2013年10月31日

天安門の車両炎上事件報道 中国当局の弾圧に対する無差別テロは正義が悪か?

天安門の車両炎上事件 日本の報道に複雑な思い=中国版ツイッター 2013/10/30(水) 17:24:48 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1030&f=national_1030_057.shtml

↓   ↓   ↓

 28日に天安門広場で起こった車両炎上事件に関して、中国版ツイッター・新浪微博に、日本での報道への感想が書き込まれた。

 日本メディアのほとんどは、今回の事件の背景を、中国で広がる貧富の格差、少数民族への抑圧などの問題とからめて伝えている。

 テレビ朝日の報道ステーションを見たという竹羊羊(アカウント名)さんは「中国メディアの嘘ばかりの報道も嫌いだけど」と前置きして、「まるで中国という国家が悪の限りを尽くしていて、そこでは人が安心して暮らせないように見えた」と感想をコメント。

 報道された番組の数場面を写真で紹介し、「一方、1秒たりとも、テロリストが罪のない人を犠牲にしたことは非難しない。今の日本メディアは、本当に中国に恨み骨髄なの? 心が痛い」とつぶやいた。

 これに対し、他のユーザーから「番組は暴動の原因分析がテーマだから(仕方のない部分はある)」、「行き過ぎは是正されるよ」など、冷静な励ましのコメントがつき、竹羊羊さんは「テレビ朝日は好きだし、普段は番組を楽しんでいるよ。でも今回は少しやり過ぎだと思った。視聴率を取りたかったのかも」と、普段から見ているというだけに、複雑な思いを返した。

 新浪微博では、他にも何人かのユーザーが、この事件の日本での報道され方を話題にしており、事件の背景として中国の抱える問題ばかりがクローズアップされ、無関係の一般市民を巻き込んだ“テロ活動”であることが軽んじられているとする、書き込みが寄せられている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


中国当局のウイグル自治区やチベットへの弾圧というか虐殺は酷いものだと思う。

しかし、無差別テロが許されるかというと、私は許されない行為だと思う。

ただ、無差別テロとは、被害者や傍観者の主張であって、テロリストにも主張はあると思う。

体制に従って、それなりに幸せに生活している者たちは、テロリストにとっては中国当局と同じ側と判断しても不思議はない。

私はテロ行為自体は否定しない。

弾圧された者たちが、自分たちの権利を守るために戦うことは、当然の権利だと思う。

しかし、今回の中国に場合においては、偉い人だけをターゲットにするのは難易度が高い。

今回のテロ行為の目的が、ウイグル自治区での中国当局の弾圧を世界に訴えるということなら、何も偉い人を狙う必要はない。

一般人を巻き込んで目的を達成した形である。(テロリストにとっては中国当局の弾圧に抗議をしない一般人も対象となる)


中国当局の弾圧に対する無差別テロは正義が悪か?

この問題は、おそらく結論は出ないであろう。正義とか悪で割り切れる問題じゃない気がする。

ただ、中国当局による弾圧行為により多数の死者が出ており、テロが起こりやすい環境であり、住人は警戒しなくてはならなかったと思う。

観光客も、その危険性を認識していなくてはいけなかったと思う。









posted by 日本に住んでる日本人 at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK受信料訴訟で高裁「承諾なしでも契約成立」・・・不当判決だと思う。

NHK受信料訴訟で高裁「承諾なしでも契約成立」 ― スポニチ Sponichi Annex 社会
より引用
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/10/30/kiji/K20131030006912720.html

↓   ↓   ↓

 NHKが個人を相手に受信契約締結と受信料支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁の難波孝一裁判長は30日、「NHKが契約を申し込めば、受信者が承諾の意思表示をしない場合でも、2週間が経過すれば契約が成立する」との判断を示した。NHKによると、初めての司法判断だという。

 今年6月の一審横浜地裁相模原支部判決は「契約締結を命じる判決が確定した段階で契約が成立し、受信料の支払い義務が発生する」としたが、高裁はさらに踏み込み、契約は既に締結されていると認定した。

 難波裁判長は、放送法は受信者に契約締結と受信料支払いの義務を課しており、判決で強制的に承諾させる手続きは遠回りで不必要だと指摘。「判決確定まで契約が成立しないのは受信料を支払っている人との間で不公平だ」と述べた。

 その上で、NHKの主張通り、契約申し込みの2週間後に契約が成立することを認め、テレビを設置した日にさかのぼって受信料の支払いを請求できる、とした。

 一審判決は被告の相模原市の男性に対し、契約を承諾して判決確定後に受信料約10万9千円を支払うよう命じたが、高裁は取り消し、同額を即時に支払うよう命じた。

 NHKは「放送法の定めに沿った適切な判決だと受け止めている」とコメントした。

↑   ↑   ↑
引用終わり


放送法第64条(受信契約及び受信料)

「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。」

よって、受信設備を設置していなければ、受信料は発生しない。

(テレビを設置していてもゲーム用などの用途で使用し、テレビ放送を受信できないならば設置とはみなされない。)

「NHKが契約を申し込めば、受信者が承諾の意思表示をしない場合でも、2週間が経過すれば契約が成立する」

明らかに受信設備の有無に触れていないこの判決文は、私の基準では不当判決としか言いようがない。

そのそも契約とは、複数人で締結するものであり、契約書を取り交わす必要がある。

2週間が経過すれば契約が成立するとは何を根拠にしているか不明だが、これでは契約書がないことで無効ではないのか?


