイッターおバカ画像でそば店が初の破産 損害賠償請求慰謝料込みで5000万円ぐらい?

ツイッターおバカ画像でそば店が初の破産 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
より引用
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/196150/

↓   ↓   ↓

 学生バイトのツイッターおバカ画像がきっかけで閉店した東京・多摩市のそば店「泰尚(たいしょう)」が、9日付で東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。民間信用調査会社「帝国データバンク」東京西支店が18日に発表した。破産管財人によると負債総額は約3300万円。従業員のおバカツイッターが原因で、外食チェーンの一部店舗が閉店した例はあるが、個人経営の店が破産に追い込まれたのは恐らく初めて。

 「そばのうまい店」で評判だった泰尚に“ツイッター爆弾”が投下されたのは、よりによって長崎原爆記念日の8月9日。学生バイトが厨房の大型食器洗浄機に体を入れた画像をツイッターでアップしたことが発覚、ネットで炎上したのだ。その画像は学生が7月にアップしたもので、店の茶碗をブラジャーのように裸の胸に押し当てた5月のツイッター画像も発掘され、拡散した。

 これにより泰尚は営業をやめる羽目に。閉めたシャッターには「この度、一部の従業員達(多摩大学学生)による不衛生な行為により、営業を停止させて頂く事になりました」と張り出した。

 泰尚は1984年創業。昨年9月に創業者のご主人が他界し、町田市内の2店舗を閉め、この多摩市に唯一残った店舗を奥さんが切り盛りしていた。近所住民によれば「(女性店主だけに)アルバイトにナメられていたところがあった」といい、ネットの口コミサイトでも「接客態度がひどい」と書かれるほど、バイトの評判が悪かった。近所の飲食店主も「泰尚さんは(バイトの)ハズレを引いた」と同情するほど(本紙既報)。

 破産管財人は店主と話し合い、おバカバイトへの損害賠償請求を検討するという。日大・板倉宏名誉教授(刑法)は「最低でも1000万円、理屈を言うと負債総額分は学生から取れると思いますが、慰謝料込みで5000万円ぐらいは取れる」と断言。悪ふざけの代償は相当高くつきそうだ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


eba9158c-s.jpg

考えなしに馬鹿な行為をした結果だから、おバカバイトに同情の余地はないと思う。

まさかこういう結末になるとは想像もしなかっただろうが、身から出たサビである。

破産したそば屋の店主も、損害賠償でもしなければ気持ちの整理もできないだろう。

裁判であるから、結審しないと分からないが、損害賠償金額の減額はあるかもしれないが、原告の敗訴は考えにくい。

この訴訟によって、バカッターがいなくなることを願う。


posted by 日本に住んでる日本人 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失速する中韓経済のジレンマ “親日国家群”ASEANの影に怯える

失速する中韓経済のジレンマ “親日国家群”ASEANの影に怯える - 政治・社会 - ZAKZAK
より引用
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131020/frn1310201834001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131020/frn1310201834001-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131020/frn1310201834001-n3.htm

↓   ↓   ↓

■アセアンに吹く風はビジネスチャンス

 グローバル地政学で、今最も注目されているのが「アセアン(東南アジア諸国連合)」であることは、衆目の一致するところではないでしょうか。

 アセアンは、原加盟五カ国(タイ、インドネシア、シンガポール、フィリピン、マレーシア)が、民主・資本主義に元づく経済・社会連携と、反共産主義理念から安保同盟を結び、互いの文化風俗を尊重しあう「総合的な地域協力提携」を命題にして発足し、現在では加盟十カ国となっております。域内人口6億人は、欧州の5億、北米ナフタの4・5億を凌駕する巨大な有望市場です。

 親日国家が大半を占めており、経済文化連携と安保を含む価値観外交も共有するので、早くから日本発の各種基金設立が進み、文化学術交流協会と官民連携プランで呼応し合うなど、日本にとっても「東南アジアシフト」は“順風に帆を揚げる”ようなものです。

 すでに、実績のある電気、自動車、ビールメーカーやアパレルに続いて、食品の味の素、日用雑貨のユニチャームや花王など数多くの日本企業が着実にシェアを伸ばしています。吉野家はインドネシアほかでの店舗数を急増させ、ドトールコーヒーは海外店の7割をアセアンに振り向けるそうです。シンガポールには伊藤園が統括本部を、JR東日本が事務所を設立しました。

■“輸出大国”と呼ばれる中韓の実態

 こうした動きの背景には、前回指摘した中韓の経済失速の影響もあるでしょう。格付け会社のフィッチ・レイティングスは今春、中国人民元建て長期国債を一段階引き下げましたが、その理由は信用崩壊リスクで、国有企業や家計部門の純債務を加えた政府債務総計がGDPの198%にも達したと発表しました。