ただし、現在では受信設備を設置したらNHKと契約することは法律で決まっている。

契約したら受信料を請求されるが、それを払わなくても罰則がないのが現状で、NHKは裁判に訴えることになる。

正直なところ、私はHNKは偏向報道するので嫌いであるし、平均1000万円以上の所得を得ているのも気に食わない。


現在は、デジタル放送なので、NHKを映さない方法が現実的にあるので、選ぶ権利が欲しいし、法律を変えてほしいと思っている。

さらに踏み込めば、さっさと民営化してほしいと思っている。

ただ、今は、メールで政治家に訴えて、大人しく受信料を支払っている。

私は、受信料を払わない者よりも、NHKの偏向報道や高額所得に腹が立つ。






ラベル:NHK 受信料
posted by 日本に住んでる日本人 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

革マル系女子学生を逮捕 偽名で航空機に搭乗

革マル系女子学生を逮捕 偽名で航空機に搭乗:社会:スポーツ報知
より引用
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20131030-OHT1T00159.htm

↓   ↓   ↓

 偽名で沖縄への旅行を申し込み、航空機に搭乗したとして、大阪、奈良、沖縄3府県警は30日、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、革マル派系全学連活動家の奈良女子大2年成田睦月容疑者(20)=奈良市=を逮捕した。

 府警は30日、同容疑で奈良市にある大学のサークルの部屋や、大阪市東淀川区の「解放社関西支社」など十数か所を家宅捜索。活動拠点とみている。

 逮捕容疑は5月上旬、大阪市の旅行代理店で、沖縄へのパック旅行を申し込んだ際に伝えた偽名を航空会社のシステムに登録させた上、同月中旬に偽名の航空券で関西発那覇行きの航空機に搭乗した疑い。黙秘しているという。

↑   ↑   ↑
引用終わり


20歳で革マルというのに素直に驚いた。

しかし、「解放社関西支社」など十数か所を家宅捜索というから、明らかに別件逮捕という気がする

東京オリンピック前の掃除の一環というところだろうか?

行先は沖縄ということだが、思い浮かぶのが米軍基地やオスプレイの反対デモだな。

沖縄のデモは、沖縄人は少数で、送り込まれた人員の方が多いと聞いたことがあるが、その口ではないかと疑ってしまう。

※2013/10/31追記
成田睦月容疑者(20)は在日ということが分かりました。
本名:郭美香 です。





ラベル:革マル 偽名
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民法務部会 「婚外子」の遺産相続を「嫡出子」と同等にする民法の改正案の了承見送り

自民法務部会 民法改正案の了承見送り NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131029/k10015646411000.html

↓   ↓   ↓

自民党の法務部会が開かれ、いわゆる「婚外子」の遺産相続を「嫡出子」と同等にする民法の改正案を巡って、家族制度に関する委員会を党内に設けるなどとした案が示されましたが、出席者から異論が出されて、29日も了承されませんでした。

自民党の法務部会は、結婚していない両親の子ども、いわゆる「婚外子」の遺産相続を「嫡出子」と同等にする民法の改正案を先週から審査していますが、「伝統的な家族制度を崩壊させる」などと慎重な意見が相次いでいます。

このため法務部会の大塚部会長は29日の会合で、家族制度を維持する方策を議論するため、党内に「家族を取り戻す特命委員会」を新たに設置するほか、法務省内にも相続制度の問題点を検証するワーキングチームを立ち上げることなどを提案し、改正案の了承に理解を求めました。

これに対し出席者からは評価する声が出た一方、「結婚している夫や妻の権利を保障する方策もなければ納得できない」といった異論が出され、29日も改正案は了承されず、引き続き議論することになりました。

改正案に慎重な西田参議院議員は部会のあと記者団に対し、「最高裁判所の非常識な判断に従って法改正をしてしまうと、婚外子がどんどんできて家族制度が崩壊してしまう。慎重に考えなければならない」と述べました。

↑   ↑   ↑
引用終わり


私は、最高裁の判決には反対で、「婚外子」の遺産相続を「嫡出子」と同等にするのはおかしいと思う。

何でも自由にすればいいというものではなく、日本の家族制度を崩壊させてしまうと思うからだ。

どうしても「婚外子」に遺産を「嫡出子」と同等に渡したいのであれば遺書を書けばいいだけだと思う。

「婚外子」と「嫡出子」にあるのは差別ではなく区別だと思う。この区別がないと家族制度は抱懐すると思う。

この件については、フランスを見習えと言う話を聞く。

しかし、フランスでは、結婚前に弁護士を介して互いに契約書を交わし財産の分配について、事前に細かく取り決めてから結婚している事実は知られていない。

遺産の件がすでに決まっているのだから、後で問題になることは少ないと思う。






posted by 日本に住んでる日本人 at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日新聞 「特アなんて悲しい言葉だ。」・・・「特定アジア」のことでネット発の言葉だが・・・

発信箱:特ア?=布施広(専門編集委員)− 毎日jp(毎日新聞)
より引用
http://mainichi.jp/opinion/news/20131030k0000m070110000c.html

↓   ↓   ↓

 ちょっと面食らった。「特アとの関係は重要ではない」。意見感想欄にそう書いてある。ご存じだろうか。特ア(特亜)は特定アジアの略で、具体的には中国、韓国、北朝鮮を指す。反日感情の強い3国を冷ややかに隔離するように、ネットなどで時々見る言葉だ。

 今月初旬、ある大学でアンケートをさせてもらった。偏差値的には超難関の国立大だが、誤解や先入観を避けるため大学名は伏せる。回答者は約90人。調査結果を見ると、「特ア」のような意見感想は例外的とはいえ、学生たちは近隣諸国、特に日中関係の改善に悲観的だ。「今後50年、中国とうまくやっていけるか」との問いに「非常にうまくやっていける」と答えた人は皆無。6割以上が「関係悪化」「険悪に対立」と答えている。

 また、「集団的自衛権を認めるべきだと思うか」との質問に、「思う」と答えた人は55%、「思わない」はわずか13%だった。「行使を認めるべきか」と聞く方が正確だが、出題ミスとも言えまい。ちなみに毎日新聞の8月の世論調査では、「思わない」が53%を占めた。タカかハトかといえば、エリートと呼ばれる学生たちはタカに近い。

 なんでかな、と別の大学の男子学生に聞いたら、「学生はネットを見たりして自分の好きな情報をどんどん取り込む。だから考え方が一面的に、急進的になる傾向があるのでは?」とのこと。なるほどと感心したが、知識欲が旺盛でも一面的になるとは限らない。若者を引き付ける「左」の論客が「右」に比べて目立たず、影響力が弱いことこそ根本的な問題ではなかろうか。

 ともあれ隣人は大切にしたい。右でも左でもいいが、特アなんて悲しい言葉だ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


別にネット発の言葉が一般に使われるようになることは珍しい時代ではないと思う。

「キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!」なんかは普通に使用されてるしね。

また、反日勢力をまとめて表す言葉として「特ア」「特定アジア」は非常に分かりやすいと思う。

隣人は大切にしたいという気持ちは分かるけど、隣人にもよるのではないだろうか?

隣人が理不尽にこちらを恨んでいるというのに仲良くできるはずもない。

適切な距離っをとって、上手に付き合う必要があると思う。

私は、この記事を書いている毎日新聞の記者の認識が悲しいと思う。






posted by 日本に住んでる日本人 at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

PPCアフィリエイトで稼ぎまくっている人間が続出。光速PPCセミナーのご案内

申込可能期間
2013年10月30日18 時(水) 〜 11月29日23時59分(金)まで



どうやら、PPCアフィリエイトで稼ぎまくっている人間が続出しているようですね。

その理由は、このセミナーにあるようです。

→ http://s-ter.net/nemu/c/00600.html


貴方は、宍戸豊氏という方をご存知でしょうか?

インターネットビジネスに本格的に参入してから、わずかな時間であっという間に有名人になった、今や「時の人」ですね。


PPCアフィリエイトという一番単純と言われるネットビジネスノウハウで、


稼げない


という世論をひっくり返した人と言われていますね。


彼が今年に公開した、PPCアフィエイトノウハウ教材、クローンPPCはまだ記憶に新しいですが、いきなりインフォトップ売上ランキングでも1位を獲得し、大騒ぎになっていました。


売上本数1000本を突破し、完全フルサポートでクレーム一切なし。


完璧といった感じがしますが、なんと彼はあの有名な某専門学校の元役員だったそうで、その評判も納得できます。


そんな宍戸豊氏が、完全極秘で開催していシークレットPPCセミナーが、遂に一般公開されるというのです。

さらに、参加者全員に、4つの超豪華特典付きです。


【光速PPCセミナー】
→ http://s-ter.net/nemu/c/00600.html



なんとこの光速PPCセミナーでは、参加者に直接、「PPCで売れる商品を教える」というのです。


今までそんなセミナーは聞いたことがありません。


さらに、超豪華特典では、

・自己アフィリエイトツール(ネットキャッシュゲッター)
・クローンPPCライト(PPCアフィリエイトノウハウ教材)
・サイトテンプレート20(PPCで使えるサイトテンプレート)

が無料でもらえるという豪華さです。


この3万円相当の豪華特典を手にするだけでも、セミナーに参加するだけの価値は十分すぎるほどありますね。


これまで、東京でしか開催されていなかった、極秘のPPCセミナーですので、あなたのネットビジネスライフを大きく変えてくれるセミナーになることは間違いないでしょうね。


ネットビジネスは、何をどうやるのではなく、誰に教えてもらうのか


これが重要だと言われています。


某専門学校の役員ということもあり、教えることには定評があることは、言うまでもありません。


10年間ネットビジネスで1円も稼げなかった主婦が、この光速PPCセミナーに参加して、いきなり、月に10万円を稼ぎ出した。


家庭持ちの雇われ歯科医が、4日後に初報酬を手にし、88日後には187万円を稼いだその手法。


これら全てが、今回のこの光速PPCセミナーでは明かされます。

あなたも、自分だけで稼げるネットビジネススキルを持つべきではありませんか?