 また、中国の製品には、高付加価値の評価を生むブランド力(デザイン、品質、機能を含む総合イメージ)が未熟なため、今後のグローバル展開の足かせとなると見られております。

 一方、韓国製造業の特徴は、中付加価値の汎用品の生産・輸出大国だったわけで、サムスンにしても「世界で初めて」という“独自開発技術を持たない巨大産業”に過ぎなかったため、長年のウォン安にも終止符が打たれた今、苦境に立たされつつあるようです。

 自動車とて同様で、現代・起亜グループの国内生産比率が5割と高く、しかも海外生産分のうち国内生産部品をパッケージ輸出して現地で組み立てる「ノックダウン式」がかなり比重を占めており、日本メーカーの日産・ホンダの海外生産比率80%、トヨタの70%に比べてもグローバル展開にアキレス腱を抱えていると言われています。その上、系列部品メーカーの脆弱性(会社数も少なく、技術力も劣る)は、日本メーカーがすでに30年来積み上げてきた「系列部品メーカー軍団総出の進出」に比べ大きく立ち遅れています。その結果、多くの部品を日米欧出自の現地部品メーカーに依存せざるを得ない状況で苦戦が続いているそうです。

 もともと韓国企業は、ポスコは新日鉄に、サムスンはサンヨーに、現代は三菱自動車に、ハンコックは横浜ゴムに、サミックはヤマハピアノに…という具合に、初期人材やノウハウを依存して類似商品を製造してきました。日本企業のキャッチアップ戦術だけでは、いずれ、アセアン諸国に追いつかれてしまうジレンマを拭い切れていないのです。

■日本的な創業者魂を生かす

 歴史家のE・H・カーは「歴史とは過去と未来との永遠の対話である」と説いております。縄文土器や磨製石器に始まり、古代・中世・江戸職人を通じて培われた“匠のモノ造り”伝統技術を、明治以後も時間をかけて近代化を遂げ、戦後の創業者魂へとつなげて来た日本の企業家精神は、変転の激しいグローバル市場に適応すべき底力を秘めています。

 渋沢栄一は銀行家の枠を超え大実業家として近代資本主義をリードし、儒教(道義)的に正道を歩まなければ事業は永続しないと、江戸商人の徳育を図った石田梅岩の和の魂に欧米経営技術を加味しました。続いて安田善次郎は、明治政府からの信用を得る一方で、仏教に深く帰依して政商に距離を置き、手がけた事業に永続性を持たせ、今日のミズホグループにつなげたのでした。

 現JFEスチールや太平洋セメントの生みの親・浅野聡一郎も「九転び十起き」を座右の銘とした規格外の大実業家でした。丸善創業者・早矢仕有的も書店・商社・病院経営等多角経営の代表的財界人の一人です。極め付きは東芝創業者・田中久重。万年時計の傑作を生み、蒸気船・精米機・蒸気自動車から電信機・電話機まで携わった理系エンジニアの先駆けは、永続国家日本を支え、道義心、克己心、忍耐力、謙虚さ、など国民的美質の源泉となっています。

 戦後のイノベーター気質の代表は、ホンダとソニーのトップによる決断が生み出した「どこにもないモノ造り」でしょうか。

 ホンダの本田宗一郎は「まねをして楽をしたら、その後苦しみ、転落と崩壊しかない。苦しくとも、独自の製品を創り出せば、最終競争に勝つ王道に至る。悔いの残らぬモノ造りの基本条件は、自らに忠実な創意と技術であり、その点は芸術やファッションにも通じる」と言いました。

 ソニーの井深大は「俺が欲しいものは世界中の人々も必ず欲しがるだろう。技術力に自信を持ち、開発に没頭し続け、思い切って企業化する勇気と決断はトップの責務である」

 この2人の至言を今こそ噛み締めていただきたいものです。「失敗を恐れず、考え続ける気風が企業の良し悪しを定め、成功という快楽に至る根源である」というのが両創業者共通の考え方だったのです。

 アセアン進出成功の鍵は、日本的な創業者魂を生かすことにあると考えます。ただ、全体を一市場と誤解せず、一カ国ずつ攻略しつつ地道に近隣国へと活動を広げてゆくことが重要で、現地スタッフとの融合、すなわち多様性の許容が最優先課題でしょう。それを成すには最優秀な日本人幹部を派遣すべきで、アセアン共通語である英語力が問われます。それは、次の次を期待されるアフリカ(人口10億、GDP2兆ドル)進出にもつながるはずです。