この宍戸豊氏の光速PPCセミナーで、あなたの人生を大きく変えてください。


→ http://s-ter.net/nemu/c/00600.html


この光速PPCセミナーは完全に人数が限定されていますので、早めにお申し込みをされることをオススメいたします。





posted by 日本に住んでる日本人 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 副業・お小遣い稼ぎ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国長官 韓日関係「問題の本質は誤った歴史認識」

聯合ニュース 韓日関係「問題の本質は誤った歴史認識」=韓国長官
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2013/10/29/0400000000AJP20131029003800882.HTML

↓   ↓   ↓

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は29日、韓国新聞放送編集人協会主催で開かれた韓日メディア幹部セミナーのレセプションで「最近韓日関係に困難があるというのは否めない事実。韓日関係に質的変化を実現するための転換点が必要だ」と述べた。

尹長官は「朴槿恵(パク・クンヘ)政権はスタートする前から韓日関係の安定的発展のために多くの努力を傾けた」とした上で、「しかしこれまでの8カ月を振り返ると私たちの努力を無にする否定的な要素が絶えず出てきて、現在はトンネルの出口の光が見えない」と語った。

韓日関係の改善策として「韓国国民の立場からすると問題の本質は(日本の)誤った歴史認識」と指摘。「現在の状況は絡まった糸のようだが、問題の本質を直視すれば韓日関係の絡まりも解くことができるだろう」と強調した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


・・・二言だけ。

「日本国民の立場からすると問題の本質は(韓国の)誤った歴史認識」

「現在の状況は絡まった糸のようだが、問題の本質を直視すれば日韓関係の絡まりも解くことができるだろう」


以上。





posted by 日本に住んでる日本人 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国与野党 日本の集団的自衛権に強く反発・・・言うのは自由だが決めるのは日本

聯合ニュース 韓国与野党 日本の集団的自衛権に強く反発
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2013/10/29/0400000000AJP20131029003400882.HTML

↓   ↓   ↓

【ソウル聯合ニュース】安倍政権が集団的自衛権の行使容認を目指していることに対し韓国の与野党が29日、強く反発した。

韓国の与党セヌリ党は日本に対し「過去の歴史に対する反省が先」として同意できないという態度を明確にした。一方で、韓国最大野党の民主党は韓国政府・与党が集団的自衛権を事実上容認しているとし、セヌリ党政権に矛先を向けた。

セヌリ党の洪志晩(ホン・ジマン)院内報道官はこの日書面で「日本の安倍首相が『中国脅威論』を理由に日本がアジア・太平洋地域で主導権を持たなければなければならないと主張している」と指摘。「これは集団的自衛権導入など軍事再武装の正当性を宣伝しようとする意図がある」と警戒した。そして「過去の歴史に対する徹底した謝罪と反省なく推進される日本の集団的自衛権行使はあり得ず、あってはならない」と強調した。さらに「朝鮮半島有事の際、韓国の同意なく日本が介入する事態は決して容認できないということを明らかにする」とした。

民主党の朴用鎮(パク・ヨンジン)報道官は「政府の最近の動きを見ると日本の集団的自衛権を事実上容認するような態度を見せている」とし、「政府の主権意識はどこに売り飛ばしてしまったのか嘆かわしいばかり」と韓国政府を批判した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


日本は充分に(必要以上に)謝罪をし、反省もしたと思う。

こんな昔のことを未だに言い続ける国の方が、未来志向でなく、頭がおかしいのだと思う。

そして、国際法で定められた権利である集団的自衛権を持つことに批判されるいわれはない。

中国は、領土問題で日本以外の国とも揉めているし、軍事費も膨大に増やしている。

驚異でないというならば、その理由を教えてほしいものだ。

軍備再増強というが、集団的自衛権を持つだけで、軍備を増強するとは言っていない。

集団的自衛権と軍備増強は分けて考えるべきであり、日本が軍備を増強した時に文句を言えばいいと思う。

心配しなくても、朝鮮半島有事の際には、邦人の安全確保だけ最優先するだけだ。(当たり前のこと)

必要以上に朝鮮半島の有事に関わるつもりはないと思う。

そもそも日本が集団的自衛権を持つことに韓国の同意は必要ないし関係もない。

日本は独立国だから、自国で決定して発表するだけのことである。

また、別に韓国政府や与党は、容認しているわけでなく、日韓関係をこれ以上こじらせたくないのだと思う。

日本からの観光客を呼び込む投資をしたばかりで、日本批判をしたら、投資の意味がなくなると思う。





posted by 日本に住んでる日本人 at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もはや韓国に魅力なし? 日本の対韓投資が急減

Chosun Online | 朝鮮日報 もはや韓国に魅力なし? 日本の対韓投資が急減
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/29/2013102901356.html

↓   ↓   ↓

 今年に入り日本企業の韓国に対する直接投資額が前年比40%急減するなど、日本で対韓投資熱が急速に冷めている。

 2011年の東日本巨大地震以降、日本企業は安い電気料金や最新の産業インフラなどをメリットに挙げ、韓国に相次ぎ進出した。この年、日本は前年比10%増の22億8913万ドル(現在のレートで約2236億円、以下同じ)を韓国に投資している。翌年の12年には前年比99%増の45億4161万ドル(約4435億円)を投資、過去最高を記録した。だが、しばらく続くとみられていた日本の対韓投資ラッシュは1年しか持たず、今年の投資額は2年前の水準に逆戻りした。日本企業はもはや韓国を魅力的な投資先とは考えていないようだ。

 外国人による直接投資に関する産業通商資源部(省に相当)の資料を本紙が分析した結果、今年1月から9月にかけての日本企業の対韓投資額は19億6307万ドル(約1917億円)で、前年同期の60%水準にとどまったことが分かった。

 特に、日本企業の海外投資のうち韓国に対する投資だけが大幅に落ち込んでいる。円安のあおりで日本の海外投資額は上半期に前年同期比5.9%減少したが、対韓投資額は35.1%の大幅減を記録した。7−9月期はさらに急減している。

 産業研究院・成長動力産業研究センターのチャン・ユンジョン所長は「日本はアベノミクス(安倍首相の経済政策)を通じ、韓国を含めた海外投資の代わりに自国での生産能力の育成に力を入れている。韓国の政界は海外からの投資を誘致する上での障害を取り除く努力さえしていない」と指摘した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


チャン・ユンジョン所長の指摘は正しいと思う。

日本にとっては、韓国の反日が一番の障害だ。

また、韓国の原発の停止による電気供給の不安定さや労働者のストライクなど(ヒュンダイがひどい)障害は多いと思う。


それだったら、東南アジア諸国に投資した方が実りが期待できると思うのは不思議なことではなく当たり前だと思う。

また、そろそろIMFのストレステストが発表されるが、最悪デフォルトの危険がある国に投資する方がおかしいと思う。





ラベル:韓国 投資 日本
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国 クレジットカード利用額減少 政府はチェックカード利用を促進

統一日報 : クレジットカード利用額減少
より引用
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=74072&thread=01r03

↓   ↓   ↓

 97年のアジア通貨危機以降、韓国では消費拡大や税源確保のため、官民をあげてクレジットカードの利用拡大が促進されてきた。クレジットカードは韓国社会にすっかり定着し、1人あたりのカード利用件数ベースでは世界一となった。しかし24日、カードの利用実態などを調査している「韓国与信金融協会」が発表した資料によると、クレジットカードの利用額が統計開始以来はじめて前年同期比で減少したことが明らかになった。景気低迷などによる利用額の減少と、チェックカード(デビットカード)の利用者増加が主な要因とみられている。

 与信金融協会が24日発表した「2013年9月および第3四半期のカード承認実績分析」によると、9月のクレジットカード利用額は37兆8000億ウォンで、昨年9月(38兆4860億ウォン)から1・7%の下落となった。

 クレジットカードの利用額が前年同期よりも減少したのは、統計を開始して以来はじめてのことだ。この影響でカード全体(チェックカードとプリペイドカードを含む)の利用実績も過去最低の記録となった。

 9月のカード全体の利用額は46兆3000億ウォンで、前年同月(45兆9000億ウォン)より1・0%増にとどまった。昨年9月(15・7%増)に比べて伸びが著しく鈍っている。

 四半期ごとのカード利用額の伸び率(前年同期比)は、世界金融危機の間も10%台以上の増加を記録していた。しかし今年に入ってからは、第1四半期5・1%、第2四半期4・1%、第3四半期5・2%(138兆4000億ウォン)となり、カード利用額の伸び率は3四半期連続で一桁を記録している。昨年の第3四半期(13・5%)に比べると低い水準であることがわかる。

 同協会では、景気低迷の長期化で過剰消費の要因となるクレジットカードの代わりに、計画的支出が可能なチェックカードを消費者が選択するようになったのではと分析している。チェックカードの利用額は、昨年9月より15・6%増の8兆3000億ウォンを記録している。

 クレジットカードの利用減少の理由はこれだけではない。韓国政府はクレジットカードの過剰な利用が家計負債問題や、過剰消費問題、信用不良者増加問題などの原因になっているとして、カード発行基準を強化した。また、来年からクレジットカードの所得控除の割合を現行の15%から10%に変更するとしている。チェックカードの所得控除は現行の30%を維持する。

 チェックカードの利用推進策はこれだけではない。現在200万〜300万ウォンとなっているチェックカード1日の利用限度額も、今後クレジットカードと同水準の600万ウォンまで上限を引き上げ、小口決済を中心に利用されていたチェックカードの利用幅を広めようとしている。またチェックカード支払いをキャンセルした際、現在は最長1週間かかる返金期間を、キャンセル翌日までに済ますシステムも導入する。

 政府によるチェックカード活性化案への期待もあって、チェックカードの発行枚数は今年の6月に1億枚を突破した。

 この流れにカードを発行する各社も対策を急いでいるが、加盟店手数料がクレジットカードに比べ低く、カードローン機能もないチェックカードでどのように収益をあげていくかに頭を悩ませている様子だ。

 カード全体でのチェックカードの利用率は、今年に入り急速に増加。3月から前年同月比10%以上の増加が続き、7月には17・3%、8月には22・1%増えた。

 政府はチェックカードの割合を今後3年以内に先進各国に近づける目標も持っている。現在チェックカードの利用割合はカード全体の約30%にすぎず、英国(75%)、ドイツ(90%)に比べると低い水準だ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国の家計の赤字は深刻な問題だと聞くし、クレジットカードが原因と言う話も聞く。

別にクレジットカードが悪いわけじゃなくて、韓国人が分相応の生活を送らず、手軽にカードで買い物をしたのが原因だよなぁ。

チェックカードは銀行の預金と直結しており、使うお金の残高が残ってなければ決済できない。

現金を持ち歩くよりも安全だし、使いすぎる危険性も少ない。

ただ、残高ギリギリまで使用しそうで怖いね。

結局クレジットカードもチェックカードも単なるツールであって、使う人の(民意の)問題だと思う。

収入が少なければ、分相応の生活を工夫して送るしかない。

なんとなくだが、クレジットカードの使用が減ったのは、破産した人が増えたことも一因な気がする。





posted by 日本に住んでる日本人 at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三星(サムスン)電子、系列企業は業績が次々と悪化し、赤信号

donga.com[Japanese donga] 好業績の三星電子、系列企業は低迷抜け出せず
より引用
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013102830798

↓   ↓   ↓

三星(サムスン)電子は、第3四半期(7〜9月)の売上げ、営業利益、営業利益率において史上最高の業績を上げる「トリプルクラウン」を達成したが、三星グループは別の悩みの種ができた。ほかの系列会社各社は低迷から抜け出すことができず、「三星電子への偏り現象」が目立っているからだ。