 ■上田和男(こうだ・かずお) 昭和14年、兵庫県淡路島生まれ。37年、慶応大経済学部卒業後、住友金属工業(鋼管部門)に入社。米シラキュース経営大学院(MBA)に留学後、45年に大手電子部品メーカー、TDKに転職。米国支社総支配人としてカセット世界一達成に貢献し、57年、同社の米ウォールストリート上場を支援した。その後、ジョンソン常務などを経て、平成8年カナダへ亘り、住宅製造販売会社の社長を勤め、25年7月に引退、帰国。現在、コンサルティング会社、EKKの特別顧問。

↑   ↑   ↑
引用終わり


日本は、中韓から撤退を加速して、まずはASEANに展開する方向で間違いないと思う。

中韓のように反日国家で、数々の投資に対しても感謝されない国では、結局技術を盗まれて終わりとなり、相互発展は望めないと思う。

中国には多額のODA投資をしてきたが、国民には知らされず、その投資を他の国の援助に横流しして中国の発言力を増すことまでしている。

韓国にしても、捏造の歴史を拡散して日本を貶めることばかりに力を入れており、日本からの主要部品を組み立ててるだけの組み立てメーカーが、ウォン安を利用して逆に日本メーカーの市場を奪うことになっている。

別に韓国が滅亡しても、一部の韓国輸出だよりの企業だけは困るだろうが、部品なら日本企業に販売するだけのシフトで終わる。

反日国家は相手にせず、ASEANからインド、アフリカへと進出していく形が日本企業としては望ましいと考える。


posted by 日本に住んでる日本人 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

領空侵犯した無人機が警告無視なら撃墜も 対処方針、首相が了承、中国を牽制

無人機が警告無視なら撃墜も 対処方針、首相が了承 - 47NEWS(よんななニュース)
より引用
http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102001001919.html

↓   ↓   ↓

 政府は、領空侵犯した無人機が退去要請などの警告に従わない場合には有人機と同様に撃墜を含めた強制措置を取る方針を固めた。政府関係者への20日の取材によると、安倍晋三首相は今月11日に小野寺五典防衛相から対処方針の報告を受け、了承した。

 9月に中国軍の無人機が日本の防空識別圏に入り、沖縄県・尖閣諸島付近に飛来したことを受けた対応。防衛省・自衛隊を中心に今後の対策を協議した結果、中国が開発中の無人機は高性能のカメラやレーダーを搭載していると分析し、有人機と同じように警告を識別できると判断した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


国籍を名乗らない無人機が領空侵犯してきたら、普通の国なら排除する権利がある。

その権利の行使を、最高司令官である安倍首相が認めたということ。

領空侵犯してきた国籍不明の無人機に対して3回警告をだし、無視されたら撃墜しても、国際的ルールに基づく行為であり、どこからも文句を言われる筋合いはない。

例え中国機だと予想はしていても、国籍を名乗らなければ、立派な国籍不明機である。

この発言で、中国側は、日米と戦争する覚悟をしないと無人機で領空侵犯できなくなった。

アメリカの立場は、尖閣問題は日中両国間で解決するようにというもの。

ただ、日本の立場としては、尖閣諸島に領土問題は存在せず、証拠も提示している。

アメリカは尖閣問題なら介入してこないだろうが、日米安保となると別次元の話になり介入してくる。

中国はアメリカに敵国扱いされると、大量に購入しているアメリカ国債が紙屑になる。

この安倍首相の発言で、追い詰められたのは中国の方だと思う。


posted by 日本に住んでる日本人 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 尖閣諸島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーストラリア外相「日本は軍国主義に向かわない」、集団的自衛権行使の支持を表明、韓国にて

レコードチャイナ:豪外相「日本は軍国主義に向かわない」、集団的自衛権行使の...
より引用
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=78087&type

↓   ↓   ↓

2013年10月17日、韓国を訪問中のオーストラリアのジュリー・ビショップ外相は、日本の集団的自衛権の行使問題について、「日本は軍国主義に向かわず、アジア・太平洋地域や世界の平和と安全に対し積極的な貢献をするだろう」と語った。韓国紙・朝鮮日報が18日付で伝えた。

ビショップ外相は15日、東京で記者会見を行った際にも「日本がもし集団的自衛権を行使することになれば、世界各地の活動の中で重要な役割を発揮することになるだろう」と語り、日本を支持する考えを表明していた。

また、韓国とオーストラリアが話し合いを進めている自由貿易協定(FTA)については、「投資家・国家訴訟制度(ISD)と農産品分野に関する意見の違いが徐々に縮小してきている」との見方を示した。