27日、三星グループによると、第3四半期の業績を発表した製造業系列各社の中で、三星電子を除けば、その大半は昨年同期より営業利益が減少しただけでなく、売上げまで減少するマイナス成長を記録した。特に、三星電子に部品を供給している電子系列会社の業績が次々と悪化し、赤信号が灯っている。

部品メーカーの三星電気の第3四半期の売上げは、1年前より2.9%減の2兆1181億ウォンに止まった。営業利益は10.7%減少した。三星SDIも、昨年より売上げが13.7%減少し、営業利益は66.3%減っており、特に収益性が大幅に悪化した。三星ディスプレーは、売上げが4.3%、営業利益は16.2%減少した。電子材料分野を集中的に育成している化学系列会社の三星精密化学も、売上げは12.1%、営業利益は86.4%それぞれ減少した。

グループを代表する三星電子の業績は好転しているのに、関連部品メーカーの業績が悪化する理由は、「スマートフォンの錯視現象」のためだ。三星電子の売上げのうち60%、営業利益の65%は、スマートフォンなどの無線事業から出ている。三星電子、三星SDI、三星ディスプレーなどは、スマートフォン関連部品事業の業績は好転しているが、テレビやパソコンなど、ほかの分野は世界の関連市場が低迷から抜け出すことができず、部品需要が激減し、打撃を受けている。ディスプレーサーチやガートナーなどの市長調査機関によると、世界のテレビ市場の規模は、前年より4.8%、パソコン市場は11.2%減少するものと見られる。

特に、三星SDIは、徐々に需要が減っているプラズマディスプレーパネル(PDP)事業で、22.0%の売上げ減少を経験した。日本のパナソニックは、需要減少に耐え切れず、PDP事業を中止した経緯がある。三星SDIは、次世代事業として育成している自動車向け電子事業の遅い成長のため、困難に直面している。三星ディスプレーも、スマートフォン向け有機発光ダイオード(OLED)パネルの売上げは伸びたが、テレビに搭載する液晶表示装置(LCD)パネルなどが、需要低迷や販売単価の下落で、収益性が悪化した。

そのほか、建設や重工業分野の三星エンジニアリングは、第3四半期は7467億ウォンの赤字を出す「アーニングショック」レベルの業績を発表した。三星重工業も、売上げが11.9%、営業利益が36.7%減少した。

三星電子の競争力を支える部品素材事業が低迷している様子を見せているのは、最近、三星グループが電子事業群全体の競争力を引き上げるため、部品や素材企業の買収合併(M&A)を積極的に推進していることと無縁ではない。

三星グループの幹部社員は、「長期的に電子事業を中心にした系列会社全体の競争力向上や世界超一流に近づいていないほかの分野の限界事業の構造再編を検討している」と話した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


普通なら親会社の業績が最高なら、系列企業の業績も比例して上昇するはずである。

いかにスマートフォン以外はダメでも、伸びるのが普通だと思う。

しかし、普通でないことが韓国では起こっている。

サムスンが、子会社に在庫移動した分を売上で計上していても、系列会社の売上も計上されるのが普通だ。

考えられる仮説は、サムスンが系列会社から部品を極端に安価で仕入れている可能性だ。

サムスンは、自らの業績を良く見せるために、系列会社からの部品を不当に安く仕入れている可能性が高い。

これなら、系列会社の部品販売数は伸びるだろうが、売上金額は伸び悩む結果となると思う。





posted by 日本に住んでる日本人 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サムスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民間国際交流団体「ピースボート」の船で大麻密輸か 横浜税関が乗客を告発

ピースボートの船で大麻密輸か 横浜税関が乗客を告発 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131028/crm13102818430006-n1.htm

↓   ↓   ↓

 民間国際交流団体「ピースボート」の旅客船から下船し上陸する際、大麻を密輸入しようとしたとして、横浜税関は28日、関税法違反(輸入禁止貨物の輸入未遂)容疑で、岐阜県垂井町の自称カメラマン、谷口大輔容疑者(33)=大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕=を横浜地検に告発した。大麻の密輸入で客船の旅客を摘発するのは、同税関では初めてという。

 告発容疑は谷口容疑者が10日、横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区)で「オーシャンドリーム号」から下船し上陸する際、乾燥大麻約5.66グラム(末端価格約2万8000円)を密輸入しようとしたとしている。「個人的に吸引する目的でジャマイカで買った。船内で何回か吸った」と容疑を認めている。

 同号は7月に同港を出航、16カ国をめぐり帰港したところだった。

↑   ↑   ↑
引用終わり


以下、ピースボート - Wikipediaより一部引用していく
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88#.E5.8C.97.E6.9C.9D.E9.AE.AE.E3.81.B8.E3.81.AE.E6.B8.A1.E8.88.AA

↓   ↓   ↓

ピースボート(Peace Boat)とは、国際交流を目的として設立された日本の非政府組織(NGO)、もしくは、その団体が主催している船舶旅行の名称である。後に政治家となった辻元清美ら早稲田大学の学生数名が1983年(昭和58年)に設立した。創設メンバーで現在も運営に関わっているのは、吉岡達也のみ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