さらに、「オーストラリアは北朝鮮に対する政策を含めて韓国の立場を支持する」と表明し、両国は経済や教育などの分野で緊密な関係を構築している以外に、国防や安全保障などさらに多くの分野でも協力を強化できると語っ

オーストラリアにとって、韓国は3番目の輸出対象国であるだけでなく、オーストラリアには韓国人学生2万3000人が留学中で、韓国人観光客も増加している。また、今年7月には両国の外交・国防担当閣僚による(2+2)会議を開催し、北朝鮮の核保有を認めないことを確認しており、安全保障上の問題を含めて今後さらに協力を強化していくことを話し合っている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「日本は軍国主義に向かわず、アジア・太平洋地域や世界の平和と安全に対し積極的な貢献をするだろう」

韓国を訪問中のオーストラリアのジュリー・ビショップ外相の集団的自衛権行使についての発言だが、よく韓国内で言い切ったものだと感心してしまう。

発言の前後が分からないので、想像だが、韓国の方から、日本の集団的自衛権行使の話題を振ったものだと思われる。

そうでないと、わざわざ韓国で、オーストラリアの外相が、日本に関する発言をする必要がないと思われるからだ。

その後は、韓国を褒め殺しているが、オーストラリアでも韓国人によるトラブルは増加傾向にあるのだが、今回は問題にしないようだ。


posted by 日本に住んでる日本人 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

日朝友好6団体共催で講演会、朝鮮問題での日本の責任

日朝友好6団体共催で講演会、朝鮮問題での日本の責任 | 朝鮮新報
より引用
http://chosonsinbo.com/jp/2013/10/20131019mh-01/

↓   ↓   ↓

朝鮮戦争停戦60周年(7月27日)を迎えたのを受け、「朝米関係の現状と日本の役割」と題した講演会が18日、文京シビックセンター(東京都文京区)で行われた。元外務省地域政策課長を務めた浅井基文氏と朝鮮大学校経済学部の朴在勲准教授がそれぞれ報告を行った。

主催したのは、朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会、東京―平壌虹の架け橋、日朝友好促進東京議員連絡会、日朝国交正常化をすすめる神奈川県民の会、日朝友好連帯埼玉県民会議、日朝友好連帯群馬県民会議の6団体。米国と日本政府の対朝鮮政策の転換を促す取り組みを力強く推し進めるための集いとして企画された。来賓として総聯中央の徐忠彦国際統一局長が招かれるなど、約100人が参加した。

主催者を代表してあいさつした統一支持日本委員会の日森文尋議長は、停戦60周年に際して23人で構成された代表団が朝鮮を訪問し、平壌などで盛大に行われた一連の行事に参加したことに触れ、「停戦協定を平和協定に変え、朝鮮半島に平和を実現したいという朝鮮人民の思いが伝わった。朝鮮半島分断、朝鮮戦争の原因は日本の植民地支配にある。平和を願う朝鮮人民の思いを受け止めて、その実現に向け日本で幅広い運動を展開していかなければならない」と話した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


呆れたものだ。


停戦協定を平和協定に変え、朝鮮半島に平和を実現したいという朝鮮人民の思いが伝わった。」

韓国と北朝鮮は停戦協定をしていません。

停戦協定をしたのは、国連軍と北朝鮮、中国であって、韓国と北朝鮮は事実上戦争状態継続中である。

平和協定にしたいなら、さっさと韓国に申し出ればいいのにそれをしない。

北朝鮮が韓国を武力で侵略する意思があるからである。


よって、こんな講演会で思いが伝わるはずもなく、馬鹿だとしか言いようがないと思う。


朝鮮戦争の原因は日本の植民地支配にある。」

大嘘である。

日韓併合がなければ、朝鮮人はソ連の侵攻を受けて、全員シベリア送りという可能性が高い。

そうでなくても、当時の朝鮮の国力では、どこかの植民地になるしか無かったであろう。

また、日本の敗戦後に、共産圏と自由主義圏の勢力争いの場になったから分断されたのである。

敗戦した日本の責任ではなく、地理上の問題である。

文句を言うなら、侵攻してきたソ連軍や中国軍に言って欲しいものだ。


「その実現に向け日本で幅広い運動を展開していかなければならない」

迷惑だからやめてほしいと思う。

朝鮮に対する自虐史観で、日本人を洗脳するのが目的としか思えない。

その実現のためなら、韓国や北朝鮮に行って活動してほしいものだ。


自分たちを美化するのも結構だが、さっさと拉致被害者を返してほしいものだ。

また、平和協定とやらをさっさと締結して、在日を引き取ってほしいと思う。



ラベル:北朝鮮
posted by 日本に住んでる日本人 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。