ということで、民主党議員の辻元清美さんのコメントを是非聞きたいものだ。

民間国際交流団体「ピースボート」だが、誇れるような活動もしていた反面、疑問視する行動もあったようだ。


↓   ↓   ↓

国後島への渡航

第38回クルーズに於いて、ピースボートは日本・ロシア間の領土問題となっている国後島へ渡航した。領土が他国に占拠されている状態で日本人が渡航してしまうと、その領土があたかも相手国の領土であるかのごとく入域することになる。そのため、北方領土に対する日本の法的立場を害することになるおそれがある。こうした危惧から日本の外務省はピースボートに対し事前に渡航自粛要請をしていた。しかし、ピースボートは渡航を敢行した。クルーズ後の2002年10月31日に、外務省は欧州局ロシア課長名でピースボートに改めて自粛を要請した(自粛を再要請した事実はピースボートのHPに記述されている(2002.11.1))。

ピースボート側は、外務省側からは事前に国後島への渡航に関して「問題はない」との回答を受けており、日露市民相互の信頼関係を築くための国際交流の一環であり、まったく正当なものだと主張している。またピースボートの訪問は、外務省の見解に沿うようロシア政府の領土であることを認めない、ビザなし、パスポートなしの形で行われたとしている。

北朝鮮への渡航

「アジア未来航海」と名づけられた第29回クルーズや、「コリア・ジャパン未来クルーズ」と名づけられた第50回クルーズなど、ピースボートは数回にわたり朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)へ渡航している。また万景峰号をチャーターして北朝鮮へのクルーズを行ったこともある。

そうしたことで、「ピースボートは北朝鮮寄り」とする声が存在する一方、これも「国際交流」のあり方の一つであるとの意見もある。

海賊対策での海上自衛隊派遣問題

ピースボートは海賊対策での海上自衛隊派遣に反対していたにも関わらず、第66回目の世界一周航海の際、ソマリア沖・アデン湾を航行中に海上自衛隊の護衛を受け、「参加者の安全が第一」とし「主張とのギャップ」が産経新聞で報じられた。ネットからは矛盾だと批判が相次いだ。。

船のトラブル

ピースボートが2008年にチャーターした船は、何度かトラブルを起こしたことがある。クリッパー・パシフィック号(1970年建造・22,954トン)は、2008年に行なわれた第62回の世界一周の航海において、ニューヨーク寄港時に整備不良が発覚し、出港を差し止められた。その後、数日遅れて出航した船は、地球一周を経て帰国している。また、2009年からチャーターした客船オセアニック号(1965年建造・38,772トン)も、2012年に実施された第75回世界一周の航海中に停電をおこしたことが原因で、帰航日が一日遅れた。そのことは、2012年5月の週刊新潮でも報じられている。その後、2012年5月からチャーター船はオーシャンドリーム号(1981年建造・35,265トン)に変更された。現在、ピースボートの公式サイトでは、チャーター船の建造年数を記載するようになっている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


いわゆる思想的には、地球市民とか謳う左翼団体だった実態が浮かび上がる。

辻元清美さんは在日北朝鮮人から帰化した人で、その後も北朝鮮寄りの行動をしていると思われる。

ミュージシャンに多いが、左翼と大麻は結構密接な関係があると感じている。

そのほか、訴訟問題も多々起こしている。

世間的に良いこともしているだけに、今回の事件はすべて台無しにする行為であり、許されるものではない。





ラベル:ピースボート
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

社長辞任で幕引き図る 阪急阪神ホテルズ、信頼回復は?

【食材偽装表示】社長辞任で幕引き図る 阪急阪神ホテルズ、信頼回復は? - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131029/crm13102900140000-n1.htm

↓   ↓   ↓

 阪急阪神ホテルズがメニュー表記と異なる食材を使っていた問題は28日、出崎弘社長が辞任に追い込まれる事態となった。背景にあるのは、阪急阪神グループの企業の経営に深刻な影響を及ぼしかねないとの危機感。トップ辞任によって問題の早期幕引きを図りたい思惑がみえる。

 「ホテルズだけで収まることがなく、阪急阪神の信用問題にまで発展した。その責任は辞任をもって償うしかない」

 出崎社長は28日に開いた記者会見で、辞任の理由をこう説明した。

 出崎社長は問題の再調査をする中で、26日に親会社の阪急阪神ホールディングス(HD)の角和夫社長に辞任を申し出た。調査中のため預かりとなったが、28日に再び角社長に申し出たところ、角社長から「グループ全体に迷惑をかけた」などといわれ、辞任が受理されたという。

 問題発覚後、系列ホテルでの宴会やレストランの予約キャンセルが相次ぎ、そごう・西武も系列のおせち料理の見本をいったん撤去するなど経営に影を落とし始めた。「阪急阪神のブランドが傷つき、グループ各社に悪影響が出かねない」(関係者)との声は日増しに強まっていた。

 実際、市場は阪急阪神ブランドの毀損(きそん)を懸念し、阪急阪神HDの株価は問題が発表される前日の21日の573円から4日連続で値下がりし、25日には534円にまで下落した。

 食の問題に対する消費者の目は厳しく、平成19年に料理の使い回しや食材の産地偽装が発覚した大阪の高級料亭「船場吉兆」は廃業に追い込まれたほど。角社長は阪急阪神HDの報酬の50%を当面返上することを決定。関西経済連合会の副会長職にある財界活動の自粛も示唆しているが、阪急阪神ブランドについた傷は深く、信頼回復への道は険しい。

↑   ↑   ↑
引用終わり


しばらく経過を見守っていたが、予想通りの展開で呆れてしまう。

確かに社長の責任は大きいが、社長が辞めても収拾はつかないだろうと思う。

もっと身内に厳しく、料理長の首を切るくらいの覚悟が、再生のためには必要なのではないか?

そして、しばらくは赤字覚悟で良質の料理を安価で提供するとか身を切る覚悟が必要ではないか?

抽選で無料の食事に招待するという手もありだと思う。

私は、出直すということは、安易にトップが辞任するのではなく、もう二度と過ちを犯さないと行動で示すことだと思う。






posted by 日本に住んでる日本人 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本食品偽装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国 天安門前の歩道に小型四輪駆動車が突っ込んで炎上、5人死亡・38人負傷

天安門前で車炎上、5人死亡・38人負傷 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
より引用
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131028-OYT1T00893.htm

↓   ↓   ↓

 【北京=牧野田亨】中国の国営新華社通信などによると、28日正午(日本時間午後1時)頃、北京中心部の天安門前の歩道に小型四輪駆動車が突っ込んで炎上し、乗っていた3人と近くにいた中国人とフィリピン人の観光客2人が死亡、他の観光客や警官ら38人が負傷した。公安当局が3人の身元や、政治的背景がないかなど原因を調べている。北京の日本大使館などによると、上海在住の30代の邦人男性会社員が巻き込まれ、口の中を切って、近くの病院に入院した。命に別条はないという。

 発生直後から同日夕まで、現場には武装警察官らが派遣され、天安門と天安門広場、近くの故宮博物院が封鎖された。地下鉄1号線の天安門東駅も乗客の乗り降りができなくなった。

 現場は毛沢東の肖像画が掲げられた天安門と、天安門広場の間を東西に走る大通り「長安街」の歩道。車は天安門東側の側道から長安街に入り、柵(高さ約1メートル)で仕切られた天安門前の歩道に進入したとみられる。約250メートルを突進、観光客らをはねながら、肖像画のほぼ下にある「金水橋」の柵に衝突、炎上した。一帯は北京有数の観光地。家族で旅行中、妻が巻き込まれて足を骨折したという男性は「車は時速80キロぐらいで走った。人が多い場所を狙っていたように感じた」と証言した。〈関連記事39面〉

 (2013年10月29日01時45分 読売新聞)

↑   ↑   ↑
引用終わり


無差別殺人事件・・・無差別テロなのだろうか?

状況から単なるよそ見運転とか、いねむり運転とは考えにくいが?

車は炎上してしまったようだが、身元特定の手掛かりがなければ手詰まりだよなぁ?

事故や単独犯なら再発防止だし、事件なら一味の手配となり、積極的に当局も動けると思う。

事故とも事件とも、また単独犯なのかどうかも断定できなければ、警備体制を敷くしかないよね?

事件が起きても不思議でない社会情勢だからデマも飛び交うので、在中日本大使館や日本人は冷静に対応してほしいね。





ラベル:中国 天安門 炎上
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍首相、NHKに側近を送り込む・・・何か問題が?

Chosun Online | 朝鮮日報 安倍首相、NHKに側近を送り込む
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/28/2013102800611.html

↓   ↓   ↓

 日本の安倍晋三首相が、公共放送であるNHKの経営委員会(民間企業の取締役会に相当)に側近を送り込む意向を打ち出した。NHKは旧日本軍の慰安婦強制動員をはじめとする歴史問題に対し中立的な姿勢を示してきたが、安倍首相がこれに手をつけようとしているとの見方も出ている。

 朝日新聞が26日に報じたところによると、安倍首相は日本たばこ産業(JT)の本田勝彦顧問、小説家の百田尚樹氏、埼玉大学の長谷川三千子名誉教授、東京大学の中島尚正名誉教授の4人を、新たにNHK経営委員会の委員に任命する意向を固めたという。

 本田氏は安倍首相が小学生時代に家庭教師を務めた人物で、安倍首相と財界関係者たちを結ぶパイプ役を果たしてきた。

 南京大虐殺(1937年)について「でっちあげだ」と主張する百田氏は、日本の過去の侵略戦争を反省する歴史観を「自虐史観」と批判してきた。安倍首相は百田氏の小説の愛読者だとして、たびたび親近感を示す発言をしている。

 長谷川氏は極右的な主張をしている「日本会議」のメンバーで、旧日本軍の従軍慰安婦の存在を否定し、憲法改正を積極的に主張している。

 東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員

↑   ↑   ↑
引用終わり


「NHKは旧日本軍の慰安婦強制動員をはじめとする歴史問題に対し中立的な姿勢を示してきたが、・・・」

はぁ? 偏向報道してたよ。(捏造の垂れ流しだよね)


反日メディアである朝日新聞や朝鮮日報が否定的な記事を書くということは、きっとよい人事なのだろう。

NHKの偏向報道には、呆れてしまっているから、これで少しはまともになってほしいものだ。

放送法によって、NHKも民放も、中立な立場での放送をしなくてはいけないにだが、全く守られていない。

NHKは受信料を支払って見ているので余計に腹が立つ。


「旧日本軍の従軍慰安婦の存在を否定し、憲法改正を積極的に主張している。」

この主張で極右になるのだろうか?右寄りなのは認めるけどね。

それならば朝日新聞は極左だね。



そもそも、NHKの経営委員会(民間企業の取締役会に相当)に入るだけ。

偏向報道をするNHKを真の国営放送になるように活躍を期待するけどね。

ダメだと思ったら、民営化してほしいと思う。

お金を払って、ふざけた偏向放送を見せられるのにはうんざりしている。





ラベル:安倍首相 NHK
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